1. TOP
  2. 国営武蔵丘陵森林公園(通称、森林公園)の黄色と橙のアイスランドポピーが満開で、心もあったかになりました🌼

国営武蔵丘陵森林公園(通称、森林公園)の黄色と橙のアイスランドポピーが満開で、心もあったかになりました🌼

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

初めて、国営武蔵丘陵森林公園に行ってみた。前から一度行って見たいと思っていた国営公園だ。一般的には、森林公園で通っている。鉄道の駅名、バス停等は当たり前に、森林公園となっている。今、満開のアイスランドポピーが丘陵一面に咲き誇っている。明るく華やかさがあって、観ているだけで、心も華やかになってくる。ネモフィラは広い面積ではないがあの透明の青さがなんとも言えない。天然のヤマツツジもいい。園内バスに乗り🚌一回りして観るとたくさんいろんな花を観れると思います。ぜひ、よりみちをオススメします。

 

アイスランドポピー に対する画像結果

国営武蔵丘陵森林公園(森林公園)

国営武蔵丘陵森林公園(こくえい むさしきゅうりょうしんりんこうえん)は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市(北口周辺のみ)にまたがる比企北丘陵にある国営公園。国の明治百年記念事業の一環として開設された

IMG_0139

概要

1974年7月22日に全国初の国営公園として開園した。公園は雑木林を中心に、池沼、湿地、草地など多様な環境を有しており、貴重な動植物が生育・生息する場所となっている。また、当園は関東最大級のヤマユリの名所でもあるほか、季節に応じた花修景を実施している。また、サイクリングコースやオリエンテーリングのパーマネントコースも整備されている。

周辺地域および東武東上線の沿線地域では、森林公園という名称の代名詞的な存在であることから単に「森林公園」と呼ばれており、正式名称で呼ばれることは皆無に近い。「武蔵丘陵森林公園」と呼ばれることも殆どない。最寄駅名が「森林公園」であることが最大の理由とされる。また、東武東上線の各駅における各種案内や道路標識などでも「森林公園」と略記されることが圧倒的に多い上に、公園管理センターの電話応答も「森林公園」のみである場合が多い。複数ある路線バスの最寄停留所名も「森林公園○○口(入口)」で統一されている。

みどりの日をはじめとして、年に数日入園が無料となる日がある。ただしその日は非常に混雑する。また秋から冬の季節になると、マラソン大会で当所を利用する中学・高校が数多くある。日本スリーデーマーチのコース(吉見百穴・森林公園ルート)にもなっている。

IMG_0140 IMG_0141

園内を一周する、園内バス

IMG_0142 IMG_0143 IMG_0144 IMG_0145 IMG_0146 IMG_0147  IMG_0149 IMG_0151 IMG_0152 IMG_0154 IMG_0155 IMG_0156

かわいいスタイルの園内バス

IMG_0158 IMG_0160 IMG_0161 IMG_0162 IMG_0164 IMG_0165 IMG_0166

ヤマツツジが咲いてきました。

IMG_0167

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマツツジ

やまつつじ / 山躑躅
[学]Rhododendron obtusum (Lindl.) Planch. var. kaempferi (Planch.) Wilson

ツツジ科の半落葉低木。高さ1~3メートル。葉は枝先に集まってつき、楕円(だえん)形で長さ2~4センチメートル、先はややとがり、両面に伏した褐色の毛がある。夏秋葉は狭倒卵形で小さく、冬を越す。4~5月、枝先に朱赤色または紅紫色の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)形で5中裂し、径4~5センチメートル。萼片(がくへん)は5枚、楕円形で小さい。雄しべは5本。果(さくか)は円錐(えんすい)形で褐色の剛毛がある。丘陵や山地の日当りのよい、やや乾燥した斜面に普通に生え、北海道から九州に分布する。白色花や八重咲きなど品種が多く、庭木として植え、いけ花にもする。基本変種のキリシマツツジは、この暖地型で、鹿児島県に野生する。[小林義雄]

IMG_0168 IMG_0169 IMG_0170 IMG_0171 IMG_0172 IMG_0174

新緑の世界になってきました。

IMG_0175 IMG_0176 IMG_0177

満開のアイスランドポピー

IMG_0179
アイスランドポピー

プロフィール

ケシ科ケシ属の多年草で、学名は Papaver nudicaule。
シベリアが原産です。「けし」のなかでは最も広く栽培されています。ふつうに「ポピー」といえば、この花をいいます。高さは30~40センチになり、3月から5月ごろ、鮮やかな色の花を咲かせます。花色は、赤色やオレンジ色、黄色にピンク色、白色と豊富です。和名では「シベリアひなげし」と呼ばれます。

