1. TOP
  2. 国立歴史民俗博物館、第4展示室の「妖怪」「河童」が面白い‼️

国立歴史民俗博物館、第4展示室の「妖怪」「河童」が面白い‼️

IMG_7043

 %e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

久しぶりに地元、佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。常設展も現在リニューアルしていて最中であるが、今回の目的である第4展示室は既にリニューアルが終了していて、見やすくなっていた。第4展示室は、民俗文化の展示になっている。日本の風俗習慣、民俗文化をわかりやすく展示してある。その中で、今回は、妖怪、河童に焦点を当ててみていきたい。

IMG_7679

国立歴史民俗博物館、第4展示室の妖怪・河童に興味を持ちました‼️

列島の民俗文化」のテーマのもと、ユーラシア大陸に寄りそうようにつらなる列島において人びとの生活のなかから生まれ、幾多の変遷を経ながら伝えられてきた民俗文化を展示しているのが、第4展示室です。

IMG_7673

IMG_7018 IMG_7019 IMG_7020 IMG_7021 IMG_7022 IMG_7023 IMG_7024 IMG_7025 IMG_7026 IMG_7027 IMG_7028 IMG_7029 IMG_7030 IMG_7031 IMG_7032 IMG_7033 IMG_7034 IMG_7035

河童の模型

IMG_7036 IMG_7037 IMG_7038 

河童・川太郎図

IMG_7039 IMG_7040

河童

河童(かっぱ)は、日本の妖怪・伝説上の動物、または未確認動物。標準和名の「かっぱ」は、「かわ(川)」に「わらは(童)」の変化形「わっぱ」が複合した「かわわっぱ」が変化したもの。河太郎(かわたろう)とも言う。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。類縁にセコなどがいる。水神、またはその依り代、またはその仮の姿ともいう。鬼、天狗と並んで日本の妖怪の中で最も有名なものの一つとされる。具体例としては各地に残る河童神社、河童塚(鯨塚、道具塚と同じ)がある。

河童
別名: 河太郎
享和元年水戸藩東浜で捕まったとされる河童
概要
種別 未確認生物、妖怪
生息地 川、沼

外見 
妖怪画で知られる鳥山石燕による河童
体格は子供のようで、全身は緑色または赤色。頭頂部に皿があることが多い。皿は円形の平滑な無毛部で、いつも水で濡れており、皿が乾いたり割れたりすると力を失う、または死ぬとされる。口は短い嘴で、背中には亀のような甲羅が、手足には水掻きがあるとする場合が多い。

両腕は体内で繋がっており片方の腕を引っ張るともう片方の腕が縮み、そのまま抜けてしまうこともあるという。中国のサル妖怪「通臂猿猴」の特徴の通臂である。

肛門が3つある。体臭は生臭い。猿やカワウソのような姿とすることもある。

18世紀以前の本草・博物学書上では、河童のイメージは両生類的ではなかった。例えば、文安元年(1444年)に成立した『下学集』には「獺(カワウソ)老いて河童(カワロウ)に成る」とある。また、『日葡辞書』の「カワラゥ」の項では、川に棲む猿に似た獣の一種と説明されている。18世紀半ばに、山がなく猿に馴染みのない江戸の人びとに受容しやすい、カエルやスッポンに似せた両生類的な江戸型の河童のモデルが生まれ、19世紀には出版物を通じて全国に伝播し、置き換えられていった。

亀人形態 
体はウロコで覆われ嘴があり、頭には皿を乗せている。頭の皿が割れると死ぬ、または力を失い衰弱する。背中に甲羅があり手足に水かきがある。爬虫類が原型なのか、絵では手の親指がないことが多い。亀のように四本足で歩く絵も見受けられる。キュウリを好む。

絵に書かれることは多いが、キュウリが好物という以外には具体的に何をしたという特徴もない。一般的な河童の想像図に近い反面、目撃談は意外に少ない。

類人猿形態 
全身が毛に覆われている。口には牙があり、鼻の造形がはっきりしない。頭部にはくぼみがあり、そこに常に水を溜めている。その水が乾くと死ぬ、または衰弱する。手には親指があり、足にはかかとがある。相撲が得意でよく人間の子供と遊ぶ。

