1. TOP
  2. もう秋の七草咲く🌿箱根仙石原♨︎箱根湿生花園によりみち🌺

もう秋の七草咲く🌿箱根仙石原♨︎箱根湿生花園によりみち🌺

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

今年初めての、箱根湿生花園に行った。早春の3月下旬の開園時期に何年か前に、水芭蕉を見に行ったことがあった。尾瀬等を除き本邦で一番早く水芭蕉が咲くのが、ここ箱根湿生花園である。ここへ来ると 珍しい植物と出会いがあるのでうれしい。今回は、箱根湿生花園のボランティアガイドの解説で園内を回った。丁寧な細かい説明を受けて非常に為になった。ぜひ、よりみちをオススメします🌺

Contents

今回は、箱根湿生花園ボランティアガイドと回りました🌼

IMG_4096

ヘメロカリス

学名:Hemerocallis
その他の名前:デイリリー
科名 / 属名:ワスレグサ科 / ワスレグサ属(ヘメロカリス属)

特徴

ヘメロカリスは初夏から夏にかけて次々と花を咲かせる多年草で、日本にはニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウが自生し、古くから親しまれています。暑さ寒さに強いうえ、土壌もあまり選ばず、植えっぱなしでよく育ちます。
「デイリリー」の英名どおり、花は一日花ですが、1本の花茎にたくさんの花を咲かせ、何本も立ち上がるので、長期間花が楽しめます。開花盛期は主に6月から7月ですが、5月から咲く早生品種から8月に咲く晩生品種まであります。園芸品種は2万以上あるといわれ、花色、花形、草姿などさまざまです。午前中の花が美しいです。

※科名:ユリ科で分類される場合もあります。
基本データ
園芸分類 草花

形態 多年草 原産地 アジア東部

草丈/樹高 30~150cm 開花期 5月中旬~8月

花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,複色 栽培難易度(1~5)

耐寒性 強い 耐暑性 強い

特性・用途 開花期が長い,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい

IMG_4097 IMG_4098

ポンテデリア

IMG_4099 IMG_4100 IMG_4101  IMG_4103 IMG_4104 IMG_4105

合歓の木の花

IMG_4106 IMG_4107

アミメヘイジソウ

IMG_4108 IMG_4109 IMG_4110

コバギボウシ

IMG_4111 IMG_4112 IMG_4113 IMG_4114

ヤブレガサ(破れ傘)

ヤブレガサの基本情報
学名:Syneilesis palmata
和名:ヤブレガサ(破れ傘)  その他の名前:カラカサグサ
科名 / 属名:キク科 / ヤブレガサ属

特徴

ヤブレガサは主に、落葉広葉樹林内のやや乾いた場所や斜面に見られる多年草です。早春に出る芽は、若葉が綿毛に覆われて愛らしく、名前のとおり、破れた傘のような形です。
芽は、開花しないものは葉が1枚出るだけですが、開花する芽は2枚の葉をつけます。茎はまっすぐに伸び、初夏になると、先端に花径1cm弱の白っぽい花をまばらにつけます。
ヤブレガサは花はあまり見栄えがしませんが、2月から3月に出る新芽が人気の野草です。斑入り品種は、3月から10月にかけて葉も楽しめます。同じような傘を思わせる芽が楽しいものに、タイミンガサ(Parasenecio peltifolius)、モミジガサ(P. delphiniifolius)などがあります。
基本データ
園芸分類 山野草,草花

形態 多年草 原産地 日本列島

草丈/樹高 30~100cm 開花期 7月~10月

花色 白 栽培難易度(1~5)

耐寒性 強い 耐暑性 強い

特性・用途 落葉性,日陰向き,初心者でも育てやすい

IMG_4115 IMG_4116

ヒメノガリヤス

IMG_4117

IMG_4118

ヤドリギ(寄生木)

