1. TOP
  2. 日本初の禅寺・鎌倉五山の第一位、執権・北条時頼が開基の建長寺によりみち!

日本初の禅寺・鎌倉五山の第一位、執権・北条時頼が開基の建長寺によりみち!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

北鎌倉から円覚寺は二度程行ったことがあるが、まだ、建長寺には行った事がなかった。今回は、紫陽花を訪ねて鎌倉の寺を訪ねる旅であったが、咲き始めの寺が多くて残念であった。その反面、静かな鎌倉をみることが出来たのは、ラッキーだった。建長寺は時の鎌倉幕府の執権、北条時頼が開基の鎌倉五山第一位と言うだけに時の鎌倉幕府北条氏の支援があり、広大な敷地に仏殿等、重厚な建造物が往時を偲んでいる。ぜひ、よりみちをおススメします。

紫陽花 イラスト に対する画像結果

臨済宗・建長寺(建長興国禅寺)

山号を巨福山(こふくさん)本尊は地蔵菩薩

パワースポットの建長寺(半僧坊あたり)

 

建長寺(けんちょうじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。山号を巨福山(こふくさん)と称し、寺号は詳しくは建長興国禅寺(けんちょうこうこくぜんじ)。

鎌倉時代建長5年(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は鎌倉幕府第5代執権北条時頼、開山(初代住職)は南宋禅僧蘭渓道隆で、第二世は同じく南宋の兀庵普寧である。鎌倉五山の第一位。境内は「建長寺境内」として国の史跡に指定。

IMG_7751

総門

天明3年(1783年)の建立。1943年に京都の般舟三昧院(はんじゅざんまいいん)から移築されたものである。

なお、般舟三昧院は後土御門天皇によって建立された皇室ゆかりの寺院で、もと伏見(京都市伏見区)にあり、現在は京都市上京区今出川通り千本東入るに所在する。総門に掲げられた「巨福山」の額は建長寺10世住持で書の名手である渡来僧・一山一寧の筆と伝える。「巨」字の第3画目の下に、余分な「点」が書き加えられているが、この点があることによって字に安定感が出ているとされる。

IMG_7752

IMG_7870

IMG_7869

創建

建長寺は鎌倉幕府5代執権北条時頼によって創建された禅宗寺院で、建長5年(1253年)に落慶供養が営まれている。開山(初代住職)は宋からの渡来僧・蘭渓道隆(大覚禅師)であった。当時の日本は、承久の乱1221年)を経て北条氏の権力基盤が安定し、京都の中央政府の支配力は相対的に弱まり、鎌倉が事実上、日本の首府となっていた時代であった。北条時頼は熱心な仏教信者であり禅宗に深く帰依していた。

創建の時期については、鎌倉幕府の公式記録である『吾妻鏡』には建長3年(1251年)から造営が始められ、同5年(1253年)に落慶供養が行われたとある。造営開始時期については建長元年(1249年)ないし2年からとする異説もあるが、おおむね建長元年(1249年)頃から造営の準備がなされ、同5年(1253年)に完成したとされる。建長寺が所在する山ノ内は、幕府のある鎌倉の中心部からは山一つ隔てた所に位置し、鎌倉の北の出入口の護りに当たる要衝の地であって、北条氏の本拠地でもあった。建長寺の境内が広がる谷(鎌倉では「やつ」と読む)は、元は「地獄ヶ谷」と呼ばれる処刑場で、地蔵菩薩を本尊とする伽羅陀山心平寺という寺が建っていた。建長寺の本尊が禅宗寺院の本尊として一般的な釈迦如来ではなく地蔵菩薩であるのは、こうした因縁によるものである。また、心平寺の旧本尊と伝える地蔵菩薩像は今も建長寺に伝来している。

