1. TOP
  2. 日光御成街道と日光街道の合流する旧幸手の宿場で「幸手あじさいまつり」開催中🌺

日光御成街道と日光街道の合流する旧幸手の宿場で「幸手あじさいまつり」開催中🌺

IMG_9100

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

埼玉県の東端である幸手市を初めて訪れた。江戸時代から日光御成街道と日光街道(奥州街道)の合流点に位置する宿場町として栄えた幸手宿。市内には徳川将軍が日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や明治天皇が行幸した折に宿泊した行在所跡が残っている。利根川に接して水では大変苦労した歴史を持った幸手市である。以前、勤務していたころ幸手から通勤していますという話を聞いていたが、やっと来ることが出来た。桜の季節になると、幸手権現堂堤の桜が満開ですというテレビの報道では見たことがあったが、長い堤にソメイヨシノの古木が延々と続いていた。その、権現堂堤に沿って、紫陽花が咲いていた。まだ、咲き初めであるが堤の斜面を利用した紫陽花は見栄えがしてよかった。ぜひ、よりみちをおススメします。

 

権現堂堤(ごんげんどうつつみ)

四季を通して花の色づきを楽しめる、お花見の名所

幸手市には、権現堂堤に代表される美しい水辺と、緑豊かな自然があります。市では、この恵まれた環境を活かし、自然の生態系に配慮し、人と自然が共存できる景観づくりを進めています。

桜で有名な権現堂堤ですが「桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を」という思いから、紫陽花、曼珠沙華(彼岸花)なども植えられました。季節ごとの植物の色づきをお楽しみいただけることでしょう。

幸手の風景」のページでは、権現堂や桜まつりの歴史などもご紹介しておりますのでご覧下さい。

 

「権現堂」という地名の由来

「権現堂」(ごんげんどう)という地名の由来は、江戸時代後期に幕府が編さんした地誌「新編武蔵風土記稿」(しんぺんむさしふうどきこう)に記されております。

[ 権現堂村 ]の項に

村内に熊野・若宮・白山の権現を合祀せし旧社あれば、この村名起これり

(訳)
村の中に、「熊野権現社」「若宮権現社」「白山権現社」という三つの神社を一緒にまつった旧い神社があったので、「権現堂村」という名になった。

とあり

[ 熊野若宮白山権現合社 ]の項に

村の鎮守なり、正智院持、この社、
古大社にて村名の起こりとし云も此権現三社なり

(訳)
村の鎮守で、昔は大きな神社だった。「権現堂」という村名の起こりも、この「権現三社」である。

このように、村の中に「三つの権現」があったことから、「権現堂村」の名前が付けられたと考えられています。この社の創建は、天正年間(1573~92年)と伝えられていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

 

< 参考 >古文書に見られる最も古い「権現堂村」

慶長20(1615)年 「下総国猿島郡幸手内権現堂村御検地帳」(しもうさのくにさしまぐんさってのうちごんげんどうむらごけんちちょう)

※江戸時代初期には「権現堂村」という村名が確実にあったことが分かります。

場所:幸手市内国府間887−3(県営権現堂公園)

あじさいまつりの写真

梅雨の権現堂が紫陽花で鮮やかに色づきます

毎年6月から7月にかけて権現堂公園を会場に開催しています。

桜で有名な権現堂堤ですが、「桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を」という思いから、ボランティアの方たちを中心に、紫陽花の花が植えられました。

今では100種16,000株に増えた紫陽花で、6月の権現堂堤を色づかせます。華やかな桜とは違った美しさで、雨の中しっとりと咲く紫陽花をご堪能ください。

IMG_9065

 

2017年「第17回 幸手あじさいまつり」の詳細

紫陽花 イラスト に対する画像結果
開催期間 2017年6月1日(木)~7月2日(日)
※開花の状況により期間の変更があります。
開催場所 県営権現堂公園(幸手市権現堂堤)
入園料 無料
開花情報 紫陽花の開花情報は、あじさいまつり開催期間中の火・金曜日に前日の様子をお伝えします。(更新時間未定)
>> 開花情報を見る
峠の茶屋 堤中央付近に「峠の茶屋」があり、あじさいまつり期間中は、毎日休まず営業を行っています。
峠の茶屋では、飲み物や峠の茶屋自家製のパン、幸手市の物産などの販売を行っておりますので、ぜひお立ち寄りください。
営業時間:午前9時~午後5時
※ 悪天候時など営業しない場合がございます。ご了承ください。