ヤドリギ科の常緑小低木。ホヤ(寄生)、トビヅタ(飛蔦)ともいう。ケヤキ、エノキ、サクラ、ミズナラその他の落葉広葉樹の樹上に寄生し、このためヤドリギの名がある。よく枝分れして径40~60センチメートルの球形になる。枝は緑色で二又から三又状に多数分枝し、関節があり、乾くとばらばらになる。葉は枝先に対生し、柄がなく、倒披針(とうひしん)形で長さ3~6センチメートル。先はやや丸く、革質で厚く、濃緑色で光沢がない。雌雄異株。2~3月、枝先の葉の間に淡黄色の小花を通常3個ずつ頂生して開く。花被(かひ)は鐘形で4裂し、質が厚い。雄花の雄しべは花糸がなく、葯(やく)は花被裂片につく。雌花には雌しべが1本ある。果実は球形、径約6ミリメートルの液果で、淡黄色の半透明に熟す。果肉は粘りが強く、鳥類によって他樹に運ばれ、粘着して発芽する。北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。
 変種のアカミヤドリギは果実が橙黄(とうこう)色に熟し、母種のセイヨウヤドリギはヤドリギに似るが、果実は白く熟す。セイヨウヤドリギはヨーロッパからアジア北西部に分布し、ヨーロッパブナ、ポプラなどのほか、果樹のリンゴにも寄生して被害を与える。イギリスではクリスマスのときに果実のついた枝葉を飾りに使う。
 なお、ヤドリギに似た生態を示すもので日本に自生するヤドリギ科植物には、ほかにオオバヤドリギ、マツグミ、ホザキヤドリギ、ヒノキバヤドリギがある。
文化史
落葉した木に着生し常緑を保つヤドリギは、古代の人々にとって驚きであったとみえ、ヨーロッパ各国でセイヨウヤドリギの土着信仰が生じ、儀式に使われた。その諸例はフレーザーの『金枝篇(きんしへん)』で取り上げられている。古代ケルト人のドルイド教では年初の月齢6日の夜、ヨーロッパナラに着生したセイヨウヤドリギを切り落とす神事があった。北欧では冬至の火祭りに光の神バルデルの人形とセイヨウヤドリギを火のなかに投げ、光の新生を願った。常緑のヤドリギを春の女神や光の精の象徴として室内に飾る風習は、クリスマスと結び付き、現代に残る。
 日本でもヤドリギは、常緑信仰の対象とされていた。大伴家持(おおとものやかもち)は『万葉集』巻18で、「あしひきの山の木末(こぬれ)のほよ取りて挿頭(かざ)しつらくは千年(ちとせ)寿(ほ)くとそ」と、宴(うたげ)の席で詠んでいる。ほよはヤドリギの古名で、髪に挿し長寿を祈る習俗があったことがわかる。

IMG_4119 IMG_4120 IMG_4121 IMG_4123 IMG_4124

キキョウ(桔梗)

IMG_4135 IMG_4136 IMG_4137

コバギボウシ

IMG_4138 IMG_4139 IMG_4140 IMG_4141

エゾミソハギ

IMG_4142 IMG_4143

ヒメユリ(姫百合)

ユリ科の多年草。5~6月、橙(だいだい)、赤、黄色などの杯(さかずき)状の星形の小花を開く。日本、および中国に広く分布する。切り花には早咲きのチョウセンヒメユリ(朝鮮姫百合)を利用することが多い

IMG_4145IMG_4144

ドクウツギ(毒空木)

ドクウツギ(毒空木)は、初夏、日当たりの良い河原や崖地、荒地に、 黄緑色の雌雄同株の花咲かせるウリ目ドクウツギ科ドクウツギ属の有毒な落葉低木です。
葉は先の尖った卵状長楕円形をしており、対生してつきます。 雌花には5本の雌蕊、雄花には10本の雄蕊があります。


日本三大毒草の一つ

花後に葡萄の房状に成らせる赤い実には猛毒があります。 実ばかりでなく全木に毒があり毒性の強さから、 ドクゼリ(毒芹)や  トリカブト(鳥兜) とあわせて、 日本三大毒草とされます。

一般名:ドクウツギ(毒空木)
学名:Coriaria japonica
別名:ネズコロシ、イチロベゴロシ(一郎兵衛殺し)、オニゴロシ(鬼殺し)、ヒトコロビの木
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ウリ目ドクウツギ科ドクウツギ属
原産地:日本、中国
生活型:落葉低木  樹高:150~200cm 開花期:4~5月 花色:黄緑 成実期:6~8月  果実色:赤→黒 果実径:1cm 葉長:8cm  備考:全木猛毒で日本3大毒草とされる。 

IMG_4150 IMG_4151

毒空木の実は猛毒です。

IMG_4152

オカトラノオ🐅

オカトラノオの基本情報
学名:Lysimachia clethroides
和名:オカトラノオ  
科名 / 属名:サクラソウ科 / オカトラノオ属

特徴

オカトラノオは平地から低い山地の日当たりのよい草地や道端に見られる多年草です。冬は地上部が枯れます。茎はまっすぐに立ち上がり、多数の卵形の葉をつけます。茎の先端に長さ15cm前後の花穂をつけ、多数の花を咲かせます。花穂は途中で横向きに曲がっているのが特徴です。葉や茎に短い毛があります。地下に細長い地下茎が多数あり、これを伸ばしてふえていきます。そのため群生しているのが普通です。

