1. TOP
  2. 降りしきる雨の中☔️皇居東御苑の果樹古品種園にヨリミチしました🍎

降りしきる雨の中☔️皇居東御苑の果樹古品種園にヨリミチしました🍎

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

雨の降りしきる8月に、皇居東御苑、果樹古品種園にカキとリンゴを観に行った。多分 まだ色は着いていないと思いながら果樹園に着いた。この果樹古品種園は、天皇皇后両陛下の発案により、在来種 のみの果樹にこだわった果樹園🍏だ。要は全て日本製という事だ。古品種を維持存続していくことは大変な事だと思う。私は果物の成長過程を眺めるのが好きで、時々ここを訪れるのを楽しみにしている。ぜひ、ヨリミチをお勧めします🍎

 

IMG_8219

🍎天皇皇后両陛下が植えられた皇居東御苑の果樹古品種園(西)にヨリミチ🍏


天皇皇后両陛下のご植樹

(皇居東御苑における果樹古品種園の整備について)

天皇皇后両陛下の皇居東御苑におけるご植樹

IMG_8213

IMG_8214
(写真:宮内庁)
食用の植物は,より美味なものやより生産性の高いものが栽培されるようになると,古い品種はすたれてしまい,一般には見ることができなくなってしまいます。江戸城の跡である皇居東御苑に江戸時代の品種である果樹を植えれば,訪れる人々にとっても興味深いことではないかとの天皇陛下のお考えを受けて,このたび,皇居東御苑本丸地区に,果樹古品種を植栽した果樹園を整備することとしました。

天皇皇后両陛下は,果樹古品種園の整備を記念して,平成20年4月11日,皇居東御苑においてご植樹を行われました。
皇居東御苑における果樹古品種園の整備計画(平成21年10月30日)(PDF形式:183KB)6ページは下記URLをご参照

http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/pdf/kaju-plan.pdf

 

果樹古品種園の位置🍏

IMG_8212

IMG_8216

カキ及びワリンゴの説明板

IMG_9630

カキ(カキノキ科)

カキノキ科・ヨシミゾ(四溝)

静岡県東部原産。菊池(1948)によると、水戸藩郡奉行所編纂の『御 領内産物』(1736)に記載。完全渋ガキ。やや晩する生で、果実は小さい。果 形は縦断面が円錐形で4つの縦溝があり、横断面が方形である。果皮色 は赤い。

IMG_9560IMG_9662IMG_9614

カキノキ科・ギオン坊(祇園坊)

広島県原産。恩田・村松(1934)によると、広島県安佐郡祇園村の祇 園坊という寺の住職が発見した品種とされる。菊池(1948)によると、『長 防二州産物名彙』(1737)に記載。また、『本草綱目啓蒙』(小野蘭山,1 803)に白柿(白い粉をふかせる干柿)として有名であることが記載。完 全渋ガキ。やや晩生で、大果。

IMG_9669IMG_9581IMG_9573

カキノキ科・ドウジョウハチヤ(堂上蜂屋)

京都府南部の原産。菊池(1948)によると、当時、200年以上の樹齢 の樹が京都府相楽郡當尾村に多くあったことが記載されている。やや晩 生の品種であり、果実はやや小さい。

IMG_9598IMG_9530IMG_9631

カキノキ科・ゼンジマル(禅寺丸)

神奈川県原産。菊池秋雄(『果樹園芸学・上巻・果樹種類各論』,1948) によると、「順徳天皇の健保2年(1214)に(神奈川県)都築郡柿生村王 禅寺(現在、川崎市)の星宿山蓮藏院の再建に際し、材木伐切の時に偶 然山中にて発見せられ」たものとされており、弘化4年(1847)東都花 隠老人編にも柿品に禅寺丸の記載があるとされる。また、恩田・村松(『改 訂増補・実験柿栗栽培法』,1934)によると、徳川氏が幕府を江戸に開い てのち市場に出されるようになり、王禅寺村より多数産出された円形の柿であることから「王禅寺丸」と呼んでいたが、元禄の頃より単に「禅 寺丸」と呼ばれるようになったとされる。晩生の品種であり、果実はや や小さい。果皮色は赤くなる。

IMG_9632IMG_9596IMG_9534IMG_9610IMG_9668IMG_9587

カキノキ科・トヨカ(豊岡)

京都府南部の原産。菊池(1948)によると、当時、200年以上の樹齢 の樹が京都府相楽郡當尾村に多くあったことが記載されている。やや晩 生の品種であり、果実はやや小さい。

IMG_9644IMG_9555IMG_9599IMG_9535IMG_9576

ワリンゴは

江戸時代には中部以北で果樹として栽培されていたが、 西洋リンゴの導入により急速に廃れた。このためかどうかは分からない が、現存する系統で品種名のついているものはなく、由来したとされる 地域名を系統の名としているものが多い。

バラ科・コウサカリンゴ(高坂リンゴ)

長野県北部の飯綱町高坂地区周辺に古くから伝わるワリンゴである。 江戸時代には善光寺でお盆のお供えとして売られていたと伝えられてい る。当時は北信濃一帯の広い地域でワリンゴが栽培されていたとされる が、古木はすべてなくなった。現在地元では挿し木繁殖した個体を村お こし等の活動で多少栽培している。

IMG_9626IMG_9628IMG_9580

リンキ( バラ科)

青森県津軽地方で栽培されていた系統で、「リンキ」とは当地方におけるワリンゴの名称である。中部地方のワリンゴよりもやや果実が小さいのが特徴とされる。

IMG_9539IMG_9622IMG_9633

カガハンザイライ(加賀藩在来)

加賀藩在来 加賀地方でも「加賀リンゴ」という名称でワリンゴが栽培されていた。

特に山本氏の庭にあったと伝えられる「やまもとりんご」という名称の 系統がかつてあったことが知られており,本系統はそれに由来すると思 われる。

IMG_9685IMG_9541IMG_9627IMG_9531IMG_9637IMG_9590IMG_9643IMG_9650

イヌイリンゴ(バラ科)

IMG_9607IMG_9536IMG_9532

ヒメリンゴ(バラ科)

IMG_9618IMG_9612IMG_9645IMG_9563IMG_9715IMG_9690

アクセス図

IMG_8223

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 👟佐倉市岩名運動公園クロスカントリーコースに挑戦しています🏃‍♂️

  • 原子力航空母艦ロナルド・レーガン停泊中の横須賀港にヨリミチ🚣‍♀️

  • 佐倉市民ハイキングで伝統的民俗文化、大蛇の魔除け🐍佐倉市「井野の辻切り」を堪能🐍

  • 🌸河津桜が咲きはじめ、梅林坂の紅白梅も綺麗に咲いている皇居東御苑をヨリミチ‼️

関連記事

  • 印旛沼からナウマン象を発見❗️房総のむらの、風土記の丘資料館によりみち!

  • ❄️❄️大雪の後の皇居東御苑を散策しました⛄️

  • 江戸時代の成田山参拝客と「行徳船」🚤で賑わった行徳をヨリミチ‼️

  • 2017年度、晩秋、佐倉城址公園の紅葉🍁の見納めです👟

  • 佐倉学入門講座、平成29年度「佐倉道を歩く」に初めて参加しました👟

  • 地元、佐倉市出身、浅井忠の佐倉市立美術館🎨収蔵作品展が開催中!よりみちをおススメします!