1. TOP
  2. 植物学者、牧野富太郎博士が佐倉市で発見して命名「サクラオグルマ」が咲き始めました🌼

植物学者、牧野富太郎博士が佐倉市で発見して命名「サクラオグルマ」が咲き始めました🌼

サクラオグルマ(佐倉小車)とオグルマが、歴博付属くらしの植物苑で咲き始めた。毎年、くらしの植物苑に行くたびに気になっていた、サクラオグルマだ。咲いている場所は、休憩所脇にサクラオグルマ、直すコーナーに、オグルマが咲いていた。どちらも名前のように、牛車の車輪、自転車の車輪のイメージだ。私の好きな花の一つで凛としたところがいい。植物学者、牧野富太郎博士が佐倉市の道端で発見して、命名されたサクラオグルマを、ぜひ歴博付属くらしの植物苑にヨリミチしてください。

くらしの植物苑

佐倉小車

サクラオグルマって知ってる?

歴博付属「くらしの植物苑」で咲き始めました!

これがサクラオグルマ。(クリックすると大きくなるよ)
サクラオグルマ1

サクラオグルマって知ってる?
あ、クルマって言っても自動車じゃないよ。

市民読書感想文集や移動図書館の名前として聞いたことがある人もいるかな?
実はこれ、花の名前なんだ。
佐倉で見つかったのでサクラオグルマって名前が付けられたんだよ。

ではサクラオグルマってどんな花なんだろう。

 

サクラオグルマはキク科オグルマ属に分類されるんだ。
この「オグルマ」という名前は細かく並んだ花びらの様子が車輪(昔の牛車や現在の自転車などの車輪)に似ていることから付けられたんだって細い茎で高さは50センチメートルくらい。花は黄色をしています。

夏、湿気の多い場所に咲きます。
昔は田んぼのあぜ道なんかによく咲いていたそうだけど、最近はあまり見られなくなったんだ。

(佐倉市HPから転載)

(三河植物HPから転載)

 サクラオグルマ  佐倉小車
[学名] Inula x yosezatoana Makino, nom. nud.
キク科 Asteraceae  オグルマ属
三河の植物観察
サクラオグルマ花
サクラオグルマ総苞
サクラオグルマ冠毛
茎の基部と茎の拡大
 蒲郡市内にあった写真のものは茎が赤褐色を帯び、根生葉が認められ、葉の幅が狭く、葉の基部がわずかに茎を抱く程度であり、葉や茎、花柄には伏毛がある。この地方でまれに見られるといわれているカセンソウやオグルマとははっきり区別できるものである。頭花の大きさと葉の幅などから、サクラオグルマであろうと判断した。この場所におけるほぼ全個体(41)を調査した結果は次のとおり。
項目 範囲(平均)
草丈     cm 34~73(54)
頭花直径  cm 26~36(31)
大きい茎葉 長さ cm 7~12(9)
幅  cm 1.0~1.7(1.3)
花柄の直径 ㎜ 1.0~1.3(1.1)
まれに1.8㎜
サクラオグルマ
サクラオグルマの葉
サクラオグルマの葉裏
オグルマの葉裏の拡大
オグルマの根生葉
 オグルマ種と考えとホソバオグルマの自然交雑られている千葉県佐倉市で牧野富太郎博士が発見し、この名が付けられた。まだ、正式な学名が認められていない。
夏の花期に根生葉がある。茎は上部で分枝して直立し、赤褐色を帯びる。茎葉の幅はホソバオグルマ(5~10㎜)より広く、長さ約12㎝の長楕円形で、基部はわずかに茎を抱く。葉の質はやや厚く、葉縁は裏面に巻き込み、全縁又は低い歯状鋸歯。葉裏の脈は低く隆起し、長い伏毛がまばらに生え、黄褐色の腺点がまばらにつく。枝先にホソバオグルマ(1.0~2.8㎝)より大きい直径3.0~3.5㎝の頭花を1個ずつつける。花柄は直径約1㎜、縮毛がある。
ホソバオグルマ Inula linariifolia は茎葉の幅が5~10㎜。頭花が直径1.0~2.8㎝。中国名は线叶旋覆花(xian ye xuan fu hua)。総苞片は4列。外側の総苞片の幅が広く、長さが短い。痩果は長さ1~1.2㎜、有毛。冠毛は長さ約3㎜。2n=24
[花期] 7~10月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、水田
[分布] 在来種  本州(千葉県、神奈川県)
[撮影] 蒲郡市  09.8.7
TOP Back

植物図鑑

   〈新牧野日本植物図鑑(2008)の記載〉 高解像度
   種番号:3033
   科和名:きく科
   科学名:Asteraceae(Compositae)
   和名:サクラオグルマ
   学名:Inula × yosezatoana Makino, nom. nud.
   メモ:本種はオグルマとホソバオグルマの雑種とみなされる。

オグルマ( 小車)

キク科の多年草。茎は直立し、高さ20~60センチメートル。茎葉は多数あり、柄がなく互生する。根出葉は小形で、茎下部の葉とともに花期には枯れている。7~10月、茎の先に数個の花をつけ開く。花は舌状花と筒状花からなる頭花で、黄色。開花直径は3~4センチメートル。名は、この花を小さな車に見立てたもの。湿地や田の縁、川岸に生え、北海道から九州、さらに朝鮮、中国に分布する。線形または線状披針(ひしん)形の葉をもつ変種をホソバオグルマという。また、園芸品種としては筒状花が弁花している八重咲きのものをヤエオグルマとよんでいる。(ニッポニカから転載)

アクセス

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 秋色🍁に輝く都立上野動物園を、15年振りにヨリミチ🐼

  • パワースポット❗️千葉県長南町にある、晩秋の笠森観音を日帰りの旅!

  • 👟風情ある石畳・坂と横丁の街!神楽坂をよりみち🌺

  • ヒガンバナ咲く、佐倉城址公園を行く!

  • 成田・義民佐倉惣五郎を祀る宗吾霊堂を行く!

  • コンドルが設計、小川治兵衛作庭、和洋折衷の旧古河庭園🌻「春のバラフェスティバル」によりみち🌹