1. TOP
  2. 🌻ジョイフル本田千葉ニュータウン店ガーデンセンター草花写真集📷

🌻ジョイフル本田千葉ニュータウン店ガーデンセンター草花写真集📷

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

自宅から車🚗で20分走らせると千葉県印西市にジョイフル本田がある。広大な敷地に映画館、ジム他あらゆるものが設置されている。なかでも園芸売場の広さも半端でない広さだ。この園芸用スペースに私も見た事な い草花が置いてある事が多くあり、たまに行っている。今回、綺麗な草花を中心に写真集としてブログアップしたいと思った🌺

ジョイフル本田千葉ニュータウン店、ガーデンセンターで夏の花を激写しました🌻

IMG_5619

トルコキキョウ

トルコキキョウの花言葉とは?品種や開花時期、見頃の季節は?

トルコキキョウは、名前を聞いて花を思い出す方よりも、花束を見て思い出す方が多い植物といえるほど、結婚式のブーケやフラワーアレジメントによく利用されている花です。どうしてこれほどまでに花束やアレンジメントに使われるかというのは、その花言葉に由来しているんですよ。今回はトルコキキョウについて、花言葉や名前の由来、原産国、見頃の時期、種類や品種などをまとめました。

トルコキキョウの花言葉!花束におすすめの白・紫・ピンクの花言葉は?

『優美』『すがすがしい美しさ』『希望』『良い語らい』『思いやり』『あなたを思う』

● 色別の花言葉
白色:良い語らい/希望/思いやり/すがすがしい美しさ
濃紫色:希望う
ピンク色:優美

すっとまっすぐに伸びた茎と、ドレスのスカートのように広がる花びらの様子から「優美」「すがすがしい美しさ」といった花言葉がつきました。また、口が開いたように花元から段々と開く花姿と、属名のユーストマがギリシャ語で「良い:eu」、「口:stoma」という意味をしていることが語源となって「良い語らい」という花言葉をもつようになったとされています。全体的に優しくポジティブな花言葉が多いことから、男性が恋人や奥様にプレゼントする花としてよく利用されています。

トルコキキョウの学名・原産国・英語

トルコキキョウ 複色
学名 Eustoma grandiflorum
科・属名 リンドウ科ユーストマ属
英名 Eustoma
Texas bluebell
Tulip gentian
Prairie gentian
原産地 北アメリカ
開花期 5~9月
花の色 赤、白、ピンク、濃紫、薄紫、緑、黄、青、アンティーク
別名 ユーストマ
エウストマ
リシアンサス 
トルコ桔梗


トルコキキョウとは?どんな花を咲かせる植物?

トルコキキョウ 紫
「トルコキキョウ」という名前ですが、原産国はトルコではありません。また、キキョウの仲間でもありません。トルコについては、花やつぼみの形がトルコ人のターバンを連想させることに由来しています。キキョウについては、一重咲きの花の形がキキョウに似ていることや、原種の青色の花びらがトルコ石を連想させることに由来したといわれています。

実際の原産国はアメリカで、19世紀にイギリスに持ち込まれ、日本へは1930年台に持ち込まれたとされています。そして第二次世界大戦が終わった頃、他国のトルコキキョウは戦争の影響でほぼ絶えてしまったのに対して、日本では1960年台に品種改良が盛んに行われるようになりました。現在は、流通しているほとんどの品種は日本原産となっています。

トルコキキョウっはウエディングブーケにも使われる?

トルコキキョウ 花束
トルコキキョウはもともと青色で一重咲きの花でした。現在では品種改良が進み、たくさんの色や花形が研究され、約300の園芸品種があるといわれています。優しく上品な印象を与える花びらで、八重咲きや半八重咲きのものがあります。また、カラーバリエーションが増えたことや切り花にしても花が長もちする性質から、花束やアレンジメント、ウエディングブーケにもよく使われる人気の花です。

トルコキキョウの開花時期や見頃の季節

トルコキキョウ 白
トルコキキョウは、寒冷地では8~9月、温暖地では5~8月頃に開花します。品種による開花時期の違いはありますが、暖かい気候になると花を咲かせる性質のため、基本的には春から夏の季節が見頃です。

