1. TOP
  2. 佐倉城下町🏯菖蒲まつりが始まります。6/10〜11開催🌼

佐倉城下町🏯菖蒲まつりが始まります。6/10〜11開催🌼

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

佐倉城址公園の花菖蒲が満開に近くなってきたので行ってみた。国立歴史民俗博物館から佐倉城址公園の、姥が池を通り坂道を行くと8分咲程度の花の塊が遠くに見えた。たまたま花菖蒲の手入れをしているボランティアの方と話が出来て、花菖蒲の花は天気が良いと3日間しか持たないとのことで、手入れに大忙しの様子でした。菖蒲祭りを控えて今が見頃だと思います。よりみちをおススメします。

今年も佐倉城址公園内にある菖蒲田には、紫・黄・白など色とりどりの花菖蒲約9,000株が美しく咲き誇ります。
情緒あふれる花菖蒲に囲まれて、憩いのひとときをお過ごしください。
※花菖蒲は例年6月上旬~中旬が見ごろです。

花菖蒲の写真

イベント概要

日時 平成29年6月10日(土)・11日(日) 午前10時~午後4時(雨天決行)
場所 佐倉城址公園内菖蒲田
主催 歴博通り田町商店会

内容

野点(のだて)(有料)、模擬店出店、佐倉城址公園周辺散策(ガイド同行 無料)を予定しています。

IMG_8515 IMG_8516 IMG_8517 IMG_8518 IMG_8519 IMG_8520 IMG_8521 IMG_8522 IMG_8523

ハナショウブ

学名:Iris ensata
和名:ハナショウブ(花菖蒲)

科名 / 属名:アヤメ科 / アヤメ属

ハナショウブ

‘追風’(江戸系)

ハナショウブ

‘麗人’(長井古種)

ハナショウブ

クリックすると拡大します

ハナショウブとは

  • 花菖蒲 イラスト に対する画像結果

特徴

ハナショウブは初夏、梅雨の中でも、ひときわ華やかに咲き誇ります。野生のノハナショウブをもとに、江戸時代を中心に数多くの品種が育成され、現在2000以上あるといわれています。優美な花形としっとりとした風情が魅力で、色彩の魔術師とも呼ばれるように、花色の変化に富んでいます。アヤメカキツバタに似ていますが、花弁のつけ根が黄色で、アヤメのような網目模様はなく、葉幅は狭く、葉脈がはっきりと隆起している点でカキツバタと区別できます。花形は、三英咲き(さんえいざき)と呼ばれる3枚の弁が大きく目立つものと、6枚の弁が広がる六英咲き(ろくえいざき)、そして八重咲きなどがあります。品種の育成地によって、江戸系、伊勢系、肥後系の3タイプに大別されますが、これらの交配種もあり、さらに、種間交配によって育成された黄花品種や、アメリカなど海外で育成された品種もあります。
なお、端午の節句のショウブ湯に利用されるのは、サトイモ科のショウブ(Acorus属)で、ハナショウブとは別の植物です。

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 日本、朝鮮半島~東シベリア
草丈/樹高 50~100cm 開花期 6月~7月中旬
花色 青,紫,ピンク,白,複色,黄 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い

IMG_8524 IMG_8525 IMG_8526 IMG_8527

花菖蒲の解説

  • 花菖蒲 イラスト に対する画像結果


花菖蒲の発達歴史
系統図
江戸以前 江戸初期 江戸中期 明治・大正・昭和 第2次大戦後
ノハナショウブ
ノハナショウブ
より
長井古種
ノハナショウブより 松阪の花菖蒲 伊勢系 現代の伊勢系
ノハナショウブ
より
古種 江戸期の江戸系 江戸系 現代の江戸系
江戸期の江戸系より 肥後系 現代の肥後系
江戸系・肥後系より アメリカ系
歴史 花菖蒲の観賞は、約800年前から始まっていたと言われているが、栽培が行われた記録は江戸時代の1660年代で、尾張藩主・徳川光友が植えて観賞したというのが初めのようである。
最も花菖蒲の改良に貢献したのは幕府の旗本・松平菖翁で、各地から野生の花菖蒲の変り咲きを集め、苦心して交配を続け、今日に残る多くの名花を作出した。このような武士階級の園芸趣味の流行が一般庶民にまで移り、江戸を中心に発達した花菖蒲を江戸花菖蒲と呼ばれる。
松平菖翁より花菖蒲を分与された肥後藩主細川斉護侯が国もとの熊本に送ったものが、明治時代の愛好者たちによって改良され今日に至ったものが肥後花菖蒲と言われている。
一方、伊勢松阪の紀州藩士・吉井定五郎によって、三弁咲きで垂れ咲きになる品種などが作出され、伊勢花菖蒲と呼ばれる品種群が出来上がった。
また、明治初年に始まった花菖蒲の米国輸出により、江戸、肥後系をもとにアメリカで品種改良されたものをアメリカ系花菖蒲と呼ばれる。
花菖蒲の色
花菖蒲の色のパターンは基本になる色の濃い、薄い、色の組み合わせ、筋入り、ぼかし入りとなっているが、その微妙な
色合いは言葉で表すのが非常に困難である。

