1. TOP
  2. 歴博付属、くらしの植物苑🍁平安時代からの「伝統の古典菊」展、開催中🌼

歴博付属、くらしの植物苑🍁平安時代からの「伝統の古典菊」展、開催中🌼

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

今年も、くらしの植物苑「伝統の菊」展示の季節になった。秋本番。菊(イエギク)は、日本本来の伝統的な園芸植物と考えがちだが、中国大陸を原産地ときいて勉強になった。中国では、紀元前から霊薬として菊が栽培されて幾度となく日本に持ち込まれたと考えられていた。日本での古典菊の独自の育成は、平安時代〜鎌倉時代にさかのぼるものと考えられ、特に「嵯峨菊」と「伊勢菊」は古い伝統を受け継ぐものと知られているようだ。ぜひ、くらしの植物苑にヨリミチしてくだい。

 

Contents

「伝統の古典菊🌼展」開催中

2017/10/31(火)〜11/26(日)

 

B36C860C-FF22-47AC-A5B1-88463C9328F7

伝統の古典菊

菊は、日本を代表する園芸植物のひとつです。菊は日本在来の植物ではありませんが、平安時代の宮廷ですでに菊花の宴が流行していることにより、律令期に他の文物とともに中国からもたらされたと考えられています。
平安・鎌倉時代からは日本独自の美意識により、支配者層の間で独特の花が作り出されました。筆先のような花弁をもつ「嵯峨菊(さがぎく)」は京都の大覚寺で門外不出とされ、花弁の垂れ下がった「伊勢菊(いせぎく)」は伊勢の国司や伊勢神宮との関わりで栽培されました。そして、菊は支配者層の中で宴に、美術工芸品に、不老不死のシンボルとして特権的な地位を築いていったのです。

それが、近世中頃以降になると大衆化し、変化に富む園芸種の菊花壇や、菊細工の見世物が流行したと言われています。それらの流行を支えたのが、花弁のまばらな「肥後菊(ひごぎく)」と花弁が咲き始めてから変化していく「江戸菊(えどぎく)」です。これらに花の中心が盛り上がって咲く「丁子菊(ちょうじぎく)」を加えた伝統的な中輪種は「古典菊」と呼ばれています。

くらしの植物苑では、このような「古典菊」を2000年から収集・展示してきました。今回は、「菊花壇しつらえのいろいろ」をテーマとして、江戸時代の菊栽培に必須の雨除障子(あめよけしょうじ)として使われる市松障子(いちまつしょうじ)がいつ頃から使われ始めたのか、その時期について、浮世絵や栽培書の挿絵などの絵画資料、栽培書や菊栽培に従事した人物の日記などの文献資料を用いて、パネルで解説します。さらに、菊花の展示に使用する柵や籬(まがき)の変遷についても、浮世絵を用いて紹介します。

嵯峨の香り(嵯峨菊)

59081DF0-A65D-4D83-81C0-8DB2D1884E1E

古典菊の会場

D222C07B-34FF-406D-937A-FD889E4A59E4

展示構成

くらしの植物苑で収集し、栽培・育種した古典菊(嵯峨菊(さがぎく)17品種、伊勢菊(いせぎく)12品種(松阪菊(まつざかぎく)3品種を含む、肥後菊(ひごぎく)32品種、江戸菊(えどぎく)35品種、丁子菊(ちょうじぎく)10品種)と、江戸菊(えどぎく)や肥後菊(ひごぎく)と同じく近世中頃からつくられている奥州菊(おうしゅうぎく)9品種、また、当苑で種から育てた実生の新花約50品種を7号もしくは9号鉢で育成し、苑内の東屋周辺、ハウス、よしず展示場に展示します。また、「菊花壇しつらえのいろいろ」をテーマとしたパネル展示を行います。また、浮世絵を用いて、菊花展示に使用する柵や籬の変遷についても解説します。



AFC969DA-E355-4DDB-AE24-55416549EB95●出展品種 計165品種(歴博オリジナル約50品種含む)
●出展鉢数 約300鉢

肥後菊

1)天女の舞(てんにょのまい)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2)朱鷺の羽(ときのはね)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴博オリジナル〕
宝暦年間(1751~1763)、肥後の名藩主といわれた細川重賢が、文化政策の一つとして栽培を奨励したと伝えられています。文政 2(1819)に肥後藩主別当職の秀島七右衛門が「養菊指南車」という著書をあらわしてから、独特の栽培法が確立しました。

江戸菊

3)黄金の光(おうごんのひかり)

D1EF2713-96E1-4EA4-9C48-DB4CC0EAA515

4)新秋の紅(しんしゅうのくれない)

