1. TOP
  2. 青鷺料理もあった「江戸のグルメ案内」の企画展、歴博にて2/4(日)まで開催中‼️

青鷺料理もあった「江戸のグルメ案内」の企画展、歴博にて2/4(日)まで開催中‼️

平成30年1月5日から、国立歴史民俗博物館第3展示場で「江戸のグルメ案内」と言う企画展が開催されている。今、東京ではグルメと言ったら数限りなく際限のない種類、数があると思うが、そのルーツは既に、江戸時代にあった事が、この企画展をみてわかった。特に面白いのは、何でも相撲番付の様に前頭、大関、横綱と順位をつけている事。料理茶屋の横綱、大関等…。大変面白い愉快で、思わず笑ってします画面がいくつもあった。なかでも、青鷺料理があると言う事を発見。ぜひ、歴博「江戸のグルメ案内」の企画展にヨリミチをオススメします。



佐倉・城下町400年記念事業

Contents

「もの」からみる近世 「江戸のグルメ案内」(第3展示室)

期間・平成30年1月5日〜2月4日(日)

趣旨

テレビのグルメ番組や旅行番組中での食レポ、星の数ほどありそうなグルメガイド本、あるいは駅に置いてある無料のグルメ情報誌など、巷(ちまた)には食べ物屋に関する情報源が充ち満ちています。近年ではインターネット上のグルメガイドに表示された星の数や口コミを参考に店選びをする人も少なくありません。今日(こんにち)、東京はミシュランガイドで最多の星つきレストラン数を誇る世界に冠たるグルメ都市ですが、江戸末期の番付や錦絵にも江戸市中の食の名店である料理茶屋(今日の料亭に相当)に関する情報が豊富に取り上げられており、食にこだわる東京人の気質は江戸時代にまでさかのぼるといえるかもしれません。

今回の特集展示は、いかに江戸末期の江戸という町がグルメ・シティであったかを、江戸の料理茶屋に関わる多彩な館蔵資料をもとに紹介します。

展示の一つの核となるのは番付類です。江戸時代は番付文化の時代であり、相撲の番付に模していろいろな事物を格付けすることが流行しました。江戸市中の有名料理茶屋の番付は数多く残されており、人々の関心が高かったことがうかがえます。

展示のもうひとつの核となるのは、歌川広重が天保(1830~44)後期に描いた錦絵「江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし)」です。名所絵の第一人者が江戸市中の著名な料理茶屋を描いた揃物で、こうした錦絵が出版されていたことは、料理茶屋が名所としても認識されていたことを知ることができます。今回の展示ではこの揃物の中から料理描写の豊かなものを中心に選び、その他の錦絵や絵双六、『江戸名所図会』なども加え、料理茶屋の情報が視覚的に伝えられた様子をご紹介します。

番付や錦絵から江戸時代末期の江戸の町も、今の東京に劣らずグルメ情報であふれていた時代で あったことがわかる!
・買い物案内や絵双六などから、江戸で人気の食べ物を知る!
・名所絵の第一人者広重が「江戸高名会亭尽」に描いた料理茶屋の座敷や庭の豪華さにご着目!

【展示代表】

大久保 純一(おおくぼ じゅんいち) 
 所属:国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授
 専門分野:日本近世絵画(浮世絵、江戸後期の風景表現)

主な展示資料

・「八百善御料理献立(江戸料理茶屋番付)」 (本館蔵)
・「江戸高名会亭尽」 歌川広重画 (本館蔵)
・「新版御府内流行名物案内双六」(本館蔵)
・『江戸買物独案内』の内「飲食の部」(本館蔵)
・『江戸名所図会』(本館蔵)
・『豆腐百珍』(本館蔵)

など計約40点

歴博HPから転載



江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)』より「飲食之部」口絵と目録(目次) 文政7年(1824)

江戸の買い物ガイドといえる『江戸買物独案内』の食べ物の巻。会席料理を供する料理茶屋だけではく、茶漬けや蕎麦、鰻の蒲焼、寿司などの店も取り上げられている。口絵の作者は葛飾北斎。



