1. TOP
  2. 伊勢ナデシコは「御所ナデシコ」として門外不出の献上品!歴博付属くらしの植物苑「伝統のナデシコ展」によりみち✿

伊勢ナデシコは「御所ナデシコ」として門外不出の献上品!歴博付属くらしの植物苑「伝統のナデシコ展」によりみち✿

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

自宅から徒歩圏にある、歴博付属「くらしの植物苑」に「伝統のナデシコ展」をやっているというので、会期の最終日に行ってきた。私が従来抱いていたナデシコと伝統ナデシコである「伊勢ナデシコ」では、見た目から相違していると思った。実物を見てナデシコの優美さが際立っていると感じた。今回、ナデシコ展ほか、特に「ドクダミ」について効能等含めて掲載した。

 

「伊勢ナデシコ」について

  • 伝統撫子イラスト に対する画像結果

伝統のなでしこである「伊勢ナデシコ」は文献によると、江戸時代後期、伊勢地方で、改良に改良された品種で「花弁の長いナデシコ」を「伊勢ナデシコ」として珍重された。当時、御所に献上されて、「御所ナデシコ」として門外不出のなでしことなったようだ。

IMG_7613IMG_7612

伊勢ナデシコ(ナデシコ科ナデシコ属)

IMG_6524

このページの目次
開催概要展示構成関連の催し

開催概要

伝統のナデシコ
開催期間平成16年5月11日(火)〜5月30日(日)

江戸時代に隆盛をきわめた園芸文化は、日本独自の美意識と高度な技術によって、多種類の植物群にわたっておびただしい品種群をつくりだしました。それらの多くは、明治時代以降の西洋園芸の急速な変化によって失われ、高度な園芸技術も消滅しようとしています。歴博では、絶滅に瀕しているそれらの系統の探索と維持、生物学的な基礎研究と歴史学的な基礎研究の総合の成果としてのその一端を展示し、歴史の理解を促していきたいと考えます。

伝統のナデシコは、日本に自生しているナデシコに中国からのセキチクが交雑したいわゆる雑種のなかから選び出されたといわれています。江戸時代には改良がすすみ、たくさんの品種がうみだされました。花弁が細く長くなるものはとくに珍重されています。

IMG_6525 IMG_6526

伊勢ナデシコ(ナデシコ科ナデシコ属)

IMG_6527 IMG_6528 IMG_6529 IMG_6530 IMG_6531 IMG_6532 IMG_6533 IMG_6534 IMG_6535

IMG_7611IMG_7610IMG_7609

ツワブキ

IMG_7480 IMG_7481 IMG_7482

バショウ

IMG_7483 IMG_7484 IMG_7485

マコモ

IMG_7486 IMG_7487 IMG_7488

アサザ

IMG_7489 IMG_7490 IMG_7491 IMG_7492 IMG_7493 IMG_7494

ドクダミ

IMG_7476

IMG_7477

IMG_7479

IMG_7478

ドクダミ(八重)

IMG_7495 IMG_7496 IMG_7498 IMG_7499 IMG_7500

ドクダミ

十薬  魚醒草(ぎょせいそう)  ドクダン  ハッチョウグサ  シブト草
 
 

ドクダミとは、東アジア地域に分布する多年草草木で、デカノイルアセトアルデヒドという精油成分やクエルシトリン、イソクエルシトリン、ミネラルなどの成分を含んでいます。ドクダミは、利尿作用や便秘改善効果、炎症を抑える効果があるほか、血管を丈夫にする働きや美肌に対する効果があります。