5F744155-238C-4810-819C-B56F2B25EEFF
文化、文政期(1804~1830)に江戸市中において大流行しました。花の咲き始めは周辺の舌状花の花弁が垂れ下がり。中心部の筒状花が見えます。さらに咲き進むと中心部に近い舌状花の花弁から順次立ち上がり、いろいろに折れ曲がって筒状花を包み込むように抱えます。江戸菊は咲いて10日、開いて10日、狂って10日と言われ、長く楽しめる花です。

嵯峨菊

5)嵯峨の香(さがのかおり)


8AF5C216-FE18-46C4-8640-AC93484BA521
6)嵯峨の桜(さがのさくら)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都嵯峨地方で嵯峨天皇のころから栽培されていたとの説もありますが、伊勢菊と同様江戸末期頃に品種が成立したと考えられます。2m近くまで伸ばす仕立て方は嵯峨菊独特で、皇居の殿上の回廊から観賞できるようにしたといわれています。明治時代になるまでは大覚寺のみで栽培され、門外不出でした。糸のように細い多数の舌状花の花弁が、咲き始めは横に向いて開き、花芯を露出し、花弁がほぼ伸びきると真直ぐに立ち上がって刷毛状に咲くのが特徴です。

伊勢菊(松阪菊含む)

7)暁紅(ぎょうこう)

15B6E549-DD83-4091-A9C5-82140C306B87

8)紅玉(こうぎょはく)

A3D9198B-CE2E-4C3E-A1A1-280BEAF321A2

奥州菊

9)華厳の滝(けごんのたき)

AE905927-277D-4033-87CC-2080F13E93B2
10)極楽殿(ごくらくでん)

9D6ECF34-08AB-496A-B751-5B91A034F2EC
青森県八戸地方で品種改良された菊で、両手で花をキュッと掴んだように盛り上がり、太い花弁が垂れ下がるのが特徴です。

丁子菊

11)白雲丸(はくうんまる)

53F444EE-3D38-4B54-B357-532F8B993FF8
12)牛若丸(うしわかまる)

5A8DB249-766B-43D1-9F06-86B9331509AC
江戸時代最初の流行期、元禄、(1688~1736)頃に「丁子咲」として最初に現れた系統です。花芯部の筒状花が丁子弁になって盛り上がって咲くのが特徴です。

B456FFA7-5643-4649-9C23-E7498320ECC6

7533BB84-8F65-4C49-914F-D508F8F83D5C

嵯峨の泉(嵯峨)

54C819EA-3F73-48FA-BB7E-E7E2CBC8F2C7

嵯峨の月(嵯峨)

8019D78E-2A27-4BE8-A4E7-2EBF14488A1C

嵯峨の舞(嵯峨)

00C8D8FD-B95A-44DB-B71C-DCF79DE77D14

たちばな(嵯峨)

4C903573-16DF-4A86-B8DB-422C6091C375

嵯峨の暁(嵯峨)

D8AA5794-34E1-41C6-ACD3-1B1F5FCE920E

嵯峨の流(嵯峨)

AED687F8-E41D-40E8-9702-9E0059E43FE4

嵯峨の輝(嵯峨)

AFDFF389-40D2-40D7-B1B6-9C87B5102B18

嵯峨の白色(嵯峨)

55371B02-FAC6-42B1-8CB9-8F22D5402EBE

 嵯峨の桃色(嵯峨)

3FD3685A-5497-4A39-B15D-508BD493E2C3

83444515-9423-4515-BB13-0BB32103AEA1

白雲丸(丁子)

B97A4D71-EEF9-4767-AF62-2663C309E173

岸の赤星(丁子)

59393CAB-A587-4925-8A10-761304C357EC

希望(丁子)

DB46D2DA-1D72-4A33-8FAF-A8A6628AADA6

武蔵丸(丁子)

D0E69193-1CF3-4AD9-8A99-E631D5857367

武蔵丸(丁子)

6D1DA549-0574-4AFF-A809-92D8EAB3FA56

金光丸(丁子)

91646AC1-AFF5-4D01-A796-26FEA78BABD7

希望丸(丁子)

9A798EC2-090C-44D2-A764-A2674A66777A

白雲丸(丁子)

A266921B-7F79-4496-9CAE-2491584FFB6E

岸の羊蹄(丁子)

6B79E1AB-8085-462C-B8DA-2A98710D9318

岸の赤星( 丁子)

3381BE44-D8AF-4EF9-BB5E-2E90C738EBF9

元禄丸(丁子)

A0E3790E-03B2-495C-BF1D-7164EA6E4C59

岸の赤星(丁子)

70950574-5F30-42AC-93FC-8E1A37A242C5

BD605F8D-9481-41DB-8BC1-DB5ADA51B72D

花神輿(奥州)

8868AF7E-4AE1-4423-B8CD-5658A1E4FDB9

冨山の雲(奥州)

C2CE6A0F-4E10-4610-B96D-63B91F159C58

花神輿(奥州)