存在する河童絵の3割程度は猿型だが、中には背中の甲羅が書かれていないものもある。

北海道のミントゥチが古い伝承しかないのに対し、九州、五島列島、沖縄などでは近世・近代の目撃が非常に多い。

昭和以降の目撃談で、遠目には人間に見えるというのはこの種類と見て間違いない[誰?]。甲羅を紐で結んでいる絵も多く見受けられるので、甲羅様の道具を蓑のように使っている人間であるとも考えられている。ごくまれに甲羅でなく蓑のようなものに背中を覆われている絵もある。

九州では人間の歌や落石、倒木、ダイナマイトの爆破音を真似すると言われる。河童が人間を真似た歌は、節は奇麗だが言葉は不明であったとされている。

IMG_7676

行動 
葛飾北斎による河童
川や沼の中に住む。ただし例外に地行浜(現在、福岡ドームが建っている辺り)の酒飲み河童は、海に住む。泳ぎが得意。

悪戯好きだが悪さをしない妖怪として伝えられる場合もあるが、多くは水辺を通りかかったり、泳いだりしている人を水中に引き込み、おぼれさせたり、「尻子玉」(しりこだま。尻小玉とも書く)を抜いて殺すなどの悪事を働く。抜いた尻子玉は食べたり竜王に税金として納めたりする。尻子玉とはヒトの肛門内にあると想像された架空の臓器で、これを抜かれるとふぬけになると言われている。この伝承は溺死者の肛門括約筋が弛緩した様子があたかも尻からなにかを抜かれたように見えたことに由来するようである(尻子玉は胃や腸などの内臓を意味するという説もある)。人間の肝が好物ともいうが、これも前述と同様の溺死者の姿があたかも内臓を抜き去ったかのように見えたことに由来するといわれる。

相撲が大好きでよく子供を相撲に誘う。相撲に負けた子供は尻子玉を抜かれる。河童は大人よりも力が強いが、仏前に供えた飯を食べた後に闘えば子供でも負けないと言われている。また相撲をとる前にお辞儀をすると河童もお辞儀を返し、それにより頭の皿の水がこぼれてしまうため、力が出せなくなるともいう。河童が相撲を好むのは相撲が元々水神に奉げる行事だったためとも言われる。

好物はキュウリ、魚、果物。これにちなみ、キュウリを巻いた寿司のことを「カッパ巻き」と呼ぶ。キュウリを好むのは、河童が水神の零落した姿であり、キュウリは初なりの野菜として水神信仰の供え物に欠かせなかったことに由来するといわれる[7]。

義理堅く、魚や薬の製法を恩返しとして提供する民話も多く存在する。

鉄、鹿の角、猿を嫌う。潜水時間は河童は12時間だが猿は24時間なので闘うと猿に負けるという民話もある。シダの葉で頭をなでると人間に化けることができるとされる。

起源 
歌川国芳画、多嘉木虎之助。田村川で川虎(河童)を生け捕る図
河童の由来は大まかに西日本と東日本に分けられ、西日本では大陸からの渡来とされるが(河伯信仰を参照)、東日本では安倍晴明の式神、役小角の護法童子、飛騨の匠(左甚五郎とも)が仕事を手伝わせるために作った人形が変じたものとされる。両腕が体内で繋がっている(腕を抜くと反対側の腕も抜けたという話がある)のは人形であったからともされる。大陸渡来の河童は猿猴と呼ばれ、その性質も中国の猴(中国ではニホンザルなど在来種より大きな猿を猴と表記する)に類似する。

河神が秋に山神となるように、河童も一部地域では冬になると山童(やまわろ)になると言われる。大分県では、秋に河童が山に入ってセコとなり、和歌山県では、ケシャンボになる。いずれも山童、即ち山の神の使いである。また、河童は龍などと同じ水神ともいわれる。山の精霊とも言われる座敷童子などと同様に、河童も一部の子供にしか見えなかったという談がある。

河童は、間引きされた子供の遺体が河原にさらされている姿との説もある。江戸時代には間引きは頻繁に行われており、他の子供に間引きを悟られないよう大人が作った嘘とも言われている。