開山の蘭渓道隆は中国・宋末の禅僧で、寛元4年(1246年)、33歳で来日した。はじめ筑紫、京都に住んだ後、宝治2年(1248年)に鎌倉入りし、建長寺が創建されるまでは常楽寺(鎌倉市大船に現存)に住した。当時の日本には、すでに半世紀以上前に建立された建仁寺(京都)や寿福寺(鎌倉)などの禅宗系寺院があったが、当時これらの寺院は禅宗と他宗との兼学であり、純粋禅の道場としては建長寺は、聖福寺(北九州)などに次ぐ古さを誇るとされている。伽藍配置は中国式であり、寺内では日常的に中国語が使われていたという。蘭渓道隆の禅風は中国宋時代の純粋禅を受け継いだ厳格なものであった。道隆は弘長2年(1262年)京都の建仁寺に移ったが2年後に鎌倉に戻って建長寺住持に復帰。その後、文永の役の際には中国側のスパイと疑われたためか、甲斐(山梨県)に流されたこともあったが、のちに許されて鎌倉に戻り、弘安元年(1278年)4月、建長寺住持に再度復帰。同じ年の7月、異国日本で生涯を閉じた。66歳であった。

IMG_7753

三門(山門)

安永4年(1775年)の建立で、2005年重要文化財に指定されている。

銅板葺きの二重門(2階建て)で、関東大震災で倒壊し、再建される。初層には仁王像などを置かず、門扉も壁もない吹き放しとしている。上層には宝冠釈迦如来像や銅造の五百羅漢像などを安置する(上層は非公開)。

IMG_7755 IMG_7756 IMG_7757 IMG_7758

梵鐘(国宝)

三門右手の鐘楼に架かる。高さ約2.1メートル。建長寺創建当時の数少ない遺品の1つとして貴重である。建長7年(1255年)、鋳物師物部重光の制作。銘は蘭渓道隆が撰(作文)し、筆を執ったもので、文字は陽鋳(字形が彫り込まれるのではなく立体的に浮き出している)となっている。撞座の位置が高い点など、全体に復古的な作風を示す鐘である。銘文中の「建長禅寺」は、日本における「禅寺」の語の初見とされている。

IMG_7759 IMG_7760 IMG_7761 IMG_7762 IMG_7763 IMG_7764 IMG_7765 IMG_7766 IMG_7767

西来庵 (せいらいあん)
開山蘭渓道隆の墓塔を守る塔頭寺院である。三門の右手にある嵩山門(すうざんもん)が入口だが、そこから先は修行道場のため、一般の立ち入りは禁止されている。開山蘭渓道隆の墓塔(石造無縫塔)、蘭渓の肖像彫刻を安する開山堂とその手前に立つ昭堂(重要文化財)などがある。昭堂は寛永11年(1634年)頃の建立である。

IMG_7768 IMG_7769 IMG_7770 IMG_7771 IMG_7772 IMG_7773

三門の内部

IMG_7774 IMG_7775 IMG_7776 IMG_7777 IMG_7778 IMG_7779 IMG_7780

建長寺の柏槇(びゃくしん)

IMG_7781 IMG_7782 IMG_7783 IMG_7784 IMG_7785 IMG_7786 IMG_7787 IMG_7788 IMG_7789 IMG_7790 IMG_7791

仏殿

重要文化財。 寄棟造で単層裳階が付く。

芝(東京都港区)の増上寺にあった、徳川秀忠夫人崇源院の霊屋(たまや)を建て替えに際し、譲渡されたもので、正保4年(1647年)に建長寺に移築されている。

もともと霊廟建築として造られたものであるので、屋根や天井などの形式が一般的な禅宗の仏殿とは異なっている。すなわち、屋根は入母屋造でなく寄棟造である。また、天井は禅宗仏殿では平板な「鏡天井」とし、龍などの絵を描くことが多いが、この仏殿の天井は和様の格天井(ごうてんじょう)である。

堂内には本尊の地蔵菩薩坐像(室町時代の作、像高2.4メートル)、もとこの地にあった心平寺の旧本尊地蔵菩薩坐像、千体地蔵菩薩立像、千手観音坐像、伽藍神像などを安置する。堂前にあるビャクシン(白槙、和名イブキ)の古木7本は開山蘭渓道隆手植えと伝えるもので、樹齢約750年といわれる

IMG_7792 IMG_7793 IMG_7794 IMG_7795 IMG_7796 IMG_7797 IMG_7798 IMG_7799

法堂

重要文化財で、禅宗以外の寺院の「講堂」に相当する建物。方三間、裳階付、銅板葺き。文化11年(1814年)の建立である。内部には千手観音坐像を安置する。鎌倉最大級の木造建築で2005年に重要文化財に指定された。天井画は小泉淳作筆の雲龍図。2005年愛知万博に陳列されたラホール中央博物館所蔵の釈迦苦行像のレプリカ万博終了後パキスタンより寄贈され安置された。

