1. TOP
  2. カシワバアジサイのトンネル❁宗吾霊堂の紫陽花まつりによりみち!✿

カシワバアジサイのトンネル❁宗吾霊堂の紫陽花まつりによりみち!✿

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

佐倉市民ハイキングの途中で宗吾霊堂の「紫陽花まつり」に寄った。ここの紫陽花の特徴はカシワバアジサイの比率が高いことである。従来の紫陽花では少し飽きられている感じがするので、白い独特の形のカシワバアジサイを多く植えたのではないかと思う。これからが紫陽花の本番である。ぜひ、よりみちをおススメします。

宗吾霊堂紫陽花まつり

  • あじさい イラスト に対する画像結果

梅雨といえば紫陽花!宗吾霊堂紫陽花まつりが6月5日(日)から開催されます!

宗吾霊堂紫陽花まつり

宗吾霊堂のあじさい

見 頃 6月下旬まで
場 所 宗吾霊堂/成田市宗吾1-558
交 通 京成宗吾参道駅下車徒歩10分
問合先 TEL(0476)22-2102 ㈳成田市観光協会

宗吾霊堂大本堂裏手に広がる境内には、在来アジサイをはじめ、ガクアジサイ・柏葉アジサイなど約5,000株の紫陽花が植えられています。なかでも、柏葉アジサイは1,000株以上あり、これだけ多くの相葉アジサイを見られる場所は少なく、観光客の目を楽しませてくれます。
6月10日(日)から7月1日(日)の毎週日曜日には紫陽花まつりが開催され、宗吾霊堂大本堂では、箏・胡弓の演奏が行われるほか、大本坊では、お茶会も開催され(参加自由、無料)、ひとときの風流を楽しむことができます。 

IMG_8802

IMG_8736

東勝寺 (成田市)

別称 宗吾霊堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東勝寺(宗吾霊堂)
Toshoji-temple dai-hondo,sogo reido,narita-city,japan.jpg
大本堂
所在地 千葉県成田市宗吾1-558
位置 北緯35度45分41.60秒
東経140度16分46.50秒
山号 鳴鐘山
宗派 真言宗豊山派
本尊 宗吾尊霊
創建年 不明 (桓武天皇の時代)
開基 坂上田村麻呂
中興年 1662年寛文2年)
中興 澄祐
正式名 鳴鐘山 医王院 東勝寺
別称 宗吾霊堂
文化財 梵鐘(県指定有形)など
テンプレートを表示

東勝寺(とうしょうじ)は、千葉県成田市にある真言宗豊山派の寺である。山号は鳴鐘山。義民佐倉惣五郎の霊が祀られていることから宗吾霊堂(そうごれいどう)と広くよばれる。

由緒

開創年代等については不詳であるが、寺伝によれば桓武天皇の勅命により、坂上田村麻呂が創建したという。たびたび火災にあって寺地を転々とし、1662年寛文2年)澄祐により再興され下方字鐘打に移った。1910年明治43年)火災により焼失し、1921年大正10年)現在地に再建された。

IMG_8737IMG_8738

佐倉惣五郎

佐倉 惣五郎(さくら そうごろう、生年不詳 – 承応2年8月3日(1653年9月24日)?[1][注釈 1])は、江戸時代前期の下総国佐倉藩領の義民として知られる人物。下総国印旛郡公津村(現在の千葉県成田市台方)の名主で、本名は木内 惣五郎(きうち そうごろう)、通称は宗吾(そうご。惣吾とも)とされる。

領主堀田氏の重税に苦しむ農民のために将軍への直訴をおこない、処刑されたという義民伝説で知られる。代表的な義民として名高いが、史実として確認できることは少ない。惣五郎の義民伝説は江戸時代後期に形成され、実録本や講釈、歌舞伎上演などで広く知られるようになった

IMG_8744

佐倉惣五郎

確認できる生涯

かつては非実在説が唱えられたこともあるが、堀田氏時代の公津村名寄帳によって「惣五郎」という富裕な農民が実在していたことは確認できる。

1715年に成立した『総葉概録』(佐倉藩主稲葉正往の命により藩儒磯辺昌言が編纂)には、堀田氏時代に公津村の「総五」が何らかの罪によって処刑されたこと、「総五」が冤罪であると主張して城主を罵りながら死んだこと、堀田氏の改易(1660年)が「総五」の祟りとみなされたこと、このために「惣五宮」という祠が建てられたことが記されている。

しかし、惣五郎が一揆や直訴を行ったということを確認できる史料はない。

さまざまな説[編集]

惣五郎がかかわったのは千葉氏再興運動であったという説もある[4][5]。また、事件の原因についても、過酷な年貢、隠し田摘発のための検地、利根川付け替え工事などの諸説が挙げられている。鏑木行廣は、 承応2年(1653年)に行われた公津村の分村(台方村など5か村に分割された)と翌年の検地による年貢負担増加を史料で確認し、惣五郎が何らかの行動を起こしたのではないかと推測している。

林基は、現在伝わる「惣五郎の直訴状」とされるものは後世の作であろうとしつつも、主要な要求の内容は江戸時代初期の特徴を持っているとし、「惣五郎を中心とした反領主闘争があったことも否定しえない」と評価してい

IMG_8745

佐倉惣五郎

出自

下総国印旛郡の堀田領内佐倉城下に生まれ、本名を木内惣五郎という。

肥後国五家荘には、五家荘葉木の地頭・緒方左衛門の子で、下総の木内家の養子になったという伝承がある。

直訴と処刑

佐倉藩主堀田正信は新たに重税を取り立て、領民の暮らしは困窮した。全領の名主たちは郡奉行や国家老に重税の廃止を求めたが拒絶され、さらに江戸に出て江戸藩邸に訴えても(門訴)取り上げられず、惣代6人が老中に駕籠訴を行ったがこれも退けられた。