トルコキキョウの種類と品種

トルコキキョウには、約300種以上の園芸品種があります。今回はいくつか代表的な品種をご紹介します。

トルコキキョウ エクローサグリーン

切り花用に品種改良されたエクローサシリーズの品種です。八重咲きで、さわやかな薄緑色の花を咲かせます。

あずまの薫(かおり)

㈱サカタのタネが開発した、ピンク色の花びらをした大輪一重咲き品種です。草丈が75~85cm程度まで育ち、寒い地域でも育つ強いタイプです。

ユーストマ ホライズン ライラックホライズン

草丈が15cm程度と低く、薄紫色の花びらを咲かせます。鉢植えで育てやすいように開発され、植物成長抑制剤を必要としません。

トルコキキョウ セレブピンク

大輪系のフリンジ咲きで、薄いピンク色の花びらをした品種です。花もちがいいので切り花にしやすく、花束やフラワーアレンジメント、ブーケによく利用されています。

トルコキキョウ エグゼラベンダー

まるでカーネーションのような豪華な八重フリル咲きが特徴的な品種です。ラベンダー色の鮮やかな花色なので、一輪でも存在感がありますよ。

IMG_4879 IMG_4880 IMG_4881 IMG_4882

洋ラン

洋ラン(ようラン)は、鑑賞目的で栽培される、主として熱帯起源のラン科植物及びその交配品種のこと。その趣味が欧米経由で日本に入ったことから、この名がある。おおむね、大輪で派手な花をもってよしとする。

IMG_4883 IMG_4887

洋ラン概要

ラン科の植物は花の美しいものが多く、特に熱帯域ではその種類も多く、美麗なものや不思議な形のものが多数知られている。それらを園芸の立場から洋ランという。野生から採集したものの他、交配などの品種改良も多く行われ、おびただしい数の品種が作られている。ラン科では属間雑種が出来る例も多いことから、人為的な属も多い。ただ、そのような採取のために野生種が絶滅に瀕する例もあったことから、現在では採集に制限がかけられるなどの保護策が講じられている。

栽培は普通は温室で行われるが、熱帯域では屋外で栽培される例も多いし、温帯であっても耐寒性の強い種は野外で維持できる例もあり、必ずしも温室は必須ではない。日本では、むしろ夏の暑さを避ける必要がある例もある。いずれにせよ、ラン科は特殊な菌根を持つこと、着生植物が多いことなど一般的な園芸植物とは違う面が多く、栽培には特殊な素材や鉢を用いるなど、独特な面が多い。

IMG_6311

ヨーロッパにおけるラン栽培は、ほぼ18世紀に始まった。当時は温室などが普及しておらず、それを手にするものは少なかったが、やがて栽培技術の向上とともに広く親しまれるようになった。世界各地の熱帯から、新しい種が導入されるとともに、交配によって多くの園芸品種が作られた。19世紀にはアメリカにも導入され、ハワイで洋ラン栽培が一つの産業として定着するに至った。現在では、熱帯の各国で生産が行われている。

その後メリクロン法などの大量増殖の開発、密閉性がよく家庭内暖房の効いた住宅の普及、無菌播種法による交配、品種改良の効率化などによって一般にも広まり、庶民にも普及した一つの園芸のジャンルとして定着している。洋ラン趣味は、元来は栽培をして花を咲かせて楽しむ、と言うものであったが、栽培と繁殖の技術の向上によって安定的な供給が可能となり、開花株や、あるいは切り花の生産販売が産業として成立するようになった。

なお、中国でははるかに古い時代から士大夫など教養人の高尚な趣味として、温帯地上性の小型のシンビディウム属のラン科植物を栽培することが行われ、突然変異個体の選抜による様々な品種が栽培されていた。それらは日本にも伝えられ、中国伝来及び日本に自生するシュンランやカンランのような温帯性シンビディウム属のランに加え、フウランの変異個体の品種群である富貴蘭、及びセッコクの変異個体の品種群である長生蘭とともに東洋ランという違ったジャンルを形成している。なお、近年ではこれらをも洋ランの中に取り込むような動きもある。