頭の皿については、民俗学者の折口信夫が『河童の話』で興味深い指摘をしている。皿などは食物を載せるための物で、つまりは生命力の象徴である。これに関しては椀貸し淵の伝承が興味深い。膳椀何人前と書いた紙を塚・洞・淵などに投げ込んでおくと翌日には木具が揃えてあった。だがある時借りた数を返さなかった日から貸してくれなくなった、というようなものである。貸し主ははっきりしないのが多く、龍宮・河童というのもあるが狐という所もある。ただ類似の説話に川上から箸や椀が流れてきたという隠れ里にまつわる話やそれに関する迷い家(マヨヒガ)のケセネギツ(米櫃)、淵に薪などを投げ込むと恩返しで富貴になる話などがあり、これらのことからは椀類が生命力から富の象徴になったこと、椀が水と縁の浅からぬ物であることが分かる。

また折口は、壱岐の殿川屋敷で女が井戸に飛び込み、底に椀が沈んでいるという話も紹介した。これについては古くから水の神に捧げる嫁あるいは生け贄や、水に関わる土木工事での女の人柱が多く伝承されていることを挙げ、平戸に伝わる女河童の例で、ある侍屋敷に下女がいて皿を一枚落として割ったので主人が刀で斬りつけると海に逃げ、その姿を見れば河童であったという話を引いている。

『西遊記』に登場する沙悟浄は、日本ではしばしば河童に似た姿で描かれる。これは日本独自の翻案であり、原典においてはそのような設定はない。詳細は沙悟浄#日本の沙悟浄を参照。

また江戸時代にはカッパに関する専門書も発行されていた。古賀侗庵が1820年(文政3年)にまとめた資料集『水虎考略』や、『水虎十二品之図』坂本浩然・坂本純沢編(刊年不明)などが知られている。

IMG_8189

現在の河童 
現在の日本でも極たまに目撃談があり、ツチノコと並んで日本を代表する未確認生物とも言える。

また、その類の生物としては珍しく、愛くるしい姿で描かれることが多い。水辺に住んでいると伝えられるためか、河川や湖沼の水質汚染防止及び環境保護のマスコットキャラクターにされることが多い。

未確認生物ではあるが、動物の集団の仲間に入れられることもある(十二支の竜と同様)。

各地の伝承 

九州の河童伝説 
九州には九千坊と呼ばれる河童の元締めにまつわる伝説がある。九千坊は九千匹の子分を持ち、球磨川・筑後川を本拠として西海道一円の河童を束ねているという。九千坊の悪さに怒った加藤清正が、九州中のサルを集めて退治したという伝説もある。
壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武士たちは散り散りになって九州に逃れた後、源氏の追っ手に次々と打たれ死んでいったのだが、その打ち滅ぼされた平家の落人の霊魂は河童となり、九州各地で田畑を荒らし、人民牛馬を川に引きずり込むなどの悪戯を働いたとされる。
豊前 
大分県の中津市耶馬溪町に鎮座する雲八幡宮では、古くから「河童楽」という河童封じの神事(通称:河童まつり)が行われている。それは河童を中央に囲み、楽を奏し、唐団扇(とううちわ)と言われる大きな団扇で仰ぐことにより荒ぶる河童の霊魂を鎮めるというもので、その後は河童の神通力によって村の平和は守られたと言い伝えられている。筑後国に伝授されたものと河童楽由来記は伝えるがいつ頃から始まったのか定かでなく、筑後にもその伝承が残っていない。現在、大分県無形民俗文化財として指定されており、少なくとも江戸中期ごろかそれ以前より毎年夏の例大祭に奉納されている。

筑後 
福岡県の筑後川付近には「河童と地元民とのもめごと」や「河童族同士の戦争」の伝説や「河童にちなんだ地名」など比較的年代が明確ではっきりした記録が数多く残っている。

「水に入る前にはタケノコを食べる」「水に入る前には仏前飯を食べる」「水に入る前には水天宮の申し子だと唱える」といった河童除けの風習は久留米市の水天宮付近が起源とされる。毎年8月には、水の祭典という祭りが行われる。これは、元々河童をあがめるために始まった祭りである。

