1. TOP
  2. 🏄湘南発祥の地・大磯「吉田茂元首相邸」をよりみち🐚

🏄湘南発祥の地・大磯「吉田茂元首相邸」をよりみち🐚

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

以前から一度行ってみたいと思っていた、湘南発祥の地、大磯の「旧吉田茂邸」に行ってみた。東海道線大磯駅を下車、バスで大磯城山公園まで行き、大磯城山公園旧吉田茂邸地区に吉田茂邸があった。吉田茂邸は、平成21年本邸が火災で焼失したが、再建されて本年4月公開されるに至った。旧吉田邸を含む大磯城山公園も旧三井家の別邸となっていたとのことで、近代歴史遺産と言っていい。ぜひ、ヨリミチをオススメします。

IMG_1594

相模湾、相模灘、太平洋🌊を眺めていた、吉田茂元首相

大磯城山公園・旧吉田茂邸地区IMG_1600

旧吉田茂邸とは

旧吉田茂邸は、明治17年に吉田茂の養父健三が別荘として建てたもので、吉田茂が昭和19年頃から、その生涯を閉じる昭和42年までを過ごした邸宅です。
政界引退後も多くの政治家が「大磯参り」を行い、また、元西独首相アデナウアー氏や、当時の皇太子殿下(今上天皇)と同妃殿下などの国内外の要人が招かれました。吉田茂没後には、大平首相とカーター大統領の日米首脳会談が実施されるなど近代政治の表舞台としても利用されました。
豪壮数奇屋建築風の総檜造りの本邸は、建築家吉田五十八の設計のもと、京都の宮大工により建設されました。日本庭園は、世界的作庭家中島健が設計したもので、本邸周辺部分は、日本庭園研究家の久恒秀治によって造られました。
吉田茂がよく散歩をしていたといわれる庭は、心字池や築山のある日本庭園、松林、バラ園、サンルームがあり、その日本庭園にはあまり用いられないカナリーヤシが植えられるなど、海外赴任生活の長かった吉田茂の嗜好の多様性、様式にとらわれない人間性が色濃く反映された庭園となっています。   

兜門

サンフランシスコ講和条約締結を記念して建てられた門で、別名「講和条約門」とも言われています。軒先に曲線状の切り欠きがあり、兜の形に似ていることから「兜門」とも呼ばれます。京都の裏千家の兜門と同じ製作者を京都から呼び寄せて造られ、昭和29年に完成しました。屋根は「檜皮葺き」という、伝統的技法が用いられており、焼失を免れた内門は貴重な建築物です。

IMG_1588

日本庭園

昭和36年頃に完成した日本庭園は、中心となる心字池を邸宅の正面に配置した、池泉回遊式の庭園です。庭園設計者である中島健は、数奇屋建築の本邸との調和や花を愛した吉田茂の嗜好をふまえ、さまざまな草花やツツジ類、ウメなどを多く取り入れ、色彩豊かな庭造りをおこなったと考えられます。

IMG_1589

七賢堂

元々、明治36年に伊藤博文が、明治維新の元勲のうちの岩倉具視・大久保利通・三条実美・木戸孝允の4人を祀った四賢堂を自身の邸宅「滄浪閣」に建てたものでした。伊藤博文の死後、婦人により伊藤博文を加えた5人が祀られ、「五賢堂」となりました。昭和35年に吉田茂邸に移設され、昭和37年に吉田茂が西園寺公望を合祀し、吉田茂の死後、昭和43年に佐藤栄作の名によって吉田茂が合祀され、「七賢堂」となりました。
兜門やサンルームとともに、焼失を免れ、旧吉田茂邸の歴史を感じさせる貴重な建築物です。正面の扁額「七賢堂」の文字は、佐藤栄作元首相が書いたものです。

IMG_1590

吉田茂銅像

昭和58年に「吉田茂、澤田美喜両先生顕彰建立委員会」によって建立されました。日米講和条約締結の地、サンフランシスコと首都ワシントンの方角に顔を向けているといわれています。
銅像付近からは眺望が良く、富士山、伊豆半島、相模湾、房総半島などが一望できます

IMG_1591

旧吉田茂邸

吉田茂が暮らした当時の邸宅を復原したものです。昭和22年頃建てられた応接間棟、および昭和30年代に近代数寄屋建築で有名な吉田五十八が設計した新館をメインに再建しています。
旧吉田茂邸についてはこちら (平成29年4月1日より一般公開)