IMG_7800 IMG_7801 IMG_7802 IMG_7803 IMG_7804 IMG_7805 IMG_7806

IMG_7807

IMG_7808 IMG_7809 IMG_7810 IMG_7811

唐門

重要文化財で方丈入口の門。仏殿と同じく、芝の徳川秀忠夫人崇源院霊屋から移築したもの。関東大震災以来の大修理が2011年5月に終了し、移築当時の姿が再現された。

IMG_7812 IMG_7813 IMG_7814 IMG_7815 IMG_7816 IMG_7817 IMG_7818 IMG_7819 IMG_7820 IMG_7821 IMG_7822

方丈

「竜王殿」とも称する。総門と同じく、京都の般舟三昧院から移築したもの。庭園は夢窓疎石の作といわれる。

IMG_7823 IMG_7824 IMG_7825 IMG_7826 IMG_7827 IMG_7828 IMG_7829 IMG_7830 IMG_7831 IMG_7832 IMG_7833 IMG_7834 IMG_7835 IMG_7836 IMG_7837 IMG_7838 IMG_7839 IMG_7840 IMG_7841 IMG_7842 IMG_7843 IMG_7844 IMG_7847 IMG_7848 IMG_7849 IMG_7850

境内および庭園

境内は1966年(昭和41年)9月12日、「建長寺境内」として国の史跡に指定されている。庭園は1932年(昭和7年)7月23日、「建長寺庭園」として国の史跡および名勝に指定されている。「建長寺庭園」の指定範囲は仏殿前のビャクシンの植栽と、方丈裏の庭園である。

IMG_7851 IMG_7852 IMG_7853 IMG_7854 IMG_7855 IMG_7856 IMG_7857 IMG_7858 IMG_7859 IMG_7860 IMG_7861 IMG_7862

IMG_7863

IMG_7864 IMG_7865 IMG_7866 IMG_7867

宗学林と関連エピソード

1886年、修行僧学校・宗学林を設立。現在の鎌倉学園中学校・高等学校の前身となる。現在も同校の経営には関与しているが、明確な形での宗教教育は行っておらず、男子中高一貫教育を行う進学校として運営されている。

同校の出身者である桑田佳祐が所属するサザンオールスターズが、2003年6月21日に、境内でスペシャル・ライブを行い、三門(山門)がステージとして使用された。入場者はファンクラブ会員の2,500名限定であったが、境内に入れないファンが殺到し、付近の路上は大渋滞となった。三門(山門)は重要文化財に指定される前であったが、音響機材・照明機材が接する場所はすべて養生され、かなり慎重に運営された様である。

また、2003年6月28日に『第17回・FNS27時間テレビ みんなのうた』において、スペシャル・ライブの模様を収録した映像が放送されたが、映像の雰囲気が生放送(生中継)の様に見えたため、視聴者が勘違いしないよう「この模様は事前に収録したものです」とテロップを入れ、さらにアナウンサーからも同様の注意喚起が行われたが、一部視聴者が「サザンオールスターズが今建長寺でライブをしている」と勘違いし殺到した。

IMG_7868

 

 アクセス地図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 原子力航空母艦ロナルド・レーガン停泊中の横須賀港にヨリミチ🚣‍♀️

  • 佐倉市民ハイキングで伝統的民俗文化、大蛇の魔除け🐍佐倉市「井野の辻切り」を堪能🐍

  • 🌸河津桜が咲きはじめ、梅林坂の紅白梅も綺麗に咲いている皇居東御苑をヨリミチ‼️

  • アニメ刀剣乱舞の「同田貫正国」がある佐倉市内の「塚本美術館」にヨリミチ‼️

関連記事

  • 国指定重要文化財で日本の歴史公園100選🌸日光田母沢御用邸記念公園によりみち🏵

  • 歴博付属くらしの植物苑は春爛漫🌼ハナズオウ、タイワンシャクナゲ、シャクヤクの競演です🌻

  • 江戸時代の深川の町を再現❗️江戸深川資料館によりみち!

  • 印旛沼からナウマン象を発見❗️房総のむらの、風土記の丘資料館によりみち!

  • 松虫姫伝説の印西(旧印旛村)松虫寺を行く!

  • 箱根日帰りの旅🗻乙女峠を越えて、パワースポット箱根神社によりみち!