うきは市吉井町から久留米市旧田主丸町にかけて流れる巨瀬川流域には河童がいたと言い伝えられている。巨瀬川の脇にある高橋神社においては、昔から毎年9月には“かっぱ相撲”が行われ、昔は大人の草相撲であったが、最近は近隣の幼稚園児から小中学生による相撲で、背中にかっぱの甲羅を描き相撲を取る。

牛久沼と小川芋銭 
茨城県の牛久沼には、「悪さをする河童を捕まえ松の木にくくりつけたが、改心したので逃がしてやると、河童が草刈りをしてくれた」、「河童の手を拾って河童に返したところ、河童が万能の膏薬の作り方を教えてくれた」など、河童にまつわる伝説が多く残っている。

生涯のほとんどを牛久沼のほとりで暮らした日本画家の小川芋銭は、河童を好み多数の河童の絵を残したことから『河童の芋銭』として知られている。晩年には画集『河童百図(1938年)』を出版している。

また、地域により細部の違いがあるが愛媛県西予市の若宮神社や岐阜県飛騨地方でも、悪さをした河童を許したり河童の腕や手を拾って返すと人助けしてくれたなどの河童の恩返し伝説が伝わる。

神奈川 
神奈川県の茅ヶ崎市には河童を助けた五郎兵衛に、お礼に徳利を持ってきたという伝説があり、徳利も静岡県に子孫が保有している。(河童徳利伝説)

また他にも目久尻川では、古くからの言い伝えとして「川沿いの畑を荒していた河童をとらえた農民たちが、怒りのあまり目玉をくりぬいてその血とともに川に流した」とされている。(名前の由来にもなっている) 実際川沿いのとある場所には河童の像が設置してあり、地域住民によって祀られている。

広島 
広島市の猿猴川(えんこうがわ)には、その名前の由来となっている「猿猴(えんこう)」という生物の伝承がある。この猿猴は、伝承での形容から河童の一種であると考えられている。詳しくは「猿猴」の項を参照のこと。

長野 
千曲川の河童を佐久の今岡地区の人が捕まえ、臼に縛って魚を食べさせ飼っていた。ある夜河童が夢枕に立って「屋敷にゴボウの種を絶やさないようにするから助けてくれ」と頼むので放してやった。それから後は屋敷にゴボウが絶えないという。
北佐久郡立科町・長和町には河太郎という名の河童にまつわる伝説がある(女神湖・夜の池を参照)。
実在性 

河童のミイラ 
現在河童のミイラや河童の骨などと呼ばれるものは、多くは江戸時代のミイラ造形師が他の動物の部品を組み合わせて作った物である。好んで用いられたのはエイと猿、また、フクロウの頭部を使ったものもある。また河童の手首のミイラと呼ばれるもののほとんどはニホンカワウソのものである。

福岡県の北野天満宮には「河伯(かはく)の手」と呼ばれる河童の手のミイラがあり、901年に菅原道真が筑後川で暗殺されそうになった際、河童の大将が彼を救おうとして手を切り落とされた、もしくは道真の馬を川へ引きずり込もうとした河童の手を道真が切り落としたものとされる。

また、佐賀県伊万里市山代町の松浦一酒造には河童全身のミイラが祀られており、地元では「河童の酒蔵」として有名である。

未確認動物としての河童 

童は未確認動物であるという考え方もある。この視点で見る河童には人間や猿と酷似する種類(哺乳類)と巨大な蛙のような種類(両生類或いは爬虫類)などが存在するらしく、どの種類も背丈は30センチメートルから150センチメートル程度であり、成人した人間を超えることはない。河童の伝承の数だけ全く異なる未知の水棲生物が存在していた可能性も捨てきれない。

また爬虫類形態は昭和頃の目撃例では皿や甲羅がない個体が多く、宇宙人の典型的外形となったグレイと酷似するため、目撃者がグレイと誤認したのではないかと見られる事例が「新耳袋」に掲載されている。河童はアメリカのドーバーデーモンや蛙男、チュパカブラ、またアクア説の渚原人とも特徴が類似している。