旧吉田茂邸地区公園整備事業の背景と経緯

相模湾沿岸地域一帯は、明治期から別荘地・保養地を形成し、首都圏で活躍する政財界人や文化人が滞在、交流する地域として発達してきました。特に大磯中心部一帯は、旧吉田邸をはじめとして、大規模でかつ著名人が構えた住宅・庭園が連なっています。
旧吉田茂邸は、吉田茂の没後、西武鉄道株式会社へ売却され、大磯プリンスホテルの別館として利用されていました。平成16年頃より地元を中心に旧吉田茂邸の保存の機運が高まり、神奈川県や大磯により近代政治史の歴史文化遺産として保全・活用が検討され、隣接する「県立大磯城山公園の拡大区域」として、県が整備する方向性が定められました。しかし、その後の計画検討の最中、平成21年3月、本邸が火災で焼失してしまいましたが、消失を免れた日本庭園や歴史的資源(兜門・七賢堂など)、そして大磯丘陵に連なる貴重な緑地を保存活用するため、同公園の拡大区域とすることが再確認され、平成21年7月には都市計画の位置付けがなされました。
その後、「旧吉田茂邸地区」の事業に着手し、県が公園整備を行い、旧吉田茂邸は大磯町が町有施設として再建することとなりました。

IMG_1599

吉田茂

吉田茂(明治11年~昭和42年)は、戦前に外務官僚として諸外国での領事、書記官、大使などを歴任し、戦後は通算5期(6年2ヶ月)にわたって内閣総理大臣を務めた戦後の代表的な政治家です。
この間、昭和26年には、サンフランシスコ講和条約の締結を実現し、日本の国際社会への復帰を果たすなど、戦後復興を成し遂げ、社会の在り方を方向付ける役割を担ったと言われています。
また、吉田茂は、池田勇人や佐藤栄作など、多くの後進を育ててきたことでも知られ、本邸は彼ら「吉田門下生」がよく訪れていた場所でもあります。

中島健

中島健(大正3年~平成12年)は、吉田茂をはじめ、田中角栄、河野一郎など政財界の要人の邸宅の庭を設計施工した世界的な作庭家です。吉田五十八との協働で知られる日本芸術院会館日本庭園(昭和32年)と玉堂美術館庭園(昭和37年)、オーストラリア・カウラ日本庭園などを手がけています。
草花をうまく使い、西洋の水彩画のような色彩豊かな、シンプルモダンな日本庭園づくりが特徴で、造園界の数々の表彰だけでなく、昭和59年には外務大臣から造園を通じて諸外国と相互理解を深めたとして表彰され、昭和62年に勲五等双光旭日章を受けました。

兜門

IMG_1264

再建の説明板

IMG_1265 IMG_1266 IMG_1267 IMG_1268

吉田茂銅像(1878-1967)

IMG_1270

相模湾、相模灘、太平洋にと続く海を眺めていた

IMG_1272 IMG_1273

講和条約締結したサンフランシスコを向いています。

IMG_1274    IMG_1279 IMG_1280

日本庭園(池泉回遊式)

IMG_1281 IMG_1282

楓の間(昭和22年、首相の時の執務室)

IMG_1283

昭和54年、大平首相とカーター大統領との日米首脳会談

IMG_1284 IMG_1285 IMG_1286 IMG_1287 IMG_1288 IMG_1289 IMG_1290 IMG_1291

書斎

IMG_1292 IMG_1293 IMG_1294 IMG_1295 IMG_1296

吉田茂の白足袋オブジェ

IMG_1297 IMG_1298 IMG_1299 IMG_1300 IMG_1301 IMG_1302 IMG_1303 IMG_1304

映画、小説吉田学校のポスター

IMG_1305

食堂(ローズルーム)

IMG_1306 IMG_1307 IMG_1308 IMG_1309 IMG_1310 IMG_1311 IMG_1312 IMG_1313 IMG_1314 IMG_1315

寝室、最期はここで亡くなった。

IMG_1316

金の間(賓客を迎える応接間)

IMG_1317 IMG_1318 IMG_1319 IMG_1320 IMG_1321

金の間から

IMG_1322 IMG_1323 IMG_1324 IMG_1325 IMG_1326 IMG_1327 IMG_1328 IMG_1329 IMG_1330 IMG_1331

交通アクセス

JR東海道線「大磯駅」下車徒歩:約30分(約2キロメートル)
バス:「二宮駅行」・「国府津駅行」・「湘南大磯住宅行」・城山公園前下車徒歩5分

旧吉田茂邸利用案内
・開館時間:午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
・休館日:月曜日・毎月1日・年末年始(12月29日~1月4日)
・観覧料:一般500円(450円)
      中・高校生200円(150円)
・カッコ内は20名以上の団体料金です。
・障がい者手帳の提示があった場合、障がい者と介護者1名は無料です。
・中・高校生の方は学生証の提示をお願いいたします。

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 春いきいき💐皇居東御苑の自然観察会に参加しました🌸

  • 国指定名勝の旧古河庭園、春のバラフェスティバル開催中🌹

  • 鎌倉幕府8代執権、北条時宗が開基の、鎌倉五山第二位の円覚寺によりみち!!

  • 松虫姫伝説の印西(旧印旛村)松虫寺を行く!

  • 印旛沼サンセットヒルズに「佐倉幸せの鐘🔔」が新設されました🔔

  • 満開の桜🌸!神田川〜大横川お花見クルーズに大感激‼️🌸