1. TOP
  2. 東京港を巡るガイド付き無料🆗の視察船「新東京丸」クルージングは超穴場🚤

東京港を巡るガイド付き無料🆗の視察船「新東京丸」クルージングは超穴場🚤

東京都の視察船「新東京丸」に乗り、東京港を巡った。この視察船「新東京丸」は、船主は東京都で竣工が昭和58年で、全長31.89m、型幅7.84m、型深2.90m総トン数197トン、巡航速度13ノットの船である。運航は、平日と土曜日で、申込みは新東京丸ホームページで簡単に申込みできる。今回は、土曜見学会に参加した。乗船は、TOKYOUミナトリエの近くの青海客船ターミナルから東京港を一周して青海に戻って来るコースだ。何しろ、東京港を巡ってガイド付きで、無料のクルージングが魅力だ。ぜひ、ヨリミチをオススメする

 

Contents

視察船「東京丸」で行く東京港クルージング無料でガイド付き、子供も絶対お得な超穴場東京港の小さな旅に最適

東京港の歴史

初期の東京港
[江戸時代〜関東大震災]
 東京港の前身である江戸湊は、江戸庶民に必要な消費物資の流通拠点として近世海運史上重要な役割を果たしました。幕末、横浜港は国際貿易港として開港しましたが、東京港の開港は実現しませんでした。

明治時代、築港が隅田川口改良工事としてようやく始まり、水路の浚渫とその浚渫土砂による月島や芝浦の埋立造成が進められました。

開港めざして
[関東大震災〜終戦]
 大正12年、関東大震災を契機に本格的ふ頭の建設が急きょ実施され、大正14年に日の出、続いて芝浦、竹芝の両ふ頭があいついで完成しました。東京港は近代港としての歩みを開始し、昭和16年5月20日、ついに念願の開港が実現しました。

しかし間もなく日本は太平洋戦争に突入し、東京港本来の港湾機能は、戦後の連合軍による接収期間も含め、ほとんど停止状態になりました。

本格的な国際貿易港への飛躍[終戦〜現代]
 戦後、国内産業の復興とともに港湾施設の整備が急務となり、豊洲石炭ふ頭や晴海ふ頭などが建設されました。

昭和40年代に入ると世界的なコンテナ輸送革命の波が湧き起こり、東京港はいち早くコンテナ化に対応しました。昭和42年、日本ではじめてのフルコンテナ船が品川ふ頭に入港し、東京港は国際貿易港として大きく飛躍することになりました。
東京港では、その後も物資別専門ふ頭やフェリーふ頭など、時代の新しい要請に応える最新鋭の港湾施設を積極的に整備し、首都圏さらには東日本全域に及ぶ物資流通の要のひとつとして貢献してきました。

新東京丸視察コース

(水~金曜日) 竹芝発~竹芝着

(火曜日) 竹芝発~青海着

青海客船ターミナルの新東京丸

年表で見る東京港の歩み

明徳3年 1392 中世品川湊が相当数の出入港船や問丸(問屋)の活動などで活況を呈していた(明徳三年品河湊船帳及び帆別銭納帳)
長禄元年 1457 太田道灌江戸城築城、江戸前島の平川河口に江戸湊を開く
慶長17年 1612 徳川幕府江戸湊の改築に着手、大々的に船着場の築造を行う
嘉永6年 1853 ペリー浦賀に来航(6月)、幕府品川台場の築造に着手(8月) 〔安政元年(1854年)7月竣工〕
安政5年 1858 日米修好通商条約締結、神奈川など5港の開港と江戸・大阪の開市が決まる
明治13年 1880 松田東京府知事はじめて東京港築港論を提案
明治39年 1906 第1期隅田川口改良工事開始(500トン級船舶を対象に航路、泊地を浚渫)
大正12年 1923 関東大震災。陸上交通網の崩壊により東京港の重要性が認識される
大正14年 1925 日の出ふ頭完成。最初の近代的ふ頭として翌大正15年3月供用開始
昭和7年 1932 芝浦ふ頭完成
昭和9年 1934 竹芝ふ頭完成
昭和16年 1941 開港(5月20日)
昭和20年 1945 終戦。臨港地域はほとんど連合軍により接収
昭和25年 1950 豊洲石炭ふ頭の一部が完成し、操業開始
港湾法公布施行
昭和26年 1951 特定重要港湾に指定される。港湾法に基づき東京都が東京港の管理者となる
昭和30年 1955 晴海ふ頭1バース供用開始。