なお、人間の尻小玉を抜いたり、牛馬を狂わせたりするといわれるような行動についてはUMAでいう河童では分かっていない。茨城県牛久市では河童の目撃情報があり、警察が駆けつけると水銀を含んだ河童の足跡と見られるものが残っていた。江戸時代の書記などにも目撃談が記されている。

その他、上岡龍太郎は自身の著書『龍太郎歴史巷談』において「河童の正体は弾圧から身を隠し、暗闇の中で水浴びをしていたキリシタンである」と推理しており、定説ではないものの実在の可能性の有無からキリシタン弾圧といった当時の時代背景、さらには容姿や共通する言葉も交えながら説得力ある切り口で持論を展開している。

正体 

河童の正体は、水死体であると推定されることが多い。水死体は、皮膚は緑色をしており、頭髪がすり減っており(川底との摩耗のせい)、肛門は拡大している。これらの点は、体色が緑で、頭部がハゲで(皿がある)、尻子玉を抜かれた、という河童の特徴に合致する。水死体は体がガスで膨張していることもあり、これが河童の甲羅に見誤られた可能性もある。また、すっぽんの姿に似ていることから、すっぽんを見間違えた可能性も指摘されている。

また、水死体が浮かぶようなところは子供には危険なので、「そこでは妖怪が出るので近づくな」と子供たちに警告するために、妖怪だという言い伝えができた、という推定もある。

IMG_8187

河童にまつわる言葉 

河童の川流れ
河童は泳ぎが得意であることから、物事に長けている人でも失敗することがあるという意。
河童の木登り
苦手なこと、不得意なことをする例え。
屁の河童
河童はいつも水の中にいるため、屁をしてもあまり勢いがないことから、「取るに足りないこと」を「河童の屁」と呼ぶようになり、後に語順が現在の様に変わった(「木っ端の火」から来たという説もある)。
陸(おか)へ上がった河童
河童は水中では能力を十分発揮できるが、陸に上がると力がなくなるとされるところから、力のある者が環境が一変するとまったく無力になってしまうことのたとえ。
カッパ巻き
河童がキュウリを好むことから巻き寿司のキュウリ巻きをカッパ巻きと呼ぶ。
河童忌
小説家芥川龍之介の忌日7月24日。死の直前の代表作『河童』にちなむ。
河童の妙薬
河童が製法を教えたと伝承されている由来を持つ民間薬・家伝薬のこと。
雨具の合羽(かっぱ)はポルトガル語の capa(カパ)に由来し河童とは無関係である。ただし河童を合羽と書くことはある。

