1. TOP
  2. 都心のど真ん中で、ヤマユリ、オニユリが観られる穴場スポットの皇居東御苑🏯

都心のど真ん中で、ヤマユリ、オニユリが観られる穴場スポットの皇居東御苑🏯

東京のど真ん中の皇居東御苑では、今、ヤマユリとオニユリが咲いています。ヤマユリは二の丸雑木林に、オニユリは皇居東御苑全体に点在して咲いています。こんな都会のオアシスは他にはないと思う。ぜひ、ヨリミチをしてみて下さい。

都心のオアシス‼皇居東御苑の二の丸雑木林🌲ヤマユリとオニユリが咲いています🌿

皇居東御苑の略図

オニユリ

ユリ科の多年草。山野に自生し、高さ約1メートル。地下に白い鱗茎(りんけい)をもつ。葉は細長く、付け根に黒紫色のむかごを生じる。夏、紫色の斑点のある黄赤色の花が咲く。鱗茎は食用。観賞用に栽培。 夏》

富士見櫓付近のオニユリ

松の廊下跡付近のツワブキ

いざよいばら【十六夜薔薇】

バラ科の落葉低木。中国原産。観賞用として栽培。初夏、紅紫色の八重の花をつける。花弁は多数で密集する。満月が少し欠けたような花の形をしているのでこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シロバナハマナス

原種のバラは比較的小さな花を咲かせるものが多いのですがやや大きな花を咲かせるものもあります。その中の一つに日本原産のハマナスがありますが、通常は花の色は濃桃色。しかしこのハマナスには白色も有り、シロバナハマナス(白花浜梨)として知られています。その実は橙色で食用になるそうです。このバラは秋口まで何度も返り咲きを繰り返します。深緑の葉、花、実、そして最後に晩秋の黄色の紅葉と見どころがたくさんあります。
とても丈夫でまず病気はつきません。心配なのはアブラムシと花に付くコガネムシぐらいでしょうか。草丈は1.5メートル程度でそれほど大きくはならず、根元から新しい枝がどんどん出てきます。冬場、かなり短く剪定して良いと思います。ただ棘はびっしりと鋭く長いですのでご注意

シロバナハマナスの実

フローレンス・ナイチンゲール

パレスサイドビルすぐ南にある皇居東御苑内のバラ園で、フローレンス・ナイチンゲールというバラ2本がきれいに咲いています。クリーム色の花は、クリミア戦争で傷病兵の看護に尽力し、「白衣の天使」といわれる看護師の祖、フローレンス・ナイチンゲールの献身的な姿を連想させてくれるようです。オスカーワールドの童話に「ナイチンゲールとバラ」という作品がありますが、この中に登場するバラは真っ赤なバラで、同園のバラとは関係なさそうです。

同園のバラは「フローレンス・ナイチンゲール国際基金」(1899年発足、本部・ジュネーブ)発足75周年を記念して造られた品種で、国際看護師協会などを通じて、皇后さまに贈られたものだそうです。皇后さまは「国民にも見てもらいたい」と2009年9月、一般公開されている同園に天皇陛下とご一緒に植えられました。

同園は、昭和天皇が献上を受けて吹上御所で育てていたバラを、天皇陛下の考えで1996年に東御苑本丸跡に移植・整備されたもので、「フローレンス・ナイチンゲール」だけでなく、イザヨイバラ、コウシンバラなど計15種類のバラが植えられており、今はそれぞれのバラが美しさを競っています。

ハマナス(浜茄子、浜梨、玫瑰、学名:Rosa rugosa

バラ科バラ属の落葉低木。夏に赤い花(まれに白花)を咲かせる。根は染料などに、花はお茶などに、果実はローズヒップとして食用になる。晩夏季語

ハマナスの実

天守台

タイサンボク

桜の島・書陵部西側他

タイサンボクは、モクレンやコブシなどと同じ仲間。早春から続くこのマグノリア(モクレン)属の開花の最後を飾るのが、タイサンボクです。こんな時期にと思うほど遅い6月から7月に、大輪で純白の香りのよい花を咲かせます。花の白と、常緑で光沢のある葉の深緑色との対比は非常に美しいものですが、花が上向きに咲き、樹高が高いため、見上げないと開花に気づかないことがあります。大きな葉の裏面には、茶色の毛が密生し、花のない時期にも端正な樹形と相まって美しいものです。
日本へは明治時代に導入されましたが、現在では広く栽培されるマグノリアの一つとなっています。鉢植えの苗はコンパクトに仕立てられていますが、意外に成長が早く複数の幹が立ち横枝も張りますので、庭木として栽培します。

本丸休憩所付近のオニユリ

まもなく「はるかのヒマワリ」も咲き始めるでしよう🌻

オニユリを描いていました

本丸休憩所にて

展望台付近のオニユリ

汐見坂

城壁の曲線美

二の丸雑木林

二の丸雑木林のヤマユリ

ヤマユリ

日本には10種以上のユリが自生しています。中で園芸的に最も重要なユリの原種がヤマユリです。
ヤマユリは本州の平地から山地に分布し、日陰がちの斜面や、明るい林、草原に見られる球根植物です。7月から8月に、強い香りのある、花径20cm強の大きな花を1~10輪ほど咲かせます。花弁には白地に黄色い帯状の筋が入り、えんじ色か紫褐色の細かい斑点が散ります。まれに斑点のない「白星(しろぼし)」と呼ばれるものや、花弁の筋が紅色になった「紅筋(べにすじ)」などがあり、少量ですが生産されて市販されています。茎は斜めに伸びて高さ120~200cmになり、その先端に開花します。
ヤマユリと同様に栽培できる野生のユリに、カノコユリ(Lilium speciosum)やタモトユリ(L. nobilissimum)などがあります。ヤマユリとこれらを交配して、豪華な花を咲かせる園芸品種の系統、オリエンタル・ハイブリッドがつくられています。

二の丸雑木林のオニユリ

フェニックス

宮崎県の県木

城壁ソリの美

平川門

帰りは平川門に出て帰りました🏯

平川門交差点

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 江戸時代の大名庭園、五代将軍綱吉も愛した、六義園の紅葉をよりみち!

  • 江戸下町、深川🌸桜の穴場🌸今が絶好の見頃、大満足⭕️大横川のお花見🍡

  • ジープ第2弾‼️自宅近くのジープ好き🚗Nさんと行った❗️千葉・芝山仁王尊の旅🚙

  • 梅雨の晴れ間の、皇居東御苑は花が咲き🌼生きものが🐸生き生きしています🐦

  • 成田・義民佐倉惣五郎を祀る宗吾霊堂を行く!