このため惣五郎は1人で将軍に駕籠訴を行った。『地蔵堂通夜物語』では承応2年(1653年)とされ、上野寛永寺に参詣する四代将軍徳川家綱に直訴したという。『堀田騒動記』では正保元年(1644年)とされており、将軍は三代徳川家光になる。

直訴の結果、訴えは聞き届けられ、佐倉藩の領民は救われた。しかし、惣五郎夫妻は(はりつけ)となり、男子4人も死罪となった[

成田市の東勝寺(宗吾霊堂)によれば、東勝寺の澄祐和尚が公津ケ原の刑場に遺骸を埋葬したといい、寺地内にある現在の「宗吾様御廟」であるという。

IMG_8746IMG_8747

宗吾霊堂略縁起

日本義民の鑑

宗吾霊堂

当山に祀る御本尊 宗吾様は、江戸時代の封建制度の中で災難に苦しむ10万の大衆のため男子の大厄の42歳の御年に尊い命を捧げられました。

これは偏に国家泰平・万民豊楽(国の安泰は私たち一人一人の生活の幸せにある)を願っての御生涯であり、その志を曲げることなく貫き通したのであります。

即ち、大衆の命・後世に生きる人々のために災厄を一身に背負い身代りになって下さったのであります。

宗吾様のこの尊い御生涯・志に触れると共にそのお徳にあやかり、幸福で豊かな21世紀を生きていくためにも義民宗吾様を祀る宗吾霊堂に、皆様お揃いでのご参詣・厄除けをなさることをお勧めいたします。

IMG_8764

カシワバアジサイ

IMG_8765IMG_8769IMG_8770

アナベル

IMG_8771IMG_8772IMG_8773IMG_8774IMG_8775IMG_8776IMG_8777IMG_8778IMG_8779IMG_8780IMG_8781IMG_8782IMG_8783IMG_8785IMG_8784IMG_8786IMG_8787IMG_8788IMG_8789IMG_8792IMG_8751

カシワバアジサイ

戻ります

カシワバアジサイのデータ

学名:Hydrangea quercifolia
科名:アジサイ科
分類:落葉低木
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈1.5~3.0m 横幅1.2~2.5m 葉15~22cm前後(対生)
主な見所:花(5~6月)、紅葉(落葉時) 

カシワバアジサイの特徴

名前の通り、カシワのような大きな葉のもつ北アメリカ原産のアジサイの仲間です。アジサイの房状の花とは違い花を穂状につけます。花色は白。一重花が普通ですが八重咲き品種もあります。切れ込みの入る大きめの葉は黄緑ぽい明るめの葉色で、日本のアジサイの葉とは印象がだいぶ異なります。性質はアジサイによく似ていますが、より日向を好みます。落葉時に紅葉しますが、暖地ではまばらな感じになることが多いです

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向~半日陰が適地です。暗すぎないようにします
  • 水分量: 強い乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度:早い 成長は早いです
  • 移植:落葉期・梅雨 移植は容易です

カシワバアジサイの育て方

日向から半日陰の肥沃で水もちのよい場所が適地です。アジサイと同様に暗すぎると徒長しやすく花も咲きづらくなるので、午前中程度日が当たる場所が最適です。アジサイよりもやや乾燥には強いですが、葉が大きく蒸散も激しいので水もちのよい場所に植えます

  • 管理:自然樹形で育てます。剪定はほどほどに
    肥料は、落葉期に遅効性肥料を、花後のお礼肥として緩効性肥料を与えます
  • 剪定花後・落葉期 自然樹形でもまとまりますが、花後に花茎の整理をかねて1~2節程度切り戻します。仕立て直したい場合は落葉期に行い、勢いのない古枝は元から切ります。落葉期に強剪定した場合は当年は花が少なくなります
  • 病害虫:アジサイに準じますが、こちらの方がやや性質が強いようです
    夏の乾燥期のハダニや、うどんこ病に注意

カシワバアジサイのアレンジ

アジサイとは雰囲気が異なり、やや派手な花と明るい葉色が洋風の庭によく合います。一重咲き種は和風や自然風の庭にも合わせられます。高木の根じめや、花壇のポイントとして使えます。イングリッシュガーデンでも少し暗くなるような場所によく用いられています。葉が大きいので広めの場所に適していて、目線からも少し離した方がよいと思います
北側の庭の半日陰でも育ちますが、半日程度は日に当たる場所の方が魅力を発揮できます

カシワバアジサイの主な品種

一重咲きの他に、八重咲き品種がよく出回っています


‘スノーフレーク’:有名な八重咲き品種。よく見かけます


黄金葉の品種

IMG_8752IMG_8753IMG_8755IMG_8756IMG_8757IMG_8758IMG_8759IMG_8760IMG_8761IMG_8762IMG_8763IMG_8749

 

アクセス地図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 箱根仙石原でオリエント急行の豪華サロンカーに乗ろうby箱根ラリック美術館

  • 国営武蔵丘陵森林公園(通称、森林公園)の黄色と橙のアイスランドポピーが満開で、心もあったかになりました🌼

  • 五穀米・五穀豊穣の五穀について調べてみました🔬 歴博・くらしの植物苑にて🌿

  • 成田空港から関西空港まで、LCCで日帰りの旅、空撮!

  • 降りしきる雨の中☔️皇居東御苑の果樹古品種園にヨリミチしました🍎

  • 大人の休日倶楽部パスを利用して、東北新幹線「はやぶさ」で新青森へ日帰りのたび!