河童を題材とした作品等 
鳥取県境港市・水木しげるロードに設置されている「河童」のブロンズ像。
文学 
芥川龍之介『河童』(1927)
草野心平「河童と蛙」(1938) – 詩。
火野葦平「石と釘」(1940) 他 – 短編集『河童曼陀羅』(1957) にまとめられた。
南條範夫「水妖記」(1953) – 短編集『燈台鬼』収録。
今日泊亜蘭「河太郎帰化」(1958) – 短編集『まぼろし綺譚』収録。
説話集 編集
柳田國男『遠野物語』(1910)『遠野物語拾遺』(1935) – 55-59(遠野物語)、178(拾遺)
漫画 編集
清水崑『かっぱ天国』(1953–) – 「黄桜」CMのキャラクター原案。
水木しげる『河童の三平』(1961–)
吉田戦車『伝染るんです。』(1989–) – かっぱ君
花輪和一『天水』(1992–)
石川優吾『カッパの飼い方』(2003–)
つの丸『岸辺のサブロー』(2004–)
御童カズヒコ『ま、いっか~カッパ君 それなりの日常~』(2006–)
鈴菌カリオ『Sillyなコダマ!!』(2008–)
唐沢なをき『唐沢なをきの幻獣事典』
テレビ番組 編集
『ママとあそぼうピンポンパン』マスコットキャラクターの「カータン」
『ウルトラセブン』41話「水中からの挑戦」(1968) – 水棲怪人テペト星人、カッパ怪獣テペト
『河童の三平 妖怪大作戦』(東映、1968–1969) – 『河童の三平』の特撮ドラマ化。
『ウルトラマンA』19話『河童屋敷の謎』(1972) – 河童超獣キングカッパー
「キカイダー01」(1973) – 地獄河童 / 水爆河童
『まんが日本昔ばなし』「河童のくれた妙薬」(1976)「河童の雨乞い」(1976)「かっぱの淵」(1977)「馬の毛をぬくカッパ」(1978)「砂子多の河童」(1978)「かっぱとひょうたん」(1980)「媛女渕の河童」(1981)「ねねこ河童」(1982)「かっぱ地蔵」(1984) 「釣川の長太郎河童」(1986)「カッパのわび状」(1988)「かっぱのかめ」(1989)「禅師河童」(1989)「酒を買いに来た河童」(1991)「市右衛門と河童」(1991)「かっぱにもらった宝物」(1992)「カワランベー」(1993)「尻ぬき河童」(1994)
『タイムボカン』(1976)メカカッパ
『電波少年に毛が生えた 最後の聖戦』 (2002–2003) – 岩手県で河童に扮装した芸人が人知れずに生活する企画を行い岩手県内やスポーツ紙などで騒動となった。
『かっぱまき』(2003)
『マルモのおきて スペシャル』(2011) 河童がストーリーで登場した。
『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】』(2013)
『仮面ライダー (スカイライダー)』(1979)オカッパ法師
『大戦隊ゴーグルファイブ』(1982) カッパモズー、カッパコング
『忍者戦隊カクレンジャー』(1994) カッパ
『ビーファイターカブト』(1996)20話「河童訪ねて三千里!!」カッパラパ
『仮面ライダー響鬼』(2005) 魔化魍カッパ
『天装戦隊ゴセイジャー』(2010) 河童のギエム郎
『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015)妖怪カッパ

 

IMG_7041 IMG_7042 IMG_7043 IMG_7044 IMG_7045 IMG_7046 IMG_7047 IMG_7048 IMG_7049 IMG_7051 IMG_7052 IMG_7053 IMG_7054 IMG_7055 IMG_7056 IMG_7057 IMG_7058 IMG_7059 IMG_7060 IMG_7061 IMG_7062 IMG_7063 IMG_7064 IMG_7065 IMG_7066 IMG_7067 IMG_7068 IMG_7069 IMG_7070 IMG_7071 IMG_7072 IMG_7073 IMG_7074 IMG_7075 IMG_7076 IMG_7077 IMG_7078 IMG_7079 IMG_7080 IMG_7081 IMG_7082 IMG_7083 IMG_7084 IMG_7085 IMG_7086 IMG_7087

アクセス図

image

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

IMG_7043

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 122A2169-5B10-4655-BD89-B87A2B136010

    佐倉市立美術館の「自転車の世紀」展🚴‍♀️開催中🖼ヨリミチしました‼️

  • BC87EF32-3E1C-4651-A9D8-91C7C9017E1D

    錦秋の皇居東御苑と皇居周辺をヨリミチ🍁

  • FC0C141D-13E3-4197-BC42-1068D8079AF4

    初めて「NHKスタジオパーク」を見学❗️ニュース制作体験もしました‼️

  • 3A096C8C-F146-4658-A075-937140544FB2

    秋色🍁に輝く都立上野動物園を、15年振りにヨリミチ🐼

関連記事

  • IMG_0888

    ひたち海浜公園💠丘一面に広がる青の世界💠ネモフィラに感激‼️

  • IMG_6134

    LCCで成田空港から関空へ、大阪みどりの100選、泉南の金熊寺(きんゆうじ)と信達神社に日帰りの旅!

  • 9384A8F4-87EF-4FEA-9203-9948C5D7FD34

    歴博付属くらしの植物苑「トリカブトの花」が咲き出しました💠

  • img_4310

    皇居東御苑の新公開、富士見櫓、富士見多聞と晩秋の紅葉によりみち!

  • img_5235

    江戸時代の大名庭園、五代将軍綱吉も愛した、六義園の紅葉をよりみち!

  • IMG_5502

    👟風情ある石畳・坂と横丁の街!神楽坂をよりみち🌺