1. TOP
  2. 日本で最初の洋式灯台、観音埼灯台から浦賀水道に行き交う船をみました🚢

日本で最初の洋式灯台、観音埼灯台から浦賀水道に行き交う船をみました🚢

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

三浦半島や横須賀は何度か訪れたことはあるが、意外に観音埼灯台は行った事がなく、今回、浦賀水道の行き交う船を、潮風に吹かれながら、観音埼灯台から見て見たいと思い行く事にした。幕末の歴史の舞台を見据えた、観音崎灯台は、今も浦賀水道を行き交う船の安全を照らしている。

IMG_2182

観音埼灯台

観音埼灯台(かんのんざきとうだい)は、日本灯台。日本最古の洋式灯台として神奈川県横須賀市三浦半島東端の観音崎に立っている。白色八角形の中型灯台で、日本の灯台50選に選ばれている。

東京湾浦賀水道を照らし、東京湾海上交通センターとあわせ海上交通が輻輳する浦賀水道航路の安全に寄与している。また日本初の洋式灯台であり、この灯台の着工日を記念して11月1日灯台記念日に指定された。初代の設計はレオンス・ヴェルニー等が担当したが、大正時代の地震により2度再建され、現在の灯台は3代目にあたる。周辺は県立観音崎公園となっており、自然環境が保護されている。

歴史

それまで浦賀水道を照らしていた西浦賀燈明堂に代わり、1869年に点灯した。1866年慶応2年)、アメリカイギリスフランスオランダと結んだ「改税条約」(江戸条約)によって建設を約束した8ヶ所の灯台(条約灯台)の1つで、最も早く完成・点灯した。

初代灯台の建造に使用された「ヨコスカ製鉄所煉瓦」の刻印部分。

初代

建設当初は煉瓦造りの四角い洋館建てで、設計はレオンス・ヴェルニー等フランス人技師が担当した。屋上に灯塔を設けたフランス風白色八角形の煉瓦造灯台で、地上から灯火までの高さは 12.12 m 。フランス製の第3等フレネル式レンズ、3重心灯器を使用し、実効光度 1,750 cd 、光達距離は14海里(約 26 km)だった。

2代

地震で被災した初代に代わりコンクリート造で再建されたが、関東地震関東大震災)により、わずか半年ほどで崩壊した。

3代

関東地震の後にコンクリート造で再建され、現在まで使用されている。

一般公開

内部の見学が可能な参観灯台である(参観料:大人200円、小人無料)。灯台からは浦賀水道を航行する船舶や対岸の房総半島が一望できる。

灯台資料展示室

灯台資料展示室が併設されており、初代の灯台を造ったフランソワ・レオンス・ヴェルニーの胸像や灯台レンズ、灯台用ランプなどの貴重な資料が展示されている。

周辺にある碑

交通

その他

木下惠介監督、佐田啓二高峰秀子主演の映画『喜びも悲しみも幾歳月』(1957年松竹作品)のファーストシーンに登場し、ロケが行われた。

観音崎公園

園内案内

海岸沿いの遊歩道には、変化に富んだ自然美あふれる岩礁や、海水浴、磯遊びができる砂浜があります。
園内の随所から東京湾の海景色が広がり、浦賀水道を行き交う世界の船や、対岸の房総半島を一望できます。
東京湾側の「観音崎園地」の指定エリア内では、BBQが楽しめます。(指定エリア等、BBQについての詳細情報は公式ホームページをご覧ください。)
また、日本初の洋式灯台である観音埼灯台や砲台跡、戦没船員の碑、西脇順三郎の文学碑など歴史的、文化的な特色もある公園です。
園内には観音崎自然博物館、ビジターセンター、美術館があり、自然観察の学習、芸術鑑賞も楽しむことができます。
房総半島から上る初日の出を見るスポットとしても人気があります。

散策

広大な観音崎公園は、さまざまなエリアに分かれ一日中いてもあきない自然のテーマパークです。
海辺での磯遊びはもちろん、手付かずの自然を満喫しながらの史跡散策もおすすめです。
ビューポイントは盛りだくさん。青く光る浦賀水道を行き交う大型船舶、向かいに見える房総半島を眺めながらのお弁当は格別です。

観音崎自然博物館
東京湾の生き物を中心に展示しています。
人気のタッチプールでは、観音崎周辺の海の生き物に触れます。
※入館料、開館日等の詳細は公式ホームページをご覧ください。
たたら浜
三浦半島では数少ない、白砂の浜辺です。
昭和29年、初代ゴジラがこの浜辺に姿を現わしました。現在では、その足跡が残されています。

うみの子とりで
とりでのような遊具、100mすべり台、ネットが張られたタワー、クライミングウォールなど、魅力的な遊具がもりだくさんです。

戦没船員の碑
第二次世界大戦や海難事故で犠牲となって失われた六万余人の民間船員の霊を慰め、かつ永遠の平和への願いを込めて設けられました。

歴史・文化

観音埼灯台
フランス人技師ヴェルニーの設計により日本最初の洋式灯台として明治元年8月30日(新暦11月1日)に起工し、翌年1月1日(新暦2月11日)点灯しました。
現在は3代目になります。
見学料:大人 200円(小学生以下無料)
時間:5月~9月 9:00~16:30 
    10月~4月 9:00~16:00
休業日:不定期

