1. TOP
  2. オランダ風車も見え🇳🇱50万本のコスモスもみれる佐倉コスモスフェスタ開催中🌼

オランダ風車も見え🇳🇱50万本のコスモスもみれる佐倉コスモスフェスタ開催中🌼

    %e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

 

 

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

佐倉市のふるさと広場で、コスモスを観に行った。今年は、秋雨前線の影響で、この一週間は、雨続きでコスモスが倒れていたのが沢山あり、かわいそうだった。ちょうど天気の悪くなる一日前に、印旛沼観光船のガイド&助手として乗船したときにコスモスの写真を撮ったので、ブログに載せることができた。天気が良くなったら、コスモスフェスタにヨリミチしてください。

佐倉コスモスフェスタコスモス開催中🌸

IMG_4360

開催期間
平成29年10月7日(土)~平成29年10月22日(日)

春はチューリップ、夏はひまわり、そして秋のふるさと広場では、10月上旬~下旬にかけて、オランダ風車を背景に50万本を超える色とりどりのコスモスが一面に広がります。コスモスフェスタの期間中は、コスモスの掘り取り・切り取り販売や観光船の運行などを行います。秋の一日を満開の花とともに、ぜひお楽しみください。



IMG_4353

IMG_3785

【開花状況】
コスモスの咲き状況

現在5分咲き、開きかけたつぼみも多くなりました。
(平成29年10月12日撮影)

期間中のイベント
コスモスの掘り取り・切り取り
佐倉ふるさと広場のコスモス
5本 100円

佐倉コスモスフェスタの期間中、毎日摘み取りができます。(午前9時から午後4時まで)

※14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)は取り放題のサービスタイムを予定しています(300円)。

観光船の運航
運航予定日:10月7日(土)~9日(月・祝)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)

運航予定時間:10:30~、11:00~、11:30~、13:00~、13:30~、14:00~、14:30~、15:00~

※天候等の理由により、変更・中止になる場合があります。

料金:高校生以上 1回 1000円   小・中学生 1回 500円

レンタサイクル
<貸出場所>

・ 佐倉市観光協会(京成佐倉駅前南口)

・ JR佐倉駅前観光情報センター(JR佐倉駅北口階段下)

・ サンサンサイクル(京成臼井駅南口)

・ 佐倉ふるさと広場(会場)

※相互乗り捨て可

<時間>

9:00~16:00

※サンサンサイクルのみ 10:00~18:00 水曜定休

<料金>

1日1台 500円(電動アシスト自転車は1,000円)

オランダ風車の見学
オランダ風車「リーフデ」の見学ができます。

また、オランダ風車の中ではオランダ自転車を展示しています。

IMG_4360

風車内にあるオランダ自転車
首都アムステルダムでは人間の数よりも自転車の数の方が多いと言われている「自転車大国」オランダ。オランダ人の自転車への愛着は深く、大切に修理をしながら親から子へ引き継がれています。

お土産品の販売
売店「佐蘭花」にて、オランダ雑貨等のお土産品の販売を行っております。

開催場所
佐倉ふるさと広場
佐倉市臼井田2714番地(飯野竜神橋脇)

会場へのアクセス
京成臼井駅から徒歩30分、または京成佐倉駅北口から佐倉市循環バス「ふるさと広場」下車

□佐倉市循環バス(乗車料100円)※バスの本数が少なく定員に限りがありますのでご注意ください。

循環バス時刻表
京成佐倉駅 → ふるさと広場 → 京成佐倉駅
8:35 →    8:43 →    8:55
11:05 →   11:13 →   11:25
13:45 →   13:53 →   14:05
16:30 →   16:38 →   16:50

IMG_3784IMG_3782IMG_3781IMG_3780

オランダ風車「リーフデ」

佐倉市制40周年の平成6年春、佐倉ふるさと広場に本格的オランダ風車が誕生しました。風車はメカニズム部分をオランダで製造し、オランダ人技師により建設されました。
名称は、日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ、リーフデ《友愛》”De Liefde”と命名されました。リーフデは、佐倉ふるさと広場のランドマークとして、また日蘭親善のシンボルとして建設され、《友愛》により末長くふるさとづくりと、国際親善の一翼を担ってくれることでしょう。
佐倉ふるさと広場のオランダ風車「リーフデ」の写真
風車について
風車の頭部は風車守(ふうしゃもり)の操作により回転し、常に風上に羽根を向け、効率よく風が受けられます。風車を使用しない時や強風の時などは、ブレーキをかけ帆を外し回転しないようにします。使う時は、風の強弱により帆を張ったり外したりして、回転を調整します。
羽根が風により回転すると、この力を歯車と主軸により伝え、それぞれの風車の用途に応じて組み込まれた水車や石臼、のこぎりなどの動力として活用します。自然の力を上手に、クリーンエネルギーにしたのです。
リーフデは、水くみ用なので1階に水車が組み込まれ、風の力により水がくみ上げられます。