IMG_8926 IMG_8927 IMG_8928 IMG_8929 IMG_8930 IMG_8931 IMG_8932

アメリカノリノキ‘アナベル’の基本情報

学名:Hydrangea arborescens ‘Annabelle’
和名:アメリカノリノキ、アナベル  その他の名前:ハイドランジア・アルボレスケンス‘アナベル’

科名 / 属名:アジサイ科 / アジサイ属(ハイドランジア属)

アメリカノリノキ‘ヘイズ・スターバースト’

クリックすると拡大します

アメリカノリノキ‘アナベル’とは

特徴

アメリカノリノキ‘アナベル’は、北アメリカ東部原産のアジサイの仲間です。アジサイは知らない人がいないほど身近な花木で、梅雨どきの風物詩にもされています。アジサイやガクアジサイは日本原産種が改良されたものですが、近年、見慣れたこれらのアジサイのほかに、真っ白で非常に大きな花房のアメリカノリノキの園芸品種‘アナベル’や、円錐形の花房とカシワのように深く裂けた葉が特徴の、カシワバアジサイが人気を集めています。ここでは、前者について解説します。
アメリカノリノキの野生種は、小さな装飾花がまばらな額縁状につくため、観賞価値はさして高くありません。しかし、園芸品種の‘アナベル’は、装飾花が多く手まり状になり、花房は直径30cmに達します。近年は、ピンク色の‘アナベル’も発表されています。
‘アナベル’は、日本のアジサイと同様に栽培が容易で、特別な管理をしなくても、毎年よく開花します。ほかのアジサイの仲間が、前年の夏に花芽がつくられるのとは違い、‘アナベル’は春に花芽ができ、その年の夏に開花するので、冬でも剪定できます。

※科名:ユキノシタ科で分類される場合もあります。

●関連図鑑
アジサイ
カシワバアジサイ
ヤマアジサイ
ノリウツギ

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 北アメリカ東部
草丈/樹高 1~1.5m 開花期 6月~7月
花色 白,ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,開花期が長い,半日陰でも育つ

IMG_8934 IMG_8935 IMG_8936 IMG_8937 IMG_8938 IMG_8939 IMG_8940 IMG_8941 IMG_8943 IMG_8944 IMG_8945 IMG_8946 IMG_8947 IMG_8948 IMG_8949 IMG_8950

幸手宿(さってじゅく)

幸手宿のなりたち

日光道が整備される以前より、幸手は利根川水系による河川舟運と、鎌倉街道中道の人の往来で、交通の要衝として栄えていたとされる。特に中世では、古河公方の重臣・幸手一色氏との縁が深く、政治的・軍事的にも重要な場所であったことが窺われる。

江戸時代になり日光道が整備されると、一六一六(元和二)年に幕府より人馬継立を命ぜられ幸手宿となった。幸手宿は日光道のみならず、将軍家による日光社参の道である日光御成道との結節点でもあり、重要な地だったと考えられる。

 

幸手宿の構成

宿駅としての幸手宿は、南から右馬之助町、久喜町、仲町、荒宿の4ヶ町より構成されており、開宿当初は久喜町、仲町の2町が宿の中心で、荒宿、右馬之助町が宿に組み込まれたと考えられている。

一八四三(天保十四)年の「日光道中宿村大概帳」によると、幸手宿の長さ585間(9町45間)、道幅6間、家数962軒、人数3,937人、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠27軒とあり、城下町に併設された宿を除くと、千住宿、越ヶ谷宿に次ぐ日光道3番目の規模を誇った。

IMG_8951 IMG_8952 IMG_8953

幸手市

概要

江戸時代から日光御成街道日光街道奥州街道)の合流点に位置する宿場町として栄えていた。市内には徳川将軍日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や明治天皇行幸した折に宿泊した行在所跡が残る。

地理

関東平野のほぼ中央にあり、埼玉県内では東部地域の北寄りに位置する。東京都心からの距離は約50kmである。利根川に近く、ほぼ全域が海抜10m前後の沖積低地である。しかし東部には、自然堤防の微高地や下総台地の末端部など、海抜20m前後の台地状地形も存在する。