ドクダミの健康効果
◎デトックス効果
◎高血圧を予防する効果
◎美肌効果
  美肌に導く注目の素材はこちら
◎炎症を抑制する効果

目次

ドクダミとは

●基本情報
ドクダミは東アジア地域に分布する多年生草木で、日本でも全国各地で見ることができ、6月の梅雨の時季に黄色い穂状の花をつけます。一般的に白い花びらのように見えるのは、植物学的には花ではなく「蔀(ほう)」と呼ばれるがくの部分です。
ドクダミは、生のドクダミが持つ特有の臭気がまるで毒を溜めているようで「毒溜み、毒矯み(ドクダミ)」に由来し名付けられたといわれています。ドクダミの漢方生薬名は「十薬」といい、馬に食べさせると10もの効果があるということから名付けられました。
ドクダミには特有の香りがあり、繁殖力が強い地下茎は長く伸びて分岐するため、一度根づくと、なかなか除草することができません。そのため、ドクダミは除草しにくく、しぶとい草であることから「シブト草」とも呼ばれます。
ドクダミには強い独特な香りを持つデカノイルアセトアルデヒドという精油成分やクエルシトリン、イソクエルシトリン、ミネラルなどの成分を含んでおり、デトックス効果、美肌効果など様々な効果を持ちます。

●ドクダミの歴史
ドクダミは江戸時代の書物である『大和本草』や『和漢三才図絵』に記載があるほど、古くから健康効果が知られていました。
江戸時代の儒学者・本草学者である貝原益軒が著書『大和本草』の中で、ドクダミは「和流ノ馬医用之馬ニ飼フ、十種ノ薬ノ能アリトテ十薬ト号スト云(わが国の馬医がこれを馬に用いると、十種の効能があるので、十薬と呼ぶことにした)」と記されています。
また古くからドクダミの強い殺菌・抗菌効果は知られており、よく洗った新鮮なドクダミの生葉をもみ、葉汁をおできや痔などの患部に直接塗るなどの民間療法としても利用されていました。
日本では民間薬として、化膿性皮膚炎や水虫などの皮膚に関する病気に用いられており、研究が進むにつれ、ドクダミの様々な効果が解明されるようになりました。
ドクダミは、厚生労働省の発行する「日本薬局方」に「十薬」という生薬名で記載されています。「日本薬局方」は、薬事法によって医薬品の適正を図るために、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見から定めた医薬品の規格基準書です。

●ドクダミの収穫時期
ドクダミの収穫の最盛期は、開花時期である5月下旬~6月頃です。この時期が最盛期とされているのは、花をつけたドクダミが利尿作用や毛細血管の強化、炎症を抑える効果を持つクエルシトリンを最も多く含んでいるためです。
ドクダミの開花時期は2ヶ月程で、秋以降は葉や茎もなくなるため、開花時期には1年分のドクダミが収穫されます。

●ドクダミに含まれる成分と効果
ドクダミには、多くの種類のフラボノイドが含まれていますが、その中でも、クエルセチンには血管を拡張させたり、尿の排出を促進したり、炎症を抑える効果があり、ドクダミの効果を得るためには欠かせない成分です。
ドクダミの葉は乾燥させると、揮発性成分のデカノイルアセトアルデヒドが分解されるため、殺菌効果が失われますが、乾燥ドクダミ(全草)にはフラボノイド成分であるクエルセチン、ルチンやクエルシトリンが含まれています。

ドクダミに含まれるルチンには、血管の透過性を適度に保ち、血管を丈夫にする働きがあります。
血管は、体内の細胞との間で栄養や酸素などのやりとりを行っていますが、その機能は血管が持つ透過性によって維持されています。
透過性とは、物質を通り抜けさせることができる性質のことです。血管の透過性は、高すぎても低すぎても体に良い影響を与えません。
酸素や栄養素など、細胞に与える物質の大きさに応じて適度な透過性を保つことが大切です。ルチンは、この血管が持つ透過性を調節する作用があります。
また、ルチンは丈夫な血管に不可欠なコラーゲンの合成を助けるビタミンCの吸収を促進し、血管の老化を抑制します。
このように、ドクダミに含まれる水溶性のビタミン様物質[※1]であるルチンには、毛細血管の透過性を改善し、さらにビタミンCの吸収を促進することで、血管を丈夫にする働きがあります。

