1. TOP
  2. 東京都所有「新東京丸」で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会会場を視察⛴

東京都所有「新東京丸」で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会会場を視察⛴

視察船「新東京丸」の平日コースに乗ってみた。土曜コースと出発、到着の船着場が違い、コースは若干違っていた。東京湾に出て、中央防波堤外側コンテナふ頭、東京ゲートブリッジの下を通るコースだ。平日コースの発着場所は、竹芝桟橋小型船ターミナルであった。東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」竹芝駅から直ぐの所だ。視察船、新東京丸は、平日、土曜日と選択出来て、なお無料で楽しめる点、ぜひ、ヨリミチをオススメします。

 

 

無料クルージング🚢

視察船「新東京丸」で竹芝小型船ターミナルから東京港を周遊🛳

コース(90分)

竹芝小型船ターミナル発ー日の出ふ頭ー芝浦ふ頭ーレインボーブリッジー品川ふ頭ー大井コンテナふ頭ー青海コンテナふ頭ー新客船ふ頭ー中央防波堤外側コンテナふ頭ー中央防波堤外側埋立地、新海面処分場埋立地ー東京ゲートブリッジー海の森ーフェリーふ頭ーお台場ライナーふ頭ー臨海副都心ー晴海ふ頭ー竹芝小型船ターミナル着

今回のコース案内図⚓

竹芝小型船ターミナル⛴

ここが、新東京丸の出発地点です。

遠くに見えるは、レインボーブリッジ🌉

  

日の出埠頭に停泊のレストラン船

日の出埠頭⛴

大正14年に完成した東京港で最も古い埠頭。現在は主に、海上バス、レストラン船の発着地として利用されています。

芝浦埠頭🏗

国内貨物の雑貨埠頭として利用されており、主な取扱貨物は、セメント、紙類などです。

 

新東京丸からレインボーブリッジをみる

 

レインボーブリッジ🌉

東京港の中心である、有明・青海・台場方面と都心を方向を結び、上層は首都高速11号台場線、下層は臨港道路、新交通システムの二重構造のつり橋です。平成5年8月に首都高速道路、臨港道路部分が開通し、平成7年11月には東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」も開通しました。

品川埠頭(北側)🏗

北側(芝浦側)区画は、北海道と東京港の定期航路の基地です。RO/PO船※が接岸し、主に新聞巻取紙、自動車などを取り扱っています。

※RO/RO船・・・ロールオン・ロールオフ船の略称。本船に備えられたランブウェイ(可動橋)を使い、トラックやシャーシーでそのまま積み込むことが出来る船。

品川埠頭(南側)🏗

南側(大井側)は、わが国で初めてオープンしたコンテナ埠頭で、主に中国・韓国航路などに利用されています。

新東京丸の客室意外と豪華な感じの内部🚢

大井コンテナ埠頭🏗

首都圏における国際物流の中心となる日本屈指のコンテナ埠頭。大型コンテナ船が同時に7隻つくことができます。この埠頭は、船会社が専用的に埠頭を借りており、世界各地の代表的な港と定期航路で結ばれています。

ガントリークレーンen:gantry crane)とは🏗

一般的にレール上を移動可能な構造を持つ型(橋脚型)の大型クレーンである。 橋型クレーン、門型起重機、ブリッジクレーンともいう。 なお、ガントリー(gantry)とは、複数の高脚の上部に水平な梁を備えた門型の構造物を指す単語である

城南島海浜公園

左の塔の下は、臨海トンネルが通っている。

ゆったりした船内

Fのマークが見れる。航行OKの意味。

羽田空港が見える✈

 

羽田空港管制塔

   

羽田空港沖合

    

東京ゲートブリッジ🌉

中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋です。主要幹線道路へのアクセス向上による物流の効率化及び東京港内の交通渋滞の緩和に寄与しています。

フェリー埠頭⛴

昭和49年に開設されたフェリー埠頭は、東京港と四国・九州の港を結ぶ拠点となっており、※モーダルシフトの受け皿として重要な役割を担っています。

※モーダルシフト・・・自動車による貨物輸送を環境負荷の少ない船舶または鉄道輸送に切り替えること。

中央防波堤内側埋立地

青海コンテナ埠頭🏗

大型コンテナ船5隻が同時に接岸できる機能を持つコンテナ埠頭で、北側の韓国や台湾の船会社が専用的に借り受けている埠頭と南側の公共岸壁の埠頭があります。

青海客船ターミナル⛴

新客船埠頭(建設中)

世界最大級のクルーズ船が着岸できるよう、東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会までに新たな客船埠頭の整備を進めています。

お台場海浜公園⛲

また、レインボーブリッジに戻ってきました

豊洲新市場

晴海埠頭

東京の玄関として、国内外の客船が寄港してます

2020年オリンピック選手村等、晴海地区に建設中

月島埠頭

隅田川の河口

竹芝埠頭

隅田川河口、永代橋方面

竹芝桟橋

竹芝埠頭🛳

伊豆・小笠原諸島航路の船やレストラン船の発着地として利用されている。伊豆七島へ行くと船が停泊中。

 

竹芝小型船ターミナルに戻ってきました⚓

アクセス

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!