純白色 青紫色 ピンク色 紫色
紅紫色 黄色 白筋入り 脈入り
絞り 二色花 白筋入りぼかし 覆輪(フクリン)
花容の用語
三英咲き 六英咲き 八重咲き 受け咲き 平咲き 深咲き
垂れ咲き 台咲き 玉咲き 爪咲き
花菖蒲の系統別特徴と主な品種
ノハナショウブ
山野の草原や湿原に生え、夏の頃赤紫の花が咲く花菖蒲の先祖。
青森県で発見 白花 爪紅(ツマベニ) 青森県に自生
長井古種
山形県長井市に保存されている一群で、江戸系より古い時代に栽培されたもので古種系または長井系と呼ばれている。草丈が高く花形も小さく野性的であるが花色が変化に富み清楚な美しさがある。
日月(ジツゲツ) 三淵の流(ミフチノナガレ) 紬娘(ツムギムスメ) 長井小紫(ナガイコムラサキ)
江戸系(江戸花菖蒲)
江戸時代の中期に松平菖翁により精力的に改良されたもので、花の色や形、花の大きさなどが様々でで品種数が最も多い。花びらの間に隙間がある三英咲きが多く、江戸っ子好みのキリッとした粋な感じを持つのが特徴。庭園などに群生させて楽しむ目的を持って改良されてきたため病気や直射日光に強く栽培も容易で見事な群生美を見せる。
清少納言(セイショウナゴン) 葵祭(アオイマツリ) 千代の春(チヨノハル) 紅公子(ベニコウシ)
都の巽(ミヤコノタツミ) 小町娘(コマチムスメ) 青岳城(セイガクジョウ) 清水桜(キヨミズザクラ)
肥後系(肥後花菖蒲)
江戸時代の終りごろ、江戸系の品種が肥後(熊本県)に運ばれ室内観賞に向く鉢植え用として改良されたもの。したがって、草丈は低めで花は堂々たる大輪で、花弁が僅かに重なり合う六英咲きが多く、花、葉とのバランスもよく男性的な風格を備えている。しかし、風雨に弱く群生美の点でやや劣る欠点があるが、肥後系の特徴を生かし庭植えでもよく咲き競う優れた品種が作出されている。
新七彩の夢(シンナナイロノユメ) 吉野の夢(ヨシノノユメ) 夜の虹(ヨルノニジ) 紫雲の峯(シウンノミネ)
伊勢系(伊勢花菖蒲)
江戸時代の終わり頃から伊勢(三重県)の松阪地方を中心に改良されたもの。花弁はちりめん状で深く垂れる三英咲きで女性的で柔和な感じをもつ。鉢植え栽培を主とし葉と花が同じ高さにまとまることが特徴。
美吉野(ミヨシノ) 青柳染(アオヤギゾメ) 宝玉(ホウギョク) 秀英冠(シュウエイカン)
雑種系
自然条件ではできないが、近年発達したバイオテクノロジーにより、キショウブ、カキツバタなどの近縁種との交配によって生まれた品種である。まだ、品種としての出回りは少ないが今後の躍進が期待される。
愛知の輝(アイチノカガヤキ) 平成(ヘイセイ) 稔の秋(ミノリノアキ) 新世紀(シンセイキ)
アメリカ系(一般的に外国系花菖蒲)
日本と異なったアメリカなど気候風土のもとで、多くの人たちにより品種改良が活発に行われている。外国人の目により選別されたものであるだけに、日本の在来種にない豊かな色彩と花容を備えているのが大きな特徴である。
Silver Cascade Garden Garden Stippled Ripples Fairy Carillon

IMG_8528 IMG_8529 IMG_8530 IMG_8531 IMG_8532 IMG_8533 IMG_8534 IMG_8535 IMG_8536 IMG_8537 IMG_8538 IMG_8539 IMG_8540 IMG_8541 IMG_8542 IMG_8543 IMG_8544 IMG_8545 IMG_8546 IMG_8547 IMG_8548 IMG_8549 IMG_8550 IMG_8551 IMG_8552 IMG_8553 IMG_8554 IMG_8555 IMG_8556 IMG_8557 IMG_8558 IMG_8559 IMG_8560 IMG_8561 IMG_8562 IMG_8563 IMG_8564 IMG_8565 IMG_8566 IMG_8567 IMG_8568 IMG_8569 IMG_8570 IMG_8571 IMG_8572 IMG_8573 IMG_8574 IMG_8575 IMG_8576 IMG_8577 IMG_8578 IMG_8579 IMG_8580 IMG_8582 IMG_8583 IMG_8584 IMG_8585 IMG_8586 IMG_8587 IMG_8588 IMG_8589 IMG_8590 IMG_8591 IMG_8592 IMG_8593 IMG_8594 IMG_8595 IMG_8596 IMG_8597 IMG_8598 IMG_8599

ビオトープ(生物観察水路)

IMG_8600 IMG_8601 IMG_8602 IMG_8603

 アクセス地図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 江戸時代の大名庭園、五代将軍綱吉も愛した、六義園の紅葉をよりみち!

  • 紅葉の秩父多摩国立公園、せせらぎの、秋川渓谷を歩く🍁

  • 企画展「翔べ 日本の翼―航空発達史―」国立公文書館にて開催中・7/8(土)まで✈

  • 上越新幹線「Maxとき」🚄で行った、新潟総鎮守・白山神社に日帰りのたび!!

  • 昔、子供の通った通学路を歩いてみた!道ばたの畑に、ねぎ、ダイコン、白菜!もうスイセンも咲いていた!

  • 満開から桜ふぶき🌸🌸感動の佐倉城址公園に「よりみち」🌸