生のドクダミに含まれているデカノイルアセトアルデヒドという成分は、非常に強力な殺菌・抗菌作用を持っています。ドクダミには、食中毒や傷口の膿みの原因となる黄色ブドウ球菌や、水虫などの原因となる糸状菌の細菌を抑制する働きがあります。デカノイルアセトアルデヒドは蒸発しやすい性質を持つため、この効果は新鮮な生の葉のみに限られます。【3】

また、植物の色素成分であるフラボノイドも多く含み、抗酸化作用や便秘の改善、血管の強化、老廃物の排泄促進などの効果が期待されているため、血管を丈夫にする効果や炎症を抑える効果が期待できます。
ドクダミには、高血圧の要因となるナトリウムを排出するカリウムが高濃度に含まれているため、血圧を下げる効果が期待できます。

●ドクダミの摂取方法
ドクダミの一般的な摂取方法としてドクダミ茶が知られています、近年ではドクダミジュースやクッキーなど様々な商品が販売されています。
また、ドクダミは外用で使用し美容にも働きかけるため、化粧水などにも利用されています。
その他、外用薬として皮膚化膿症に用いられることもあります。

●ドクダミを摂取する際の注意点
ドクダミにはカリウムが高濃度に含まれているため、腎機能の低下している方は、摂取の際に注意が必要です。
また、ドクダミには排便を促す作用があることから、過剰に飲み続けることで下痢の症状が出る可能性があります。

[※1:ビタミン様物質とは、ビタミン類には含まれず、ビタミンと似た働きを持つ栄養素の総称です。]

このページのトップへ

ドクダミの効果

●デトックス効果
ドクダミには、多くのカリウムが含まれており、尿の排出を促進する作用があります。また、ドクダミは便の排出を促す作用もあるため、古くから利用されてきました。このようにドクダミには、体内に蓄積された毒素を排出するデトックス効果があります。●高血圧を予防する効果
ドクダミには、高血圧の要因となるナトリウムを排出するカリウムが含まれており、余分な塩分を排出して、血圧を下げる働きがあります。これにより、高血圧を予防する効果が期待できます。●美肌効果
肌荒れは、細菌が皮膚の毛穴などに詰まった油分や汚れを栄養にし、繁殖した炎症のもととなる物質を分泌することで引き起こされます。また、便秘などにより肌荒れが引き起こされることも知られています。
生のドクダミに含まれているデカノイルアセトアルデヒドは、殺菌・抗菌効果があるため、肌荒れの原因となる細菌の働きを抑制します。
ドクダミに含まれるクエルシトリンやイソクエルシトリンには、利尿効果や毛細血管の強化作用があり、新陳代謝を促すため、体のすみずみまで栄養を届け、肌の生まれ変わりを促進します。
さらにドクダミは、体内に生じた老廃物や毒素を排泄する効果があり、血液を浄化し、ニキビや吹き出物などの肌トラブルも生じにくい体質へと改善するといわれています。
このように、ドクダミには体の外的・内的の両面で美肌に効果があります●炎症を抑制する効果
ドクダミに含まれるクエルシトリンは、ストレスやバランスの悪い食習慣などで弱った胃腸に働きかけ、胃壁のただれや傷を治すといった炎症を抑制する効果があります。
また、細菌感染などにより副鼻腔の粘膜が炎症を起こす副鼻腔炎や、アトピー性皮膚炎にも効果が期待されています。【1】【4】【5】

このページのトップへ

ダクダミはこんな方におすすめ

○便秘でお悩みの方
○体内の毒素を排出したい方
○美肌を目指したい方

ドクダミの研究情報

【1】ドクダミ(HSE)の抗炎症作用についてラットカラゲナン空気嚢モデルで検討しました。ドクダミは腫瘍壊死(TNF-α)、プロスタグランジンE(2)および一酸化窒素(NO)を抑制しました。このことから、ドクダミがTNF-α-NOとシクロオキシゲナーゼ-2-PGE(2)経路の両方を阻害することにより抗炎症作用が示されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22787488