江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 牛島(うしじま) 武蔵屋(むさしや) 天保(1830~44)後期

江戸高名会亭尽」は名所絵の第一人者である歌川広重が江戸の著名な料理茶屋を描いたシリーズ。この図は川魚料理で知られた向島の武蔵屋の数寄を凝らした庭を描いている。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 山谷(さんや) 八百善(やおぜん) 天保(1830~44)後期

江戸の料理茶屋の筆頭株ともいえる八百善の座敷を描く。長押には江戸南画の大家である谷文晁(たにぶんちょう)の描いた額がかかっている。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし)両国柳橋 梅川

背後に見えるのは神田川。両国が近いせいか、供を連れた相撲取りが描かれている。



江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 山谷 八百善

右窓の右方向へ行くと吉原へ行く。八百善の立地が良くわかる。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし)  牛島 武蔵屋

隅田川の東岸にある、向島、牛島にある老舗川魚料理店。庭の景観を売り物にしたらしい座敷の様子が描き出されている。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 両国 青柳

青柳は本所七不思議の一つと知られている片葉の葦の茂る片葉堀に面していた。図は料亭から大皿を持った中居が、芸者が乗り込む船に運ぶ風景を描いたもの。





江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 両国柳橋 大のし

両国、柳橋の大のしも、書画会貸座敷としてよく利用された。この図は、隅田川から二回座敷の書画会の様子を描いている

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 亀戸裏門 玉屋

亀戸裏門とは、亀戸天満宮裏門の事。表門裏門ともに料理茶屋が多く軒を連ねていたようだ。右の赤い門は、亀戸天満宮裏門。境内に梅の枝がのぞいている

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 向嶋の図 平岩

川魚料理の店。郊外の立地を生かした広大な庭が売り。手前の人は、隅田川桜見物の人。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 木母寺雪見 植木屋

3代将軍徳川家光の頃、木母寺境内で参拝客を相手に掛茶屋を開いたのが始まり。植半とも呼ばれる。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 吉原大恩寺前 田川屋

青鷺料理で知られる料亭。

番付の西の関脇に「青鷺茶碗」が載っている。江戸時代は青鷺を食していた。



江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 柳橋 橋本

鯉などの川魚料理で人気のあった橋本

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 万町 柏木

画面左に見えるのが日本橋。音楽の会が開かれている様子。七夕飾りが林立する甍の向こうに江戸城が見える。

江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 池之端 蓬莱屋

不忍池の近くにある料理茶屋。寛永寺の花見帰りの吉原の遊女達。彼女たちは、年一回の花見に楼外にでられた。



江戸高名会亭尽(えどこうめいかいていづくし) 湯島 松金屋

松金屋は、湯島天神境内にあった。遠くに上野の森。座敷では句会が行われている。



浅草元吉町の茶屋 常盤屋

 

御府内流行名物案内双六

東都五光商群

御料理献立競

江戸の料理茶屋のランクを競う






     

東都高名会席尽 よし丁 浅倉当吾

東都高名会席尽 八百半 お千代

東都高名会席尽 いせ太 福岡貢

豆腐百珍 同続編

新編異国料理

アクセス



\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 歴博付属くらしの植物苑「トリカブトの花」が咲き出しました💠

  • 江戸時代から続く「佐倉の秋祭り」🌾伝統「横町の山車」の曳き廻しに参加🏮

  • 歴博付属くらしの植物苑は春爛漫🌼ハナズオウ、タイワンシャクナゲ、シャクヤクの競演です🌻

  • 日帰り旅行、千葉、佐倉市の歴博付属・くらしの植物苑「伝統の朝顔」展に行く!

  • オランダ風車も見え🇳🇱50万本のコスモスもみれる佐倉コスモスフェスタ開催中🌼

  • 佐倉ふるさと広場の、ゴッホのひまわり🌻が満開に近づいています🌻