開港当時の東京港開港当時の東京港

昭42年 1967 品川重量物ふ頭完成
フルコンテナ第1船ハワイアン・プランター号が入港
北米西岸コンテナ定期航路開設
昭46年 1971 欧州定期コンテナ航路開設(大井ふ頭)
昭和49年 1974 13号地外貿定期船ふ頭完成
フェリーふ頭3バース完成、本格的フェリー輸送の開始
昭和50年 1975 大井コンテナふ頭8バース完成
昭和52年 1977 東京港における埋立地の開発に関する要綱の施行
昭和60年 1985 青海コンテナふ頭第1バース供用開始
平成3年 1991 東京港開港50周年記念式典・記念イベント挙行
晴海客船ターミナル供用開始
平成5年 1993 レインボーブリッジ開通
青海コンテナふ頭第2バース供用開始
平成6年 1994 青海コンテナふ頭第3バース供用開始
平成7年 1995 東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」開業
竹芝客船ターミナル全ゾーン完成
平成8年 1996 青海コンテナふ頭第4バース供用開始
東京臨海高速鉄道 臨海副都心線の開業
平成10年 1998 大井コンテナふ頭新第7バース供用開始
平成11年 1999 大井コンテナふ頭新第3バース供用開始
平成12年 2000 大井コンテナふ頭新第6バース共用開始
平成12年 2000 外貿コンテナ取扱量において全国3年つづけて第1位
平成13年 2001 「東京港開港60周年」記念ロゴマーク制定
記念キャンペーン並びに記念事業展開
平成14年 2002 東京港臨海道路Ⅰ期事業区間(臨海トンネル)開通
平成15年 2003 大井コンテナふ頭新第5バース供用開始
平成16年 2004 大井コンテナふ頭新第1バース供用開始
平成18年 2006 「ゆりかもめ」豊洲駅まで延伸
平成20年 2008 東京都、川崎市及び横浜市が広域連携強化のため基本合意を締結
平成22年 2010 京浜港(東京港・川崎港・横浜港)が「国際コンテナ戦略港湾」に選定
平成23年 2011 「東京港開港70周年」事業展開
外貿コンテナ取扱量において13年続けて全国1位
新浚せつ船「海竜」竣工
平成24年 2012 東京港臨海道路Ⅱ期事業区間(東京ゲートブリッジ)開通

 

上記に関するお問合せは以下まで

総務部総務課広報・国際担当

電話番号:03-5320-5524

 

視察船「新東京丸」

TOKYO2020の表示

青海客船ターミナル

新東京丸の乗船口

隣接は「船の科学館」

ゆったりボランティアガイドの話を聞く子供達

「新東京丸」船内風景

新客船埠頭建設中

世界最大級のクルーズ客船が着岸できるよう、東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会までに新たな客船埠頭の整備を進めている

船内は意外とゴージャス

船はお台場、レインボーブリッジ方向に向かっています

昭洋JCG Shōyō、HL-01)は、

海上保安庁測量船。公称船型は3,000トン型

 総トン数: 3,000トン

 主要寸法(全長×巾×深): 98.0×15.2×7.8m

 主要観測機器:

複合測位装置、マルチビーム測深機、深海用音波探査装置240ch、表層探査装置
海上磁力計、海上重力計、炭酸ガス計、舶用波浪計、CTD(水温塩分計)
ADCP(超音波流速計)

水陸両用バスのルートマップ

お台場

お台場(おだいば)は、東京港埋立第13号地に属する東京都港区台場品川区東八潮江東区青海のうち青海南ふ頭公園以北から成るエリアである。

広義では東京港埋立第13号地全体を指し、さらには同埋立第10号地をも加えて東京臨海副都心地区を指す。

歴史

第六台場

1989年撮影のお台場付近航空写真。現在のような姿を見せるようになったのは2000年頃からである。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

品川台場に設置されていた80ポンド青銅製カノン砲(遊就館蔵)

江戸時代

1853年嘉永6年)、ペリー艦隊が来航して幕府開国要求を迫る。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために海防の建議書を提出した伊豆韮山代官の江川英龍に命じて、洋式の海上砲台を建設させた。品川沖に11基ないし12基台場を一定の間隔で築造する計画であった。工事は急ピッチで進められ、およそ8か月の工期で1854年にペリーが2度目の来航をするまでに砲台の一部は完成し、品川台場(品海砲台)と呼ばれたお台場という呼び方は、幕府に敬意を払って台場に「御」をつけ、御台場と称したことが由来である。埋め立てに用いる土は高輪八ツ山御殿山を切り崩して調達した。また、そのために東海道の高輪通りを昼間は通行止めにした。

ペリー艦隊は品川沖まで来たが、この砲台のおかげで横浜まで引き返し、そこでペリーが上陸することになった。台場は石垣で囲まれた正方形や五角形の洋式砲台で、まず海上に第一台場から第三台場が完成、その後に第五台場と第六台場が完成した。第七台場は未完成、第八台場以降は未着手で終わった。第四台場は7割ほど完成していたが工事は一旦中断され、7年後に工事が再開されて完成した第四台場は後日、造船所の敷地とった。また第四台場の代わりに品川の御殿山のふもとに御殿山下台場が建設され、結局、合計8つの台場が建設された。[要出典]現在は台場公園として開放されている第三台場と、他の埠頭などとつながっていない第六台場が残されている。