市の西寄りを南北に東武日光線国道4号が縦断しており、東武日光線幸手駅とその東側の旧道(旧・日光街道)、国道4号を中心に宅地を中心とする市街地が広がる。市街地の外側では水田地帯中に集落が散在している。

近年は市南西部の国道4号沿いに多くの郊外型店舗が出店しており、2006年平成18年)には大規模なショッピングセンターも開店した。一方で市中心部にある商店街の買い物客が減少しているとされる。

IMG_8954 IMG_8955 IMG_8956

IMG_8957 IMG_8958 IMG_8959 IMG_8960 IMG_8961 IMG_8962

順礼の碑(じゅんれいのひ)

権現堂を見守る順礼母娘

権現堂堤の中央には、「順礼の碑」や「供養塔」が建っています。

享和2年(1802年)、長雨が続き堤が切れ、幾度修理しても大雨が降りだすと一夜のうちに切れてしまうというありさまでした。

ある時、堤奉行の指図で村人達は必死の改修工事をしていましたが、大被害と続く工事の疲れに、口をきく元気さえも失っていました。その時、夕霞のかかってきた堤の上に母娘の順礼が通りかかったのです。

母順礼が堤の切れ口をのぞきこんで、「こうたびたび切れるのは、竜神のたたりかもしれない。人身御供(ひとみごくう)を立てなければなるまい。」と言いました。そこで、堤奉行は「誰が人身御供に立つものはいないか。」と人々を見渡しましたが、誰も顔を見合わせるだけで、進んで私がなるとういう者はありません。すると重苦しい空気を破り誰ともなく「教えたやつを立てろ。」という声があがりました。母順礼はこの声を聞くと、「私が人柱になろう。」と念仏を唱えて渦巻く泥水の中に身をおどらせたのです。これを見た娘順礼もあっというまにその後を追いました。

すると不思議にもそこから水がひいて、難工事もみごとに完成することが出来たといいます。

この順礼母娘を供養するため昭和11年に石碑が建てられ、この碑には明治時代の日本画家結城素明(ゆうきそめい)による母娘順礼像が刻まれています。

※昭和58年3月24日市指定史跡となっています。

場所:権現堂堤内

マリア地蔵 < 歴史と観光トップ > 将門の首塚

IMG_8963 IMG_8964 IMG_8966 IMG_8967 IMG_8968 IMG_8969 IMG_8970 IMG_8971 IMG_8972 IMG_8973 IMG_8974 IMG_8975 IMG_8976 IMG_8977 IMG_8978 IMG_8979 IMG_8980 IMG_8981 IMG_8982 IMG_8983 IMG_8984 IMG_8985 IMG_8986 IMG_8987 IMG_8988 IMG_8990 IMG_8991 IMG_8992 IMG_8995 IMG_8998 IMG_8999 IMG_9003 IMG_9004

行幸水門橋

IMG_9005

行幸湖(みゆきこ)

迫力満点の権現堂大噴水

行幸湖(みゆきこ)は、大規模な県営公園として整備が進められています。

権現堂大噴水(スカイウォーター120)は、120年を迎えた埼玉県を象徴するために、噴水噴き上げ高も120フィート(36.6メートル)。迫力満点です。

また、水辺の遊歩道など、うるおいとやすらぎにあふれた空間が訪れる人を優しく迎えてくれます。(噴水時間については、ご確認ください。)

連絡先:権現堂調節池管理所(TEL. 0480-43-2895)
場所:幸手市権現堂1014

権現堂堤 < 歴史と観光トップ > 外野橋

IMG_9006 IMG_9007 IMG_9008 IMG_9009

道しるべ(みちしるべ)

日光道中の道しるべ

日光街道は、当時日光道中と呼ばれ、日本橋 – 千住 – 草加から幸手を通り日光へ向かう道筋です。

これは安永4年(1775年)に日光道中と筑波道の分岐点に建てられたもので、正面には「右つくば道」左側面には「左日光道」右側面には「東川つま道 まいばやし道」と刻まれています。

