1. TOP
  2. イベントのない、佐倉ふるさと広場⛲️オランダ庭園と風車も静かでいいものです🇳🇱

イベントのない、佐倉ふるさと広場⛲️オランダ庭園と風車も静かでいいものです🇳🇱

何もイベントのない、佐倉ふるさと広場のオランダ庭園とオランダ風車に行ってみた。イベントの時の賑わいからは想像できない、平穏な佐倉ふるさと広場だった。天気は良かったので、印旛沼の眺めも良く、オランダ風車もクルクルと音を立てて回っていた。オランダ庭園も季節の花が満載。静かで豊かな時間を過ごすことが出来た。ぜひ、何もない時の、佐倉ふるさと広場の、ヨリミチをオススメします。

 

絶景の印旛沼を眺めながら📸

佐倉ふるさと広場、オランダ庭園、シェアガーデンと風車🇳🇱を訪ねて⛲

ようこそオランダ庭園へ🇳🇱

佐倉市内在住のガーデンデザイナー古賀有子氏監修による県内随一のオランダ庭園です。オランダ庭園には、四季折々、オランダゆかりの花木、草花が咲いている庭園コーナーと春に咲くチューリップ、ムスカリ、クロッカス、ヒヤシンス等からはじまる球根コーナーがあります。オランダに似た印旛沼の風に吹かれ、お洒落な散策路を歩きながら、季節に応じてオランダ庭園を楽しむことが出来ます。

[開園日時]
年中無休。24時間開園。
ただし花火大会等イベント開催時一時的に見学できない場合があります。

グラジオラス

カンナ

オミナエシ

シェアガーデン

佐倉ふるさと広場内本格オランダ風車の北西側(印旛沼側)にあります。
佐倉市民を含め多くの方に花壇づくりを楽しんでいただいています。全部で24区画あり、その花壇に咲く個性あふれる花々が私たちの目を楽しませてくれます。クリスマスや雛祭りの時期などになされる装飾にも注目です。それぞれの季節に応じたプチガーデン巡りをお楽しみください。

[開園日時]
年中無休。24時間開園。
ただし花火大会等イベント開催時一時的に見学できない場合があります。

オランダ風車「リーフデ」について

佐倉市制40周年の平成6年春、佐倉ふるさと広場に本格的オランダ風車が誕生しました。風車はメカニズム部分をオランダで製造し、オランダ人技師により建設されました。
名称は、日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ、リーフデ《友愛》”De Liefde”と命名されました。リーフデは、佐倉ふるさと広場のランドマークとして、また日蘭親善のシンボルとして建設され、《友愛》により末長くふるさとづくりと、国際親善の一翼を担ってくれることでしょう。
佐倉ふるさと広場のオランダ風車「リーフデ」の写真

風車について

 風車の頭部は風車守(ふうしゃもり)の操作により回転し、常に風上に羽根を向け、効率よく風が受けられます。風車を使用しない時や強風の時などは、ブレーキをかけ帆を外し回転しないようにします。使う時は、風の強弱により帆を張ったり外したりして、回転を調整します。
羽根が風により回転すると、この力を歯車と主軸により伝え、それぞれの風車の用途に応じて組み込まれた水車や石臼、のこぎりなどの動力として活用します。自然の力を上手に、クリーンエネルギーにしたのです。
リーフデは、水くみ用なので1階に水車が組み込まれ、風の力により水がくみ上げられます。

風車の概要

名称:リーフデ《友愛》”De Liefde”
用途:水くみ用風車(日本初)
種類:グランドセーラー型(地上型)
メカニズム:木および鉄製(オランダ製)
羽根:4枚羽根、直径27.5メートル
水くみ風車:直径4.2メートル
本体:鉄筋コンクリート造4階建、外壁レンガ積み
本体高15.6メートル
延床面積:165.44平方メートル
竣工:平成6年3月

ひまわり🌻を植えています。

風車のひまわりガーデン

日程

日程:平成30年7月7日(土)~22日(日)

※7月23日(月)以降は、花火大会の観覧会場の設営作業を行うため、ひまわりはご覧いただけません。

佐倉ふるさと広場のひまわり

印旛沼観光船とオランダ風車

ナガエツルノゲイトウ

印旛沼周辺では植物にも異変が起きている。佐倉市内の鹿島川では、鹿島橋付近で外来種の水草が草原のように広がっている。草の名は「ナガエツルノゲイトウ」。観賞用に輸入されたものが捨てられて繁殖したとみられ、印旛沼周辺では1990年頃から広がり始めた。環境保全などに取り組む市民団体「佐倉印旛沼ネットワーカーの会」の15年度の調査によると、印旛沼周辺で確認した分布面積は約4万平方メートルで、前年度の1・8倍に増えたという。

 ナガエツルノゲイトウを駆除するのは難しく、手つかずの場所も多い。ちぎれた茎などからも増殖するため、不用意に引き抜くと、かえって生育範囲を広げてしまうからだ。滋賀県や佐賀県などでも問題になっており、「地球上で最悪の侵略的植物」と呼ぶ関係者もいる。

インフォメーション

[所在地] 佐倉市臼井田 2714

[ 交通 ]
・京成臼井駅から徒歩30分。
・京成佐倉駅から徒歩40分
・東関東自動車道佐倉ICから車で30分(専用駐車場はありませんので、公共交通機関等での来場をお願いします。)

[公共交通機関でバスの場合]
・京成佐倉駅北口から、佐倉市循環バス(乗車料100円)に乗車し、ふるさと広場で下車

[レンタサイクル]
駅からはリンタサイクルがご利用いただけます。
◆ 観光案内所(京成佐倉駅前(社)佐倉市観光協会)
◆ JR佐倉駅前観光情報センター(JR佐倉駅北口階段下)
◆ 佐倉ふるさと広場 他で貸出ししています。
◆ 時間 午前9時から午後4時
◆ 料金 1日500円(電動アシスト自転車は1日1,000円)
◆ レンタサイクルのお問い合わせは(社)佐倉市観光協会 電話:043-486-6000

佐倉ふるさと広場内の休憩所を備えた管理棟へ直接、お問い合わせされる場合は、電話:043-486-8898へ問い合わせてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

  • 小泉癸巳男が版画で描いた昭和初めのTOKYO🏙東京国立近代美術館にて開催中🖼

  • 新酒番船で新酒🍶を西宮〜江戸まで、58時間で運んでいたとは驚き‼️

  • 2018「伝統の朝顔展」歴博付属「くらしの植物苑」にて開催中💠

関連記事

  • 降りしきる雨の中☔️皇居東御苑の果樹古品種園にヨリミチしました🍎

  • 地元、佐倉市出身、浅井忠の佐倉市立美術館🎨収蔵作品展が開催中!よりみちをおススメします!

  • 佐倉城下町🏯菖蒲まつりが始まります。6/10〜11開催🌼

  • 成田空港の撮影スポット「三里塚さくらの丘」の満開の桜🌸によりみち🌸

  • 国営武蔵丘陵森林公園(通称、森林公園)の黄色と橙のアイスランドポピーが満開で、心もあったかになりました🌼

  • 無料送迎バスを利用して冬❄️の「DIC川村記念美術館」の散策路を歩く👟