完成した台場の防衛は江戸湾の海防を担当していた譜代大名川越藩(第一台場)、会津藩(第二台場)、忍藩(第三台場)の3藩が担った。

この砲台は十字砲火に対応しており、敵船を正面から砲撃するだけではなく、側面からも攻撃を加えることで敵船の損傷を激しくすることを狙ったものである。2度目の黒船来襲に対し、幕府はこの品川台場建設を急がせ、佐賀藩で作らせた洋式砲を据えたが、結局この砲台は一度も火を噴くことなく開国することとなった。

レインボーブリッジ

レインボーブリッジ (Rainbow Bridge) は、東京都港区芝浦地区と台場地区(港区台場および江東区有明)を結ぶ吊り橋1987年昭和62年)着工、1993年平成5年)竣工、同年8月26日開通。

レインボーブリッジ
Rainbow colored Rainbow Bridge at night.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都港区海岸三丁目 – 港区台場一丁目・江東区有明二丁目間[1]
交差物件 東京港第一航路(東京湾
建設 1987年1993年
座標 北緯35度38分11秒
東経139度45分49秒
構造諸元
形式 吊り橋
全長 798m
49m
高さ 塔高126m、橋げた52m(いずれも海面より)
最大支間長 570m
地図

レインボーブリッジの位置(東京都区部内)

レインボーブリッジ
関連項目
橋の一覧各国の橋橋の形式
テンプレートを表示

「レインボーブリッジ」の名前は「虹の橋」という意味で、一般公募により決められた愛称であり、正式名称は「東京港連絡橋」である。

レインボーブリッジは、東京港の新しいシンボルとして、また開発が進む臨海副都心と都心を結ぶ架け橋として、平成5年8月にオープンしました。このレインボーブリッジ遊歩道からは、青い海に浮かぶ客船や臨海副都心の夜景まで、あなたが見たことのない東京を眺めることができます。

正面左側は築地市場、東京スカイツリーが見える。

Uターンして再度、レイボーブリッジを通過

右奥、遠くに見えるのは、モノレール、ユリカモメ

品川埠頭

品川埠頭のうち、北側(芝浦側)区画は、*RO/RO船が接岸し、新聞巻取紙自動車などを取り扱っている。

*RO/RO船とは、ロールオン・ロールオフ船の略称。本船に備えられたランプウェイ(可動橋)を使い、トラックやシャシーでそのまま積み込む事が出来る船)

品川埠頭の南側(大井側)は、わが国で初めてオープンしたコンテナ埠頭で、主に中国、韓国航路などの利用されている。

大井コンテナ埠頭

首都圏における国際物流の中心となる日本屈指のコンテナ埠頭。大型コンテナ船が同時に7隻つくことができる。この埠頭は、船会社が専用的に埠頭を借りており、世界各地の代表的な港と定期航路で結ばれている。

赤いキリン?ガントリークレーン

コンテナ埠頭には、赤いキリンのような形をした大きなガントリークレーンがある。2分間に1個の割合で、コンテナを積み降ろすことが出来る大変力持ちの荷役機械です。

いろんなかたち赤いキリンカントリークレーン

大井水産物大井食品埠頭

右側の城南島海浜公園下は、臨海トンネル

右側の飛行機あたりは、東京国際空港(羽田空港)

レストラン船「シンフォニー」

青海コンテナ埠頭

まもなく青海客船ターミナル到着

初代南極観測船「宗谷」

アクセス

TOKYOミナトリエ

利用案内

開室日 火曜日~木曜日・日曜日 10時~18時
金曜日・土曜日・祝前日 10時~21時
最終入室は閉室時間の30分前までとなります。
休室日 月曜日・年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)
入室料 無料
交通のご案内 りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩15分
ゆりかもめ「テレコムセンター駅」より徒歩1分
交通アクセスをご覧ください。
団体利用 団体(10名程度以上)やクラス単位、学校単位での見学は、事前に電話でのお申し込みをお願いいたします。お申し込み後のキャンセルや変更などの場合、あらかじめご連絡ください。
社会科見学のご案内(PDF)
TOKYOミナトリエでは、小学校4年生を対象としたワークシートをご用意しています。
ダウンロードは団体利用からお願いします。
お問合せ先 TEL:03-5500-2587 FAX:03-5500-2589




\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 国営ひたち海浜公園のコキアが真っ赤に色づいています🍁

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

関連記事

  • 紀州徳川家伝来楽器コレクションと生田コレクション大公開「楽器と漆」歴博にて特集展示中‼️

  • 国立歴史民俗博物館、第4展示室の「妖怪」「河童」が面白い‼️

  • 小泉癸巳男が版画で描いた昭和初めのTOKYO🏙東京国立近代美術館にて開催中🖼

  • 初冬の雨上がりの朝、庭の植物たちの写真集

  • 紅葉と皇帝ダリア咲く、都立木場公園によりみち!

  • 成田空港からLCCで札幌、小樽、日帰り弾丸ツアー!シーカヤックで小樽「青の洞窟」へ行く!