1. TOP
  2. 徳川六代将軍家宣の出生地に建立の根津神社⛩「つつじまつり」開催中🌺

徳川六代将軍家宣の出生地に建立の根津神社⛩「つつじまつり」開催中🌺

根津神社は、大分前に、文京区の歴史散歩を行って以来久しぶりである。「つつじまつり」も久しぶりと言うことだ。つつじのピークを過ぎて遅咲きのつつじが頑張っていた。ここの根津神社は、6代将軍徳川家宣がこの地、甲府藩江戸藩邸で生まれた土地を根津神社に寄進したもので、家宣とは繋がりが大である。神社の建物も、国宝、重要文化財で貴重な歴史的文化遺産である。ぜひ、ヨリミチをオススメする。

 

徳川6代将軍「家宣」ゆかりの根津神社「つつじまつり」開催中🌺

第49回・平成30年4月7日(土)〜5月6日(日)

根津のつつじは、元この地が甲府宰相徳川綱重の下屋敷であった時綱重が植えたことに始まり、350年以上の歴史があります。現在は種類を増やし、約100種類3000株が色とりどりに咲き移ります。

根津神社の概要⛩

日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝える古社で、東京十社の一社に数えられている。境内はツツジの名所として知られ、森鴎外夏目漱石といった日本を代表する文豪が近辺に住居を構えていたこともあり、これらの文豪に因んだ旧跡も残されている。

現在の社殿は宝永3年(1706年)の創建である。宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の養嗣子に家宣(第6代将軍)が入ったため、元の屋敷地が献納され、「天下普請」と言われる大工事で社殿が造営されたものである権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作とされている。社殿7棟が国の重要文化財に指定されている

祭神⛩

主祭神
相殿

歴史⛩

1900年ほど前に日本武尊が千駄木に創祀したとされる。文明年間(1469年1486年)には太田道灌により社殿が造られた。

万治年間(1658年1661年)に同所が太田氏の屋敷地となったため東方に移り、のちさらに団子坂上(現文京区立本郷図書館周辺、元根津)に遷座した

宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉が兄綱重の子・綱豊甲府藩主。のちの第6代将軍・家宣)を養嗣子に定めた。綱豊が江戸城に移ると、当社が家宣の産土神とされていたことから、綱豊の屋敷地(旧甲府藩邸、現在地)を当社に献納して普請を開始した[3]。社殿は宝永3年(1706年)に完成し、同年遷座した。

根津権現」の称は明治初期の神仏分離の際に「権現」の称が一時期禁止されたために衰退したが、地元では現在も使われる場合がある。単に「権現様」とも称される。文学作品では「根津権現」として出てくることが多い。

東京大学の移転にともない、門前に形成されていた根津遊郭は廃され、江東区の州崎遊郭へと移転した。

境内には「徳川家宣胞衣塚」として、第6代将軍・家宣の胞衣(胎児を包んだ膜と胎盤)を埋めた塚がある。当地が甲府藩邸であった時に家宣が生まれたことに由来する。

また、塞大神碑として、本郷追分(東大農学部前の中山道日光御成街道分岐路)に祀られていた道祖神が立っている。境内のつつじは、徳川綱重が屋敷の庭に植えたことに始まる。そのほか、境内には6代家宣公の産湯井戸(非公開)や庚申塔などがある。

千本鳥居

乙女稲荷神社の参道にずらりと並ぶ千本鳥居は、邪気祓いスポット。この鳥居を北から南に通り抜けると、邪気がきれいに祓われます
崇敬者から奉納されてきた鳥居で、願いが叶ったお礼に奉納されたのが始まり。千本鳥居の真中に乙女稲荷神社があります。

江戸切絵図に描かれた根津神社

根津神社を拡大した江戸切絵図

江戸名所図会に描かれた当社(拡大)

根津神社 唐門 (ねずじんじゃ からもん)

江戸中期/1706
一間一戸平唐門、銅瓦葺
1棟
東京都文京区根津一丁目
重文指定年月日:19311214
国宝指定年月日:
根津神社
重要文化財

本殿、幣殿、拝殿、唐門が指定されていたが、今回楼門、西門、透塀を追加して、七棟とした。

根津神社楼門

江戸中期/1706
三間一戸楼門、入母屋造、桟瓦葺
1棟
東京都文京区根津一丁目
重文指定年月日:19560628
国宝指定年月日:
根津神社
重要文化財

本殿、幣殿、拝殿、唐門が指定されていたが、今回楼門、西門、透塀を追加して、七棟とした。

本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・楼門・透塀は大変貴重な文化財で、昭和六年(1931)には国宝(現在の重要文化財)に指定。現在も国指定の重要文化財となっている。

以後、幕府により大いに崇敬を集めた。
見事な境内は江戸町民にも愛され「根津権現」と呼ばれた。

正徳四年(1714)、家宣の命により、山王祭・神田祭と同格の天下祭が執り行われている。この時奉納された三基の神輿が現存し、現在も例祭になると神輿渡御が行われる。

    

アクセス

地下鉄
千代田線根津駅・千駄木駅、南北線東大前駅より徒歩5分
三田線白山駅より徒歩10分
◇都バス
上58(上野-早稲田):根津神社入口(徒歩1分)
上60(上野公園-池袋東口):根津駅前(徒歩5分)
上26(上野公園-亀戸):根津駅前 (徒歩5分)
草63(池袋東口-(巣鴨経由)浅草寿町):団子坂下 (徒歩5分)
東43(荒川土手-田端-東京駅北口):向丘一丁目(徒歩5分)
茶51(駒込駅南口-本郷3丁目-御茶ノ水駅):向丘一丁目(徒歩5分)
◇B-ぐる文京区コミュニティバス
千駄木2丁目(徒歩2分)・日本医大前(徒歩3分):地図中▲印

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 国営ひたち海浜公園のコキアが真っ赤に色づいています🍁

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

関連記事

  • 箱根仙石原でオリエント急行の豪華サロンカーに乗ろうby箱根ラリック美術館

  • 江戸時代の深川の町を再現❗️江戸深川資料館によりみち!

  • 赤紫の友禅菊とベニバナが見頃の、歴博付属「くらしの植物苑」によりみち!!✿

  • 皇居東御苑の新公開、富士見櫓、富士見多聞と晩秋の紅葉によりみち!

  • 65歳から無料の東京国立近代美術館🖼MOMATコレクション「東山魁夷」追加🎨

  • 29年度の初詣は、ブラタモリ×鶴瓶の家族で乾杯の、成田山新勝寺に行きました‼️