1. TOP
  2. 佐倉ふるさと広場の、ゴッホのひまわり🌻が満開に近づいています🌻

佐倉ふるさと広場の、ゴッホのひまわり🌻が満開に近づいています🌻

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

佐倉ふるさと広場、風車のひまわりガーデンの向日葵🌻が咲き出しました。春のチューリップ🌷に続き、風車の見えるところに2万本のゴッホの向日葵が一斉に咲き出す様は壮観です。向日葵🌻の黄色は、何となくあったかでいい。ぜひ、よりみちをオススメします。7/23(日)まで。

 

🌻佐倉ふるさと広場・風車のひまわりガーデンにて「ゴッホのひまわり」咲いています🌻7/23(日)まで

季節の花々を楽しむことができる佐倉ふるさと広場では、7月中旬にオランダの画家「ゴッホ」にちなんで命名された約2万本のひまわりが咲きそろいます。期間中は観光船の運航や『ふるさと市』などが行われます。オランダ風車を背景に、印旛沼湖畔に広がる一面のひまわりをお楽しみください。

IMG_3665 IMG_3667  IMG_3669

佐倉ふるさと広場とオランダ

佐倉とオランダとの関係は、江戸時代にさかのぼります。当時、佐倉藩主であった堀田正睦公は、藩学に蘭学(オランダを通して伝わった西洋の学問)を積極的に取り入れ、全国でも蘭学が盛んな藩となりました。また、”西の長崎、東の佐倉”といわれたほど、佐倉藩の蘭医学は全国に知られ、私塾「佐倉順天堂」(後の順天堂大学)では全国各地の医学を志す者が学んでいました。

そして現在、この歴史的な交流から佐倉日蘭協会が設立され、文化交流が続いています。
本格オランダ風車のある『佐倉ふるさと広場』は、この流れをうけ、ふるさと印旛沼の自然と触れ合う交流の場、さらには国際親善の場となるよう設けられました。そして、この広場では日蘭修好380周年を記念して、平成元年より毎年4月にチューリップフェスタが開催され、人々が集う交流の場となっています。

 

オランダ風車「リーフデ」

佐蘭花 (オランダ風無料休憩所、売店、トイレ) 午前9時~午後5時
※休業日 年末年始(12月28日から1月6日)
ただし花火大会等イベント開催時臨時休業する場合があります。
オランダ庭園  風車の北西側(印旛沼側)にあります。
シェアガーデン 風車の北西側(印旛沼側)にあります。全部で24区画あります。
オランダ風車「リーフデ」
本格オランダ風車ですので、羽根は風向きに合わせて移動します。風車守の巧みな羽根移動作業は必見です。
内部については2階まで見学できます。風車の羽根の回転を水汲みの回転に変える歯車構造が分かります。またオランダ自転車が実車展示されています。

[風車運転時間・風車内部見学時間]
午前9時30分~12時 午後1時~午後4時
[運転休止日・風車休館日]
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月28日から1月6日)
※強風や無風等の理由により、風車の運転ができない場合があります。 また風向きにより入口が変わります。
直下から見上げると迫力満点
内部の機能的な歯車構造を見学出来ます

オランダ庭園
佐倉市内在住のガーデンデザイナー古賀有子氏監修による県内随一のオランダ庭園です。オランダ庭園には、四季折々、オランダゆかりの花木、草花が咲いている庭園コーナーと春に咲くチューリップ、ムスカリ、クロッカス、ヒヤシンス等からはじまる球根コーナーがあります。オランダに似た印旛沼の風に吹かれ、お洒落な散策路を歩きながら、季節に応じてオランダ庭園を楽しむことが出来ます。

[開園日時]
年中無休。24時間開園。ただし花火大会等イベント開催時一時的に見学できない場合があります。
風車の奥にあるオランダ庭園
平坦な中にカラフルな彩色の草花があるというのがオランダ庭園の特徴です。

シェアガーデン
佐倉ふるさと広場内本格オランダ風車の北西側(印旛沼側)にあります。
佐倉市民を含め多くの方に花壇づくりを楽しんでいただいています。全部で24区画あり、その花壇に咲く個性あふれる花々が私たちの目を楽しませてくれます。クリスマスや雛祭りの時期などになされる装飾にも注目です。それぞれの季節に応じたプチガーデン巡りをお楽しみください