※科名:ヤブコウジ科で分類される場合もあります。
基本データ
園芸分類 草花,山野草

形態 多年草 原産地 ロシア東部から朝鮮半島、日本列島、中国東部から南部、台湾

草丈/樹高 40~100cm 開花期 7月~8月

花色 白 栽培難易度(1~5)

耐寒性 強い 耐暑性 強い

特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,初心者でも育てられる

IMG_4153 IMG_4154 IMG_4155

秋の七草コーナー

IMG_4156 IMG_4157 IMG_4158 IMG_4159

ゴマギ(胡麻木)

IMG_4160 IMG_4161 IMG_4162 IMG_4163 IMG_4164 IMG_4165

ノカンゾウ(橙色)

IMG_4166 IMG_4167 IMG_4168

コバギボウシ

IMG_4169 IMG_4170

3月下旬になると、この先、水芭蕉が咲き乱れる

IMG_4171 IMG_4172 IMG_4173 IMG_4174 IMG_4175 IMG_4176

コオニユリ

IMG_4177 IMG_4178

ハマナス(浜梨)

IMG_4179 IMG_4180 IMG_4181 IMG_4182 IMG_4183 IMG_4184

IMG_4185 IMG_4186 IMG_4187 IMG_4188 IMG_4189 IMG_4190 IMG_4193 IMG_4194 IMG_4195 IMG_4196 IMG_4197 IMG_4198 IMG_4199

ミヤマオダマキ(深山苧環)

IMG_4200 IMG_4201 IMG_4202

ヤナギラン(柳蘭)

IMG_4203 IMG_4204

ヒメシャジン(姫沙参)

IMG_4205 IMG_4206 IMG_4207 IMG_4209

エゾウスユキソウ(蝦夷薄雪草)

レブンウスユキソウ キク科

【学名】 Leontopodium discolor

【花期】 6月下旬~8月

【草丈】 10~30 cm

【和名の由来】 北海道に産するウスユキソウ。産地によって形態が異なり、礼文島のものをレブンウスユキソウという。

【生育地・特徴など】 山地の礫地や草地に生える多年草。礼文島と、ニペソツ山など北海道の東半分に稀産する。葉は先が尖った倒披針形で、茎の下部に10個ほどつく。星形に開いた白い花弁のように見えるのは苞葉で、中心部に頭花が5~20個ほどつく。ひとつひとつの頭花は筒状花が集まったもので、中心部に雄花、縁に雌花がある。

IMG_4210 IMG_4211

エゾミソハギ

エゾミソハギ (L. salicaria) はミソハギより大型で、葉の基部が茎を抱き、毛が多い。九州以北の各地(北海道に限らない)、またユーラシア大陸や北アフリカにも広く分布する。欧米でも観賞用に栽培され、ミソハギ同様盆花にもされる。世界の侵略的外来種ワースト100 (IUCN, 2000) 選定種の一つである。
エゾミソハギ
葉の基部が茎を抱き、毛が多い。萼の付属体は上向き。

IMG_4213

オグラセンノウ(小倉仙翁)

IMG_4215 IMG_4216 IMG_4217 IMG_4218 IMG_4219 IMG_4220

ウド(独活)

IMG_4221 IMG_4222

ハナイカダ(花筏)

日本全国の山野、中国に分布する雄木と雌木がある雌雄異株(しゆういしゅ)の落葉性低木です。
葉は長さ10cmほどで卵形、フチにぎざぎざがあります。春に葉の真ん中を縦に走る葉脈(主脈)上に1-3輪の花を咲かせます。一見、葉の上に花が乗っているようですが、実際は主脈と花の軸が癒着した結果そのように見えます。花色は淡い緑色で径4-5mmと地味で小さいですが咲く位置がおもしろく、比較的目立ちます。花が葉を筏に見立ててハナイカダ(花筏)の名前があります。
雌株は花後に果実をつけます。果実は1枚の葉に1コがなり、夏に黒紫色に熟します。味が好みなのか、野鳥がよくついばみます。若葉は山菜のように天ぷらや茹でて食べることができます。
葉色が淡緑色の品種や斑入り種も知られています。

IMG_4127 IMG_4128

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

IMG_4129 IMG_4130

IMG_4223 IMG_4224 IMG_4225

コウホネ(河骨)

IMG_4226 IMG_4227 IMG_4228

シシウド

IMG_4229 IMG_4230 IMG_4232 IMG_4233 IMG_4234

オオマツヨイグサ(大待宵草)

IMG_4235 IMG_4236 IMG_4237

後方、山の稜線は、秋になるとススキで覆われる(仙石原ススキ)

IMG_4238

カゼンソウ

IMG_4239 IMG_4240 IMG_4241 IMG_4242 IMG_4243 IMG_4244

ジャコウソウ

IMG_4247 IMG_4248 IMG_4249

コムラサキ(小紫)