IMG_4888 IMG_4889 IMG_4890 IMG_4891 IMG_4892 IMG_4894 IMG_4895 IMG_4896 IMG_4897 IMG_4898 IMG_4899 IMG_4900 IMG_4901 IMG_4902 IMG_4903 IMG_4904

フロックス(おいらんそう)

フロックスの仲間は、北米を中心に67種が分布するハナシノブ科の多年草、または一年草です。
その中で一般的に宿根フロックスとして流通しているのは、北アメリカ原産の多年草、フロックス・パニキュラータ種(Phlox paniculata)です。
パニキュラータ種は、東部および中央アメリカ、カナダ東部に分布しており、雑木林や森林、道端や牧草地などに自生しています。
美しい花を咲かせることから多くの地域で栽培されており、現在では逸失したものがアメリカ大陸の多くの地域で帰化しています。
日本への渡来時期の詳細は不明ですが、江戸時代の書物に登場することから、栽培の歴史は古い植物と言えます。

宿根フロックスの花期は6月~9月。
花期になると直立した茎の頂部に、円錐状、あるいは筒状の花序を形成し、花径2~3㎝程度の花をまとまって多数咲かせます。
花は細く長い花筒の先が5裂した筒状花で、キョウチクトウに似ており、花序は大きく華やかです。
花色は白、ピンク、赤、赤紫、複色など。
花後に切り戻すと、再び花を咲かせます。
花が少ない真夏の時期に長期間花を咲かせる、夏花壇の定番植物です。

IMG_4905 IMG_4906 IMG_4907

8月24日の誕生花

8月24日の誕生花は、「オイランソウ(花魁草)」です。

オイランソウは、アメリカのニューヨークからジョージアといった北アメリカ原産の多年草です。オイランソウは、別名「宿根フロックス」としても流通していて、宿根草なので冬に枯れても、根が元気であれば春に芽吹きます。花期は6月から9月で、赤、紅紫、ピンク、白といった花が咲きます。

オイランソウ(花魁草)について

科・属 ハナシノブ科 フロックス属
英名 Garden Phlox
学名 Phlox paniculata
原産地 北アメリカ
開花時期 6月~9月
花名の由来

明治時代に日本へ入ってきており、華やかに咲く様子を花魁(おいらん)の姿や、花の香りが花魁の白粉を思わせることから、オイランソウと呼ばれています。学名ではフロックス・パニキュラータとなり、フロックスは、ギリシャ語で「炎」の意味があり、花が燃えているように咲くことから、パニキュラータは「円錐形の」という意味でその花がピラミッドのように並ぶことからその名前がつきました。

オイランソウ(花魁草)の花言葉と由来

オイランソウ(花魁草)の花言葉は、「同意」「温和」「協調」。

花は色鮮やかにたくさんつけながらも、田園風景などの広々した場所で風になびき、周囲の緑や花となじむ姿は、「同意」「温和」「協調」といった花言葉にぴったりで、優しい雰囲気を感じます。

オイランソウの仲間

オイランソウは、ハナシノブ科 フロックス(クサキョウチクトウ)属に分類され、同じフロックス属にはよく知られた芝桜があります。オイランソウの場合、60~120cmくらいになる草丈が高いものが多いので、芝桜(スブラタ種)のような草丈が低く、グラウンドカバーになるような種と同じ仲間っていうのも、意外です。

このほか、一年草で背の低いドゥラモンディ種もなど、50~70種もあるといわれています。

芝桜の花をよーく見てみると、オイランソウの花に似ています。

IMG_4908 IMG_4909 IMG_4910 IMG_4912 IMG_4914 IMG_4916 IMG_4917 IMG_4918 IMG_4919 IMG_4920 IMG_4921 IMG_4922 IMG_4923 IMG_4924