EFDD2206-1B7B-4303-8CAC-0A7DFC9A10CB

紫光殿(奥州)

0FBDDA3D-FF69-4075-8DA3-F013CE4C13C3

栄楽殿(奥州)

35CB5652-699B-4CB4-B34A-E358F3B51EB6

華厳の滝(奥州)

243E2921-DCD2-4381-A92D-9A5D3F0E1265

極楽殿(奥州)

F68C61E5-E5BB-4B19-9194-89971071BDC4

愛国殿(奥州)

F7D4DD92-471A-43EE-9B43-EC1E929F9B88 BF862DCC-59E5-45AB-969B-258A25A9875A

松坂菊No.2(松坂)

2B2A50F0-73FD-44BD-BC6B-58129C6496FE E6DDA2E5-1682-4E1C-BCA6-E8A96C0427BB D1D7F7BC-325D-485A-BC1D-38CBDFADBE24

たちばな(嵯峨)

C3C7151C-ED4A-48EF-B76F-A057F69E1234

紅玉(伊勢)

0DC99336-0D38-4594-912E-902EB7CC0742

陽春(伊勢)

F68058C8-8842-405E-A61A-4037880A0196  BED88EC5-2547-4DC6-A709-327052B2B44B D426A610-99D9-495D-90E7-884009044445 7D3A2FFF-99CD-4299-9EB2-F7B583477960

雲雀の床(江戸)

84BA42D6-08F4-4CC4-885D-773332D18721

春日(江戸)

36F8F1DF-7032-409A-8F1E-8A66423F8682

多摩の紫(江戸)

6539A25A-B3D4-4BBC-9ACC-5B0908566652

下谷藤娘(江戸)

2AA67FBC-640C-4C29-8C13-7231A9DA3216

江戸錦秋(江戸)

5D73799F-77E4-46AC-983C-471FAE832D41

荏原紫玉(江戸)

BBA37555-BB00-4410-A317-FC0A17DED953

新秋の紅(江戸)

2DD0537F-466E-4E62-962B-6D28CB4DE02F

春偲(江戸)はるしのぶ

CCD8AF26-1A7C-46F3-BABB-94D4AB275CDD

新秋の紅(江戸)

22E78CBF-957D-4AFB-87CE-4BA0218B6A57

江戸神楽(江戸)

64267C69-E716-4800-845E-A7C5C4CCF417

花曇(江戸)

DE0F531E-1E0B-461B-8248-CEAD714BB9FF

花散里(江戸)

480D4F94-0ECF-4DC2-939B-5B166B3D7976 226D1292-AF1E-4873-9182-5CD78128CD1B

試作花(肥後)H26-24

4D5F75DF-7F82-4570-86BE-36E07283DC86

白雲丸(丁子)

EDB00B12-A5A5-4629-B12F-2ADEB9278373

新秋の紅(江戸)