オランダ庭園

IMG_3670 IMG_3671 IMG_3672 IMG_3673 IMG_3674 IMG_3675 IMG_3676 IMG_3677 IMG_3678

シェアガーデン

IMG_3679 IMG_3681 IMG_3683 IMG_3684 IMG_3685 IMG_3686

オランダ風車、リーフデ

IMG_3687 IMG_3688

ヒマワリ🌻

ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、ヒュウガアオイ(向日葵)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(仏:Soleil)とも呼ばれる。

種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは夏の季語でもある。

IMG_3689

特徴

原産地は北アメリカ。高さ3mくらいまで生長し、夏から秋にかなり大きな黄色の花を咲かせる。

花弁は大きな1つの花のように見えるが、実際は頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を形成している。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を「舌状花」、内側の花びらがない花を「筒状花」と区別して呼ぶ場合がある。

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。

種は長卵形でやや平たい。種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向に黒と白の縞模様がある。

歴史

小輪ヒマワリ
ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。

ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。
正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。

日本には17世紀に伝来している。

生産

種ができる頃のヒマワリ
OIL WORLD誌の統計によるとヒマワリの種子生産量は2006/07年産、油料用植物として大豆(234.98百万トン)、ナタネ(47.26百万トン)、綿実(44.15百万トン)に次ぐ、生産量(29.84百万トン)を誇る。
夕日とひまわり畑
また、2006年 – 2007年の植物油生産量はパーム油(37,985千トン)、大豆油(36,716千トン)、ナタネ油(18,425千トン)、ヒマワリ油(11,171千トン)である。ヒマワリの生産地域はロシア周辺のヨーロッパに偏っている。5割強がヨーロッパ州に集中しており、アジア週と南アメリカ州がそれぞれ2割弱を生産している。

ロシア(ヒマワリはロシアの国花でもある) – 6,430千トン
ウクライナ – 5,230千トン
アルゼンチン – 3,440千トン
中国 – 1,820千トン
フランス – 1,441千トン

利用

ヒマワリの種

ヒマワリ油
種は絞って搾油されヒマワリ油として利用される。ヒマワリ油には不飽和脂肪酸が多く含まれる。1990年代までリノール酸が70 – 80%、オレイン酸が10 – 20%のハイリノールタイプが主流であったがω-6系列の脂肪酸であるリノール酸の発ガンや高脂血症、アレルギー等との因果関係が報告されるにいたり、リノール酸が15 – 20%、オレイン酸が40 – 60%の中オレインタイプのNuSun品種が伝統的な交配育種法により育成され、2000年以降は主流となっている。

煎って食用とすることができる。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用される。

ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている。

除染効果

ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない。

そもそも、一般的に植物にとって必須元素であるカリウムの吸収が放射性セシウムの除染のために価値がある程大きいのであれば、ヒマワリの生えた後の土壌は極端に貧栄養化しているはずである。また農林水産省は「ヒマワリはセシウムの吸収率が低く、除染に極めて長い時間がかかるため実用的ではない」としている。

日本における主な産地

ヒマワリ畑
これらの自治体ではヒマワリによる地域特産化を図り、油等食品、化粧品等のヒマワリ関連製品を販売している。北海道の標準播種期は5月上旬であり、霜や氷点下の気温にも耐性はある。

北海道名寄市 なよろひまわり畑
北海道北竜町 ひまわりの里
宮城県大崎市(旧・三本木町)
栃木県野木町
神奈川県座間市
長野県富士見町、信濃町、筑北村、諏訪市、阿南町
石川県津幡町 ひまわり村
兵庫県佐用町(旧・南光町)南光ヒマワリ畑
島根県出雲市(旧・斐川町)斐川ひまわり畑
香川県まんのう町(旧・仲南町)ひまわりの里 まんのう
岡山県笠岡市