砲台跡
観音崎公園は、東京湾への入り口を守る要所として、古くは江戸幕府の命を受け会津藩が台場を築いています。
明治に入り、軍により砲台が設置され、終戦まで一般の人の立ち入りは禁止されていました。
現在でも、明治17年に竣工した北門第一砲台、三軒家砲台などが、当時の原形に近い形で残されています。
フランス積み、イギリス積みで造られた、レンガによる数多くの砲台関連の構築物を見ることもできます。

権現洞(観音崎の伝説)
観音崎園地から海沿いに進み、灯台へと続く階段の手前の崖に、大きな洞窟があります。
むかしむかし、この洞窟には大蛇が住みつき漁民や運漕の人々を苦しめていたそうです。
諸国修行の途中でこの地に立ち寄られた行基善菩は、大蛇を退治してその霊を鵜羽山権現として祀ったと伝えられています。

海辺に咲く紫陽花
自然が豊かな公園内を自生のガクアジサイや、アジサイが飾ります。
ガクアジサイは「かながわの花の名所100選」に選定されています。
見ごろ:6~7月

水仙
1月中旬~2月中旬。まだ寒さの厳しい早春を飾る、端正で上品さが漂う花です。
たたら浜の自然博物館付近に群生し、見事な花を咲かせます。

ハマダイコン
4月上旬~6月に花を咲かせます。
観音崎バス停から灯台方面に続く、海沿いの散策路で目にすることができます。

花の広場
観音崎公園内にある、なだらかに傾斜したとても広い野原です。野原と並んで花壇も作られており季節の花々が目を楽しませてくれます。

IMG_2152 IMG_2153 IMG_2154

ハマダイコンが咲き乱れる浜辺から浦賀水道をみる。

IMG_2155

観音埼の碑

IMG_2156

観音埼灯台はここから10分で行かれる。

IMG_2158 IMG_2159 IMG_2160 IMG_2161

ハマダイコン咲き乱れるの浜辺

IMG_2162 IMG_2163 IMG_2164 IMG_2165

海岸が侵食されている様子がよくわかる。

IMG_2166 IMG_2167 IMG_2168 IMG_2169 IMG_2170 IMG_2171 IMG_2172 IMG_2173 IMG_2174 IMG_2175 IMG_2176 IMG_2177

透き通った海水に小さな生物がいっぱい。

IMG_2178 IMG_2179 IMG_2180 IMG_2181 IMG_2182 IMG_2183  IMG_2185

浦賀水道を行き交う船。

IMG_2186 IMG_2187 IMG_2188 IMG_2189 IMG_2190

観音埼灯台が見えて来た。

IMG_2191

アンモナイト化石の案内板

IMG_2192

ハマダイコン越しに浦賀水道をみる。

IMG_2193

浦賀水道越し房総半島、富津岬方面をみる。

IMG_2194 IMG_2195 IMG_2196 IMG_2197

初代灯台建設秘話

IMG_2198

 

IMG_2199 IMG_2200 IMG_2201 IMG_2202 IMG_2203 IMG_2204 IMG_2205 IMG_2206 IMG_2207 IMG_2208 IMG_2209 IMG_2210 IMG_2211 IMG_2212 IMG_2213 IMG_2214 IMG_2215 IMG_2216 IMG_2217 IMG_2218 IMG_2219 IMG_2220 IMG_2221 IMG_2222 IMG_2223 IMG_2224 IMG_2225 IMG_2226 IMG_2227 IMG_2228 IMG_2229 IMG_2230 IMG_2231 IMG_2232 IMG_2233 IMG_2234 IMG_2235 IMG_2236

アクセス

電車とバス

JR横須賀線

「横須賀駅」から「観音崎」行きバス

横須賀駅からのバス所要時間は約35分です。終点で下車してください。

のりば 系統 主な経由地
3 須24 横須賀中央駅・日ノ出町
3 須24 横須賀中央駅・米ケ浜
3 須28 観音崎自然博物館(休日のみ運行)

京浜急行線

「浦賀駅」から「観音崎」行きバス

浦賀駅からのバス所要時間は約15分です。終点で下車してください。

のりば 系統 主な経由地
1 浦3 鴨居
1 堀25 鴨居

「馬堀海岸駅」から「観音崎」行きバス

馬堀海岸からのバス所要時間は約15分です。終点で下車してください。

のりば 系統 主な経由地
須24

自動車

横浜横須賀道路 馬堀海岸インターチェンジから約5分となります。
横浜横須賀道路 横須賀インターチェンジから約11キロメートル、本町山中有料道路から国道16号を東へ進行してください。

 アクセス図

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 都心のオアシス⛲️新宿御苑の薔薇🌹が見頃を迎えています🌹

  • 白鳳時代、和銅2年(703年)に開基の、印旛沼「龍伝説」の龍角寺を行く!

  • 👟風情ある石畳・坂と横丁の街!神楽坂をよりみち🌺

  • 東京国立劇場前のピンクで可憐な小松乙女、神代曙の桜が満開🌸

  • 国立公文書館、企画展「漂流ものがたり」によりみち!ジョン・万次郎漂流記も展示!

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️