B31D21F5-B2A2-46D2-8063-83DB236F318F A67D6DC1-54A1-4457-8FA3-A8A186832A2E 38E43B96-B237-4A76-82B4-B51E9CDEA711 BC781D5F-E949-48AD-907E-959EBAE9DF02 45FDFA8D-D6A2-4FDE-B023-723A250B0C5D 5C75A061-D903-4004-97CF-19E5019322E2 889CF9DD-C869-422C-B899-9BD43F8DAF9F 455FD4AD-D5B4-4891-B346-C1D821C3897F 33422FA6-6D74-484A-973A-A6C1AD82D5B5 5C6C697D-D30F-4BE3-90ED-04365EB985DB 5E7A731C-651E-4F56-A914-8F1F6FD8C552 4E7F4BD5-95AB-4B5A-B700-1BF7F1FBD1D7 340DEF8E-B2CD-4957-8F76-C60E4C1060E8 23018CE4-5804-45DD-89D8-E19E8DA7E5FE E14AC1F1-13FB-4B15-BC31-AE1BE47AB420 DBA16980-1DDF-44AA-AE72-0280329C69A6 097B8848-B229-481E-8A93-D7DCC1A60D93 D6B79012-6D69-4704-9C28-8D6D9A85E488 2F89984A-9966-433E-89BD-AAAF30602BE6 65829FA2-13F3-411B-8A50-3CA3F2D4CC23 714E8314-8CD8-4D18-A127-A44D6DED65D8 EA42BB13-145D-4E2B-A0B9-4C94CFA78E66 368ADCBA-7271-497B-8ACD-91DA61378874 4C67D45E-16E5-4703-A0C7-9A160FC820D0 FCE34D03-7158-419E-AEE4-B03EDF5304A1 655432DD-74B5-4BEA-90AE-A9E8DCD9DAAD 063C4B61-2E6D-4C73-A389-E961AD33523E B68E5FD4-6F45-45A7-92C1-61C87F929F54 55FDA868-77AF-44C3-ABD6-E4A3CD065B2B C166A416-3839-40BA-89FC-C87531305F2F 253C4B3A-DE57-450B-B39B-82484338F93D DE983E15-6D6E-4AF2-900B-E630E8024566 F259A890-6DB3-4125-AD0B-80526BA1A776 9B1051E6-AD2F-4D75-93CA-93A596EA4D00 6333118C-0888-4FDD-8573-4896113175D6 1F7F0319-4D3A-45D3-A16C-05451EFC1457 2C1CC5CA-6EBD-46E4-8649-9B77CAB34FA7 7C42999D-FC53-41F2-BE22-DCBF8974B9E8 03CCCBEE-1E05-4628-9885-D2FCDEC6066A   E1E06C9E-4828-479E-B5A8-444C7ABD4033 542DAD8C-3DAB-4116-97A6-EC987D848863 7D0D132C-88D3-4CCB-A4BB-D586ABDCCBC5 870AF28A-647E-4FA9-9329-59ED5D5ED755 0117C8EE-6ABB-470F-9730-2E84AD4F1E22 C3BDDDCC-8BE1-4155-A4E8-E6907289E8AC AE5C2794-73E1-4BA5-BD8A-8896BA1E126E 5110B43C-D067-426C-9766-F14218163501 20AEF7F8-C94F-4F2A-AC21-C48AAB290019 F830B840-94AC-42B0-8F59-63FB65154EF2 8C63C8D5-B69D-428F-BAA2-BAFD40A95562 71B8C386-59FC-42EC-ABA3-7061CE02AFE1 3FD0BF65-674D-486C-A52A-44597CF633CB 21BE5AC3-448F-430E-BEE0-E325D5A18184 D93CF827-021A-4DB4-8DAB-39744535B5C5 6079075E-CFEA-4462-8E78-94799E31BBCF B666B1E2-98F6-470F-BED7-3643228B9B4B 26B827D5-8813-4B3A-92A0-01E5DFCD2C81 7DF20B7D-5C4C-4327-B684-775EB8C77F88 1944F7C0-90CB-43D9-847B-11790B1BD51E 213671B9-B6EC-4349-9E97-C8F1B231C895 019962B1-A033-469C-8CF2-C4B7B26B1036 ADE7EDD2-EF48-4F7E-8808-EEDB15BA3F0A 64B883AE-3F05-4C64-8DF4-156C577ECFE6 3ED1AF95-284A-4428-84FD-674D2FF7744D C15928D1-85E8-46DA-A364-CFAC4AA44CB0 563EDDAD-B9C4-446F-BEB4-CAC174D8C2AB 8308CFB4-FC71-4372-B378-47B61A24DCCB

ボケの花

D93C2B61-2F01-45B4-8D03-2DBA08B09693 2A861E70-70E1-452D-821B-3EE93160A609 53CA3B33-8923-40B2-B896-382293482C8E 18213BED-0D5F-456B-9A17-A2CA529CC6C2 137DA570-D707-4D80-9D44-B48AF00AEFDB FDA25162-9CD9-455A-A8AE-C3F43922CFF2

くらしの植物苑前のイチョウの並木

81F5C14B-568C-42D6-A90A-85779E33A913 C11F139B-EBBB-4138-8287-28FD5B809ED8 15B2F992-2ACF-44A8-8330-6238B8AA466F BE967E34-A3EE-4D41-8858-7DA7791B2D49 ABD97E63-8EF7-426B-AAAE-B8B42ED12B75

 アクセス

imageimage

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • スクールガードボランティアのお礼に、佐倉市立内郷小学校入学式に招待されました🎒

  • ユリカモメ🕊が乱舞する印旛沼観光船🚤のガイド兼助手にチャレンジ🚤

  • 2018・満開と桜吹雪、花筏も観られた新名所、大横川の桜🌸大興奮でした‼️

  • 春爛漫🌸体験博物館「房総のむら」と隣接の、栄町地域交流拠点「ドラムの里」にヨリミチ‼️

関連記事

  • 孫の保育園お迎えの帰り道、孫からの「なぜなぜ」に四苦八苦!

  • ジープ第2弾‼️自宅近くのジープ好き🚗Nさんと行った❗️千葉・芝山仁王尊の旅🚙

  • ぽかぽか春日和!✿佐倉市民ハイキング3月例会に参加!🌸

  • 紅葉の秩父多摩国立公園、せせらぎの、秋川渓谷を歩く🍁

  • 河津桜の開花情報🌸平成30年3月11日現在、佐倉市西志津スポーツ等多目的広場の河津桜が満開を迎えています🌸

  • 徳川御三家、紀州55万5千石の満開の桜🌸和歌山城にLCCでよりみち✈