1. TOP
  2. ジープで行った‼️千葉・浅間台スポーツランドジムカーナコース🚘

ジープで行った‼️千葉・浅間台スポーツランドジムカーナコース🚘

私の家のすぐ近くに、ジープ大好きなNさんがいる。20年近く乗っていた前のジープが車検で多額の費用がかかるので、やむを得ず替えたようだ。替えた車もジープ。ジープ🚘に愛着を持っているNさんだ。そのNさんから誘われて、成田市の先にある、ジムカーナのコースに行った。ジムカーナの名前も何をするのかも分からず、とりあえず行った。初めての体験は、いつのときもワクワクするのは新鮮でいい。シープ好きのNさんに感謝❗





ジープ大好きNさんと、あの四輪駆動車のジープに乗り、日帰りドライブしました🚘

ジープ(英語:Jeep)は

FCA US LLC(フィアット・クライスラー・オートモービルズ:FCAの米国法人)傘下の四輪駆動車のブランドである。



ジープ車の概要

第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請により開発着手され、翌1941年から実戦投入開始された小型四輪駆動車がその元祖である。第二次大戦において連合国軍の軍用車両として広く運用され、高い耐久性と悪路における優れた走行性能で軍事戦略上でも多大な成果を挙げた。



その高性能は小型四輪駆動車の有用性を世界各国で広く認知させ、第二次大戦後に軍用・民生用を問わず同種の四輪駆動車が世界的に普及する端緒となり、「ジープ」は単なるブランドに留まらず、その優れた設計と名声から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となった。

Jeepという名称はGeneral Purpose(万能)、もしくはGovernment-use(政府用)のGとホイールベース 80インチの車両を表す識別符号のPからきた符号GPから”ジープ”と命名されたという説や、漫画『ポパイ』に登場する「ユージン・ザ・ジープ」からとったという説がある。明確な起源は判然としないが、すでに1941年にはこの通称が用いられ始めていた記録がある。

ジープの名称は自然発生的なものであったが、第二次大戦後、製造メーカーのウィリス・オーバーランド社によって商標登録された。その後は製造メーカーの合併や買収などで商標権は転々とし、2015年時点ではFCA US LLCの保有するブランドとなっている。第二次大戦型のオリジナル・ジープからデザインモチーフなどを引用したのみの現行モデルに至るまでその名称は継承されている。

 





ジムカーナ

ジムカーナ (Gymkhana) は、舗装路面で行われるモータースポーツの一種である。この記事では主として四輪のそれについて述べる。その細かな形態は国によって異なるが、日本国内では、公道を走行できる地方運輸局のナンバー付き車両のクラスが主流で、サンデースポーツとしてアマチュアドライバーが最も始めやすいモータースポーツの一つである。非舗装路で行われる場合はダートトライアルと呼ばれる。一斉にスタートし先着後着を争うレース(競走)ではなく、タイムなどで順位が決定するコンペティティブ・ペーシェンスである。由来については「ジムカーナ」の記事を参照。

発祥と発展

ジムカーナは1960年代から盛んになり、以後日本国内で続いている。競技の発祥は米軍が基地内で行っていたものと言われている。発展性については、ジムカーナは日本で独自に発展した競技であり、現在のところ世界選手権等といったような大会の開催等はない。なお、類似競技としては国内・海外ともにいくつか存在するが、それらについては当記事中の別に独立した節にまとめた。

ジムカーナは、アマチュアドライバーに敷居が低いモータースポーツであるとされている。その理由は以下のように説明できる。まず、一回の走行時間が45秒~1分30秒程度と短いため、オーバーヒートなどのトラブルが少なく、改造度の低いあるいは無改造の車両でも参加できる。また、後述のように走行速度が低いため、必要な安全装備が本格的なサーキット走行ほど厳しくない。さらに、多くの参加車両は車検付きの公道走行可能な車両であり、多くの場合、イベント主催者側の出す参加要綱も公道走行可能な車両を想定している。ほとんどのイベントは一日で終わり、週末を利用して観光ついでに参加する姿も多く見られる。



競技の流れ

各車両は、45秒~1分30秒程度のタイムを想定したコースレイアウトを走行する。コースレイアウトは毎回異なるものが設定され、大会当日に参加者に公表される。競技開始前に慣熟歩行(コース内に徒歩で立ち入り、路面状態やレイアウトを目視で確認すること)の機会が与えられた後、競技が開始される。

ジムカーナはタイムトライアル競技であり、「レース」とは異なり複数台の車が同時に並走することはない(コンペティティブ・ペーシェンス)。1台ずつ出走し、各競技者は2回まで走行できる。2回のうち短い走行タイムをその競技者の記録とし、より短いタイムを記録した競技者を上位として順位が決定される。





求められる技術

サーキット走行なみの最高速度がでるコースもあるが、ほとんどのジムカーナコースでの走行速度は大規模なサーキット走行よりも平均速度が低く、絶対的馬力よりもコーナリングやブレーキングが相対的に重要になる。サイドターンなどで小回りな旋回を求められる低速セクション、中速でのコーナリングや切り返し、高速からのハードブレーキング、そしてそれらを滑らかにつないでタイムロスを防ぐ走行ラインの取り方など、ひとつのコースであらゆる走行技術や戦略を必要とされる。全日本ジムカーナや地区戦などのシリーズ戦では複数の会場を転戦することになり、競技者にはさまざまなコースの特性に合わせた運転技術と車両セッティングが要求される。

止まり、曲がるというこれらの技術は日常の運転技術と関わりが深く、運転能力や危機回避能力の向上につながる。このことから、公式なジムカーナ競技の主催組織であるJAFはジムカーナを啓蒙活動の一環として活用している。たとえばJAFの月刊会員誌では、「安全なジムカーナ場であらかじめ練習を積んでいれば、凍結路や雪道の走行において車両がスリップした場合においても、あせらず適切に車体をコントロールすることが出来、事故防止につながる」としている。



(ウイキペディアより一部転載)

会場

会場となる場所は、レース用のサーキットコースに規制パイロン(コーン)を置いてスラローム競技用のコースとする場合や、ショートサーキットやカートコースをほぼそのままで使う場合、ジムカーナ専用コースを使う場合、スキー場の駐車場などにパイロンでコースを設定する特設(非常設)会場などさまざまである。

(ウイキペディアより一部転載)







浅間台スポーツランド

千葉県香取市岩部179-2
0478-75-2217

主な競技会開催シリーズ
JMRC千葉・東京ジムカーナシリーズ

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

  • 小泉癸巳男が版画で描いた昭和初めのTOKYO🏙東京国立近代美術館にて開催中🖼

  • 新酒番船で新酒🍶を西宮〜江戸まで、58時間で運んでいたとは驚き‼️

  • 2018「伝統の朝顔展」歴博付属「くらしの植物苑」にて開催中💠

関連記事

  • 聖隷佐倉市民病院緩和ケア病棟前の花壇は花🌻が咲き乱れています🌺

  • 夏・「ウリとヒョウタン」について 学ぶ❗️歴博付属のくらしの植物苑にて🌱

  • 日本で最初の洋式灯台、観音埼灯台から浦賀水道に行き交う船をみました🚢

  • オタフクソース「お好み焼き教室」で腹一杯食べて、お花見も出来て満喫⭕️💯

  • 徳川御三家、紀州55万5千石の満開の桜🌸和歌山城にLCCでよりみち✈

  • 佐倉城址公園🏯ビオトープ沿いに紫陽花が綺麗に咲いています‼️✾