IMG_4250 IMG_4251 IMG_4252 IMG_4253

ギンバイソウ(銀梅草)

IMG_4255 IMG_4256 IMG_4257 IMG_4258 IMG_4259

ハンゲショウ(半夏生)

IMG_4260 IMG_4261 IMG_4262

レンゲショウマ(蓮華升麻)

IMG_4263 IMG_4264

世界の食虫植物展開催中

IMG_4266

IMG_4268

ウツボカズラ

IMG_4269 IMG_4271

ムシトリスミレ

IMG_4272 IMG_4273

ハエトリグサ

IMG_4274

ハエトリソウが虫を捕らえたところ

IMG_4275 IMG_4276 IMG_4277   IMG_4280 IMG_4281 IMG_4282 IMG_4283 IMG_4284 IMG_4285 IMG_4286 IMG_4287 IMG_4288 IMG_4290 IMG_4291 IMG_4292 IMG_4293 IMG_4294 IMG_4295

モウセンゴケ

IMG_4296 IMG_4297

チョウセンヨメナ

IMG_4298 IMG_4299 IMG_4300

カクトラノオ

IMG_4302 IMG_4303

ヤマユリ

IMG_4304 IMG_4305

ヒルガオ

IMG_4306 IMG_4307 IMG_4308 IMG_4309 IMG_4310

ヘメロカリス

IMG_4301

IMG_4311 IMG_4312 IMG_4313 IMG_4314 IMG_4315 IMG_4316 IMG_4317 IMG_4318 IMG_4319 IMG_4320 IMG_4321

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)

IMG_4322 IMG_4323 IMG_4324 IMG_4325 IMG_4326 IMG_4327 IMG_4328 IMG_4329 IMG_4330 IMG_4331 IMG_4332 IMG_4333 IMG_4334 IMG_4335 IMG_4336

レストラン35営業中🈺(花園入り口)

IMG_4337 IMG_4338 IMG_4339 IMG_4340 IMG_4341

芦ノ湖の海賊船。外国人観光客がいっぱい。

IMG_4342 IMG_4343 IMG_4344 IMG_4345

富士山🗻が少し見える。

IMG_4346 IMG_4347

箱根駅伝ミュージアム

IMG_4348 IMG_4349

芦ノ湖、箱根駅港

IMG_4350 IMG_4351 IMG_4352 IMG_4353 IMG_4354

箱根の関所

IMG_4355 IMG_4356  IMG_4358

箱根湿生花園の施設をご案内

箱根湿生花園の管理棟には展示室のほか売店、レクチャー室、学習室、事務室、トイレ ( 障害者用含 ) があります。

営業案内【2017年度】

開園期間 03月10日 ~ 11月30日 ( 開園期間中無休 )
休園期間 12月01日 ~ 03月20日( 例年 )
入園時間 09時00分 ~ 17時00分 ( 最終入園 16時30分 )
所要時間 見学の所要時間は園内をゆっくり回って約40分。展示室が約20分です。
入園料 大人 700円 小学生 400円
お得なチケット情報はこちら
展示室

展示室では、仙石原湿原の動植物を写真やパネル、大型水槽で紹介しています。
また、約15分程の映像「箱根湿生花園 四季の花」を上映。
春季は「春の花」、夏季は「夏の花」を上映します。
留意事項

園内貸し出し用車椅子5台(先着順)があります。
園内へのペットの持ち込みは原則的にお断りいたしております。
園内の動植物の採取はできません。
売店

オリジナル葉書や写真集など小物から、山野草、食虫植物(夏季限定)、公式ガイドブック「箱根湿生花園の花」 ( 1500円 / 箱根湿生花園編 )や、フォトガイドブック「箱根湿生花園」( 650円 / 辻満芳雄著 )なども販売。
植木販売

四季を通じて多種多様な植木を販売。

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 今年の、伝統の朝顔展は「変化朝顔の形のひみつ」歴博・くらしの植物苑で開催中🌺

  • 🌸河津桜が咲きはじめ、梅林坂の紅白梅も綺麗に咲いている皇居東御苑をヨリミチ‼️

  • 紺碧の海に🏄真っ青な空⛵️江の島❗️生しらすを食べによりみち🐟

  • スクールガードボランティア活動で地元小学校の「運動会」に招待されました🌾

  • ジープ🚗で、満開のネモフィラ、チューリップ🌷咲く国営ひたち海浜公園にヨリミチ💠

  • 2018桜開花状況🌸日本百名城🏯の「佐倉城址公園」早咲きの桜🌸が咲き始めました🌸