風車の概要

名称:リーフデ《友愛》”De Liefde”
用途:水くみ用風車(日本初)
種類:グランドセーラー型(地上型)
メカニズム:木および鉄製(オランダ製)
羽根:4枚羽根、直径27.5メートル
水くみ風車:直径4.2メートル
本体:鉄筋コンクリート造4階建、外壁レンガ積み
本体高15.6メートル
延床面積:165.44平方メートル
竣工:平成6年3月
[所在地]
佐倉市臼井田 2714

[ 交通 ]
・京成臼井駅から徒歩30分
・京成佐倉駅から徒歩40分
・東関東自動車道佐倉ICから車で30分

風車運転時間
午前9時30分から12時 午後1時から午後4時

運転休止日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日から1月6日)
点検日(不定期に実施)
※オランダ風車「リーフデ」は風の力により羽根を動かしているので、強風や無風などの理由により風車の運転が出来ない場合があります。

IMG_3779IMG_3778IMG_3777IMG_3776IMG_3774IMG_3773IMG_3772IMG_3770IMG_3769IMG_3768IMG_3767IMG_3766IMG_3765IMG_3763

コスモス

コスモス(英語: Cosmos [ˈkɒzmɒs]、学名:Cosmos bipinnatus Cav.'[1] )は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。

IMG_3762

特徴

秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。

熱帯アメリカ原産。 メキシコからスペインに渡りマドリード王立植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。

日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱(かくらん)であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。

日本での「秋桜」という表記は、さだまさしが作詞作曲した楽曲「秋桜_(山口百恵の曲)」で初めて用いられ、以後文学的表現として使われることも多くなった。

種類

オオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav.
一般的なコスモスといえばこれを指す。高さ1 – 2m、茎は太く、葉は細かく切れ込む。
キバナコスモス Cosmos sulphureus Cav.
大正時代に渡来。オオハルシャギクに比べて暑さに強い。花は黄色・オレンジが中心。
チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus (Hook.) Voss
大正時代に渡来。黒紫色の花を付け、チョコレートの香りがする。多年草で、耐寒性がある。

花言葉

少女の純真
真心
コスモスの語源

語源「コスモ」(cosmo)はギリシャ語の「宇宙」の「秩序」を意味する[2]、「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。 対義語は、混沌のカオス(ケイオス)。

IMG_3761IMG_3760IMG_3759IMG_3758IMG_3757IMG_3848IMG_3847

まもなく日が暮れます。

IMG_3846IMG_3845IMG_3844IMG_3843IMG_3842IMG_3840IMG_3839IMG_3841IMG_3840IMG_3839IMG_3834

 

アクセス

 

IMG_4362

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 京成佐倉駅北、宮前ローズタウンの自宅🏠周辺で撮った植物や花たち🌺

  • 千葉県内最大級のラベンダー畑「佐倉ラベンダーランド」のラベンダーが見頃を迎えています💠

  • 佐倉城下町、「菖蒲まつり」まもなく6/9(土)〜6/10(日)開催します💠

  • 新宿御苑の大温室が今、とっても面白い🤣沙羅双樹の花が咲いています🏵

関連記事

  • 日本の歴史公園百選、旧三井財閥別荘跡地の「大磯城山公園」をよりみち🗻

  • 国指定名勝の旧古河庭園、春のバラフェスティバル開催中🌹

  • 白鳥飛来数1000羽以上の、白鳥の飛来地、旧本埜村「白鳥の郷」によりみち!

  • 「ツナソ」「アマ」って 何?歴博付属、くらしの植物苑で調べてみました🔬

  • 日本にもカッパドキアに似た❓新宿御苑の「ラクウショウ」を見によりみち❁

  • 東京国立近代美術館所蔵作品展🖼MOMATコレクションによりみち🎨