IMG_3690 IMG_3691 IMG_3692   IMG_3695 IMG_3696 IMG_3697 IMG_3698  IMG_3700  IMG_3717 IMG_3718 IMG_3719 IMG_3720 IMG_3721

鹿島川にかかる竜神橋

IMG_3722

右側の道は、サイクリングロードお🚴‍♀️

IMG_3723  IMG_3725 IMG_3726   IMG_3729 IMG_3730 IMG_3731 IMG_3732 IMG_3733 IMG_3734 IMG_3736 IMG_3737 IMG_3738 IMG_3739 IMG_3740 IMG_3741 IMG_3742 IMG_3743 IMG_3744 IMG_3745 IMG_3746 IMG_3747 IMG_3748 IMG_3749 IMG_3750 IMG_3751 IMG_3752 IMG_3753 IMG_3754 IMG_3755 IMG_3756 IMG_3757 IMG_3758 IMG_3759 IMG_3760 IMG_3761 IMG_3762 IMG_3763 IMG_3764

遠くを走る京成本線

IMG_3765 IMG_3766 IMG_3767 IMG_3768 IMG_3769 IMG_3770 IMG_3771 IMG_3772 IMG_3773 IMG_3774 IMG_3775 IMG_3776 IMG_3777 IMG_3778  IMG_3785 IMG_3786 IMG_3788 IMG_3789 IMG_3791 IMG_3792 IMG_3793 IMG_3794 IMG_3795

遠く見えるは印旛沼

IMG_3796 IMG_3797 IMG_3798 IMG_3799

佐倉城址公園のご案内

佐倉城址公園は、佐倉城跡の中に設置されている公園です。公園内には天守閣跡、空堀など城の遺構が多数残され、天守閣跡脇の樹齢約400年の「夫婦モッコク」(千葉県指定天然記念物)をはじめ、シイ、カシ、モミジなどの大木がいたる所にある、緑多き歴史公園です。
天守閣跡や巨大な馬出し空堀、水堀に守られた南出丸や西出丸は必見です。
園内には昔、乳母が若君を池のほとりで遊ばせていた際、あやまって若君を溺れさせてしまったという哀しい話が伝わる「姥が池」や、三逕亭(茶室)(さんけいてい)、桜や牡丹、梅、菖蒲園、紅葉などもあり、四季を通じてお弁当を広げる家族連れの姿が見受けられます。
公園の東端には、佐倉城に関する模型や古写真、出土遺物などを展示した佐倉城址公園管理センター(佐倉城址公園センター)があります。

佐倉ふるさと広場

佐倉市臼井田2714番地(飯野竜神橋脇)
佐倉ふるさと広場のひまわり
会場へのアクセス
京成臼井駅から徒歩30分、または京成佐倉駅北口から佐倉市循環バス「ふるさと広場」下車

□佐倉市循環バス(乗車料100円) ※バスの本数が少なく定員に限りがありますのでご注意ください。

京成佐倉駅北口  →  ふるさと広場  →  京成佐倉駅北口
発   8:35     → 8:43    →     8:55
11:05  →    11:13    →    11:25
13:45     →    13:53    →    14:05
16:30     →    16:38    →    16:50

※専用駐車場はありませんので、公共交通機関等での来場をお願いいたします。

主催・お問い合わせ
佐倉市観光協会 043(486)6000

佐倉市産業振興課 043(484)6146

 

ふるさと広場アクセス

http://www.sakurashi-kankou.or.jp/wp/furusato/

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 京成佐倉駅北、宮前ローズタウンの自宅🏠周辺で撮った植物や花たち🌺

  • 千葉県内最大級のラベンダー畑「佐倉ラベンダーランド」のラベンダーが見頃を迎えています💠

  • 佐倉城下町、「菖蒲まつり」まもなく6/9(土)〜6/10(日)開催します💠

  • 新宿御苑の大温室が今、とっても面白い🤣沙羅双樹の花が咲いています🏵

関連記事

  • もう秋の七草咲く🌿箱根仙石原♨︎箱根湿生花園によりみち🌺

  • 松虫姫伝説の印西(旧印旛村)松虫寺を行く!

  • 千鳥ヶ淵公園29/3/31現在で2分咲🌸平日は静かなたたずまいで観桜🌸できます!

  • 「ツナソ」「アマ」って 何?歴博付属、くらしの植物苑で調べてみました🔬

  • 東京スカイツリーも、河津桜🌸も一緒に観れるベストスポット、旧中川によりみち❗️

  • 春爛漫☘満開のクルメツツジとフジの皇居東御苑をヨリミチ🌿