【2】糖尿病ラットの腎組織でドクダミがTGF-beta1(成長因子)およびBMP-7(骨形成にかかわるタンパク質)の発現に及ぼす作用について調べました。ドクダミ投与群では、TGF-β1およびコラーゲンの発現低下が見られましたが、BMP-7は増加しました。ドクダミ投与によってTGF-β1、コラーゲン1の発現低下、BMP1の発現増加が誘発され、ドクダミには糖尿病マウスの腎保護作用があることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17955662

【3】マウスサルモネラ症に対するドクダミ抽出物の抗菌作用について調べました。ドクダミ抽出物は用量依存的にチフス菌の抗菌作用を示しました。さらに、マクロファージ細胞に感染したチフス菌に対し、ドクダミ抽出物を加えた際のマクロファージが発生するNO量はドクダミ抽出物がないときの2倍でした。In vivoにおいてもドクダミ抽出物はチフス菌による毒素抑制作用を示しました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18981565

もっと見る

IMG_7501 IMG_7502 IMG_7503 IMG_7504

フキ

IMG_7505 IMG_7506 IMG_7507 IMG_7508

クコ

IMG_7509 IMG_7510 IMG_7511 IMG_7512 IMG_7513

ミヤコワスレ

IMG_7514 IMG_7515 IMG_7516 IMG_7517 IMG_7518 IMG_7519 IMG_7520 IMG_7521

マユミ

IMG_7522 IMG_7523 IMG_7524 IMG_7526 IMG_7527 IMG_7528

マユミ

IMG_7529 IMG_7530

フキ

IMG_7531 IMG_7532 IMG_7533

ザクロ

IMG_7534 IMG_7535

オオバギボウシ

IMG_7537IMG_7538IMG_7539IMG_7540IMG_7541IMG_7542IMG_7543IMG_7544IMG_7545IMG_7546IMG_7547IMG_7548IMG_7549IMG_7550IMG_7551IMG_7552IMG_7553IMG_7554IMG_7555
シナノキ
IMG_7556IMG_7557IMG_7558IMG_7559IMG_7560IMG_7561IMG_7562IMG_7563IMG_7564
ロウバイ
IMG_7566
オオムギ
IMG_7567IMG_7568IMG_7569
コムギ
IMG_7570IMG_7571IMG_7572IMG_7573
ベニシタン
IMG_7574IMG_7575IMG_7576IMG_7577IMG_7578IMG_7579IMG_7580
ナツロウバイ
IMG_7581IMG_7582IMG_7583IMG_7584IMG_7585IMG_7586IMG_7587IMG_7588IMG_7589IMG_7590IMG_7591IMG_7592IMG_7595
クララ(苦参)
IMG_7597IMG_7598IMG_7599IMG_7600IMG_7601IMG_7602
ザクロ
IMG_7604IMG_7605IMG_7606IMG_7607

 

アクセス地図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 成田空港からLCCで札幌、小樽、日帰り弾丸ツアー!シーカヤックで小樽「青の洞窟」へ行く!

  • 東京駅前のKITTEビル内、東京大学総合研究博物館と都市のオアシスKITTEガーデン🎄によりみち!

  • 松虫姫伝説の印西(旧印旛村)松虫寺を行く!

  • 徳川将軍も愛した浜離宮恩賜庭園!黄色のジュータン菜の花畑と梅🌺のコラボをよりみち❗️

  • 満開の🌸北の丸公園!とっておき隠れスポットを、こっそり教えます🌸

  • 日帰り旅行、千葉、佐倉市の歴博付属・くらしの植物苑「伝統の朝顔」展に行く!