ブラックベリーとは

特徴

ブラックベリーはほとんど無農薬でつくれ、スペースさえあれば楽しめます。多くはとげがありますが、ない品種もあります。果実は酸味の強いものと、比較的少なく生食に向くものとがあります。いずれもジャムなどへの加工には最適です。ブラックベリーは、大きく立ち性とつる性に分けられ、後者はデューベリーとも呼ばれています。また、ラズベリーとの交雑種もあり、これらも収穫のとき、果実が果托ごと取れるタイプはブラックベリーに分類されます。なお、果色は黒だけでなく、赤色のものもあります。

基本データ

園芸分類 果樹

形態 低木,つる植物 原産地 ―

草丈/樹高 1.5~3m 収穫期 6月下旬~8月中旬

受粉樹 不要 栽培難易度(1~5)

耐寒性 強い(ラズベリーと比較すると弱く、北海道では無理) 耐暑性 強い

特性・用途 落葉性,つる性,耐寒性が強い,生け垣向き,初心者でも育てやすい

 

種類(原種、園芸品種)

ボイセンベリー
ローガンベリー、ラズベリー、ブラックベリーの交雑種。つる性で、とげなしととげありがある。果実は比較的酸味が少なく、品質はよい。
ボイセンベリー
‘ソーンフリー’
半直立性、とげなし。酸味はやや強いが、きわめて豊産性。熟期は7月中旬から8月中旬。

‘アパッチ’
直立性、とげなし。果実の大きさは8〜10gで、熟期は7月上旬から8月中旬。生食が主、加工にも。

‘ウォッシュタ’
直立性、とげなし。果実の大きさ6.5gぐらい、熟期は7月上旬から8月上旬。生食が主だが、加工にも向く。

‘カイオワ’
直立性、とげあり。果実の大きさは10gを超えるものがあり、最大級。熟期は6月下旬から8月上旬。生食または加工用。

‘プライム・ジム’
直立性、とげあり。果実の大きさは4〜5g。二季なりタイプで熟期は、初夏なりは6月中旬から7月中旬、秋なりは9月上旬から11月中旬。

‘プライム・ジャン’
直立性、とげあり。果実の大きさは5〜6g、二季なりタイプで熟期は、初夏なりは6月中旬から7月中旬、秋なりは9月上旬から11月中旬。

タイベリー・メジナ
ラズベリーとブラックベリーの交雑種。果実は濃赤紫色で大きく、甘みと酸みが調和して食味がよい。熟期は6月から7月。

IMG_4925 IMG_4926 IMG_4927 IMG_4928 IMG_4929 IMG_4932 IMG_4933 IMG_4935 IMG_4936 IMG_4937 IMG_4938

アクセス

ジョイフル本田千葉ニュータウン店
営業時間 AM9:00-PM8:00
TEL 0476-47-0118
FAX 0476-47-0118
住所 〒270-1331
千葉県印西市牧の原2-1
ジョイフル本田千葉ニュータウン店2F
アクセス 「北総公団線印西牧の原駅」徒歩20分

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 国指定名勝の旧古河庭園、春のバラフェスティバル開催中🌹

  • 東京港を巡るガイド付き無料🆗の視察船「新東京丸」クルージングは超穴場🚤

  • 今年は、戊辰戦争(1868)から150年❗️歴博「錦絵で語る」特別展示開催中❣️

  • 徳川8代将軍 家光は、浜御殿(浜離宮)で象を飼っていた時があった🐘

関連記事

  • 平成29年の入苑最終日に、冬枯れの「皇居東御苑」をヨリミチ🏵

  • 江戸時代から続く「佐倉の秋祭り」🌾伝統「横町の山車」の曳き廻しに参加🏮

  • 🌷色彩の素晴らしさ!うつくしさ、かわいさに感動!国営昭和記念公園のチューリップガ―デン🌷によりみち🌷

  • 築地市場が混雑の時は、静寂の「築地本願寺」参拝をオススメします🆗

  • 昔、子供の通った通学路を歩いてみた!道ばたの畑に、ねぎ、ダイコン、白菜!もうスイセンも咲いていた!

  • 北鎌倉、明月院ブルーのアジサイが咲き出した「あじさい寺」によりみちしました❀