※昭和58年3月24日に市指定史跡となっています。

場所:幸手市外国府間626地先

将門の首塚 < 歴史と観光トップ > 聖福寺勅使門

IMG_9010 IMG_9011 IMG_9012 IMG_9013 IMG_9014 IMG_9015 IMG_9016

将門の首塚(まさかどのくびづか)

愛馬に運ばれ五輪塔に眠るとされる将門

平将門は、平安時代中期の武者で現在の茨城県西部を地盤としており、周囲との対立に端を発して国家に対する謀反者とみなされ、自ら新皇(しんのう)と称して関東を制圧しようとしました。しかし、天慶(てんぎょう)3年(940年)に下野(しもつけ)の豪族藤原秀郷(ふじわらのひでさと)と平貞盛(たいらのさだもり)連合軍に敗れ、下総(しもうさ)国猿島郡で討たれたといいます。

神明内の通光山浄誓寺(つうこうざんじょうせいじ)の境内奥にある高さ3m程の塚には風化した五輪塔(ごりんとう)が建てられており、ここに将門の愛馬が運んできた首が埋められたと伝えられています。

※昭和58年3月24日に市指定史跡となっています。

場所:幸手市神明内1469

順礼の碑 < 歴史と観光トップ >道しるべ

IMG_9017 IMG_9018 IMG_9019 IMG_9020 IMG_9021 IMG_9022 IMG_9023 IMG_9024 IMG_9025 IMG_9026 IMG_9027 IMG_9028 IMG_9029 IMG_9030 IMG_9031 IMG_9032 IMG_9033 IMG_9034 IMG_9035 IMG_9036 IMG_9037 IMG_9038 IMG_9039 IMG_9040 IMG_9041 IMG_9042 IMG_9043 IMG_9044 IMG_9045 IMG_9047 IMG_9048 IMG_9049 IMG_9050 IMG_9051 IMG_9052 IMG_9053 IMG_9054 IMG_9055 IMG_9056 IMG_9057 IMG_9058 IMG_9059 IMG_9060 IMG_9061 IMG_9062 IMG_9063 IMG_9064 IMG_9065 IMG_9066 IMG_9067 IMG_9068 IMG_9070 IMG_9071 IMG_9073 IMG_9074 IMG_9075 IMG_9076 IMG_9077 IMG_9078 IMG_9079 IMG_9080 IMG_9081 IMG_9082 IMG_9083 IMG_9084 IMG_9085 IMG_9086 IMG_9087

アナベル

IMG_9088 IMG_9089 IMG_9092 IMG_9093 IMG_9094 IMG_9095 IMG_9096IMG_9099 IMG_9100 IMG_9101 IMG_9102 IMG_9103 IMG_9107

 アクセス図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

IMG_9100

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 3B376AAB-25E0-4F42-BC8B-C08D71A2B71F

    2017年度、晩秋、佐倉城址公園の紅葉の見納め🍁にヨリミチ👟

  • 216B701B-6EAE-4509-8944-EFAF747B3DCF

    印旛沼サンセットヒルズに「佐倉幸せの鐘🔔」が新設されました🔔

  • 2FBF82F1-139C-4314-9477-056DD5442022

    国立公文書館は、江戸時代の重要文化財「江戸の花だより」が観れるチャンスです🌸

  • 24E9F522-49A7-4091-8E65-AEC83446066A

    歴博付属くらしの植物苑、特別企画展「季節の伝統植物、冬の華 サザンカ」開催中🌺

関連記事

  • img_1777

    成田空港から大分までLCC(格安航空会社)で日帰りの旅!築城の名手、毛利高政が築いた佐伯城を訪ねる!

  • IMG_7005

    海のみえる🚢鎌倉の長谷寺(国宝長谷観音)の紫陽花が咲き出しました❁

  • img_9413

    世界最古の岩石(39億6200万前)をつくば市の「地質標本館」で見ました!

  • img_2244

    日本橋から船に乗り、江戸城石垣や都心の川を探検・神田川クルーズ!!

  • IMG_3696

    佐倉ふるさと広場の、ゴッホのひまわり🌻が満開に近づいています🌻

  • IMG_9095

    北陸新幹線「かがやき」と「ワイドビューしなの」で行った、国宝、松本城へ日帰りの旅!