系統・品種と用途

「アイスランドポピー」は、春から初夏まで花壇を彩ります。もともとは多年草ですが、暑さに極端に弱く、夏越しはまず不可能です。

IMG_0182 IMG_0184 IMG_0185 IMG_0186 IMG_0187IMG_0190 IMG_0191 IMG_0192 IMG_0193  IMG_0195 IMG_0196

IMG_0198 IMG_0199      IMG_0207 IMG_0208 IMG_0209 IMG_0210 IMG_0211 IMG_0212 IMG_0213  IMG_0216 IMG_0217 IMG_0218 IMG_0219 IMG_0220 IMG_0221 IMG_0222 IMG_0223 IMG_0224 IMG_0225 IMG_0226    IMG_0231  IMG_0234 IMG_0235 IMG_0236 IMG_0237 IMG_0238 IMG_0239 IMG_0240 IMG_0241 IMG_0242 IMG_0243  IMG_0245 IMG_0246 IMG_0247 IMG_0248 IMG_0249 IMG_0250 IMG_0251 IMG_0252 IMG_0253 IMG_0254

やまぶきとアイスランドポピーのコラボ

IMG_0255

IMG_0256 IMG_0257 IMG_0258 IMG_0259

ソメイヨシノも葉桜になってきた。

IMG_0260

IMG_0261 IMG_0262 IMG_0263 IMG_0264 IMG_0265 IMG_0266 IMG_0267 IMG_0268 IMG_0269 IMG_0270 IMG_0271 IMG_0272 IMG_0273 IMG_0274 IMG_0275 IMG_0277     IMG_0283     IMG_0288 IMG_0289  IMG_0291  IMG_0293 IMG_0294 IMG_0295 IMG_0296 IMG_0297 IMG_0299 IMG_0301 IMG_0302 IMG_0303 IMG_0304 IMG_0305 IMG_0306 IMG_0307 IMG_0308 IMG_0309 IMG_0310 IMG_0311 IMG_0312

ネモフィラ
学名:Nemophila
和名:ルリカラクサ(瑠璃唐草)

ネモフィラとは

特徴

ネモフィラは森の妖精のような、澄んだブルーの花が愛らしく、春の花壇やコンテナの寄せ植えなどに多く利用されています。細かく切れ込んだ葉が密に茂り、自然に分枝して咲きながら大きくこんもりと成長します。株張りは20cm以上になり、鉢やコンテナの縁からあふれるように咲かせると見事です。緑化材料のワイルドフラワーとしても利用され、ハナビシソウ、リナリア、リムナンテス、ギリアなどと混合したタネを秋にまくと、4月には花いっぱいのお花畑がつくれます。ネモフィラ属には18種がありますが、栽培されるのはブルーのメンジェシー種(Nemophila menziesii=インシグニス)と、その変種2種、そしてファイブスポットと呼ばれる大輪のマクラータ種(N.maculata)です。

 

IMG_0313 IMG_0314 IMG_0315 IMG_0316 IMG_0317 IMG_0318 IMG_0319 IMG_0320 IMG_0321 IMG_0322 IMG_0323 IMG_0324 IMG_0325 IMG_0326 IMG_0327 IMG_0328 IMG_0329 IMG_0330 IMG_0331 IMG_0332 IMG_0333 IMG_0334 IMG_0335 IMG_0336 IMG_0338 IMG_0339 IMG_0340 IMG_0341 IMG_0342 IMG_0343 IMG_0344 IMG_0345 IMG_0346 IMG_0347 IMG_0348 IMG_0349 IMG_0350 IMG_0351 IMG_0352 IMG_0353 IMG_0354 IMG_0355 IMG_0356 IMG_0357 IMG_0358 IMG_0359 IMG_0360 IMG_0361 IMG_0362 IMG_0363 IMG_0364 IMG_0365 IMG_0366 IMG_0367 IMG_0368 IMG_0369 IMG_0370 IMG_0371 IMG_0372 IMG_0373 IMG_0374 IMG_0375 IMG_0376 IMG_0377 IMG_0378 IMG_0379 IMG_0380 IMG_0381 IMG_0382 IMG_0383 IMG_0384 IMG_0386 IMG_0387 IMG_0388 IMG_0389 IMG_0390 IMG_0391 IMG_0392 IMG_0393 IMG_0394

古鎌倉街道

IMG_0395 IMG_0396 IMG_0397 IMG_0398

古鎌倉街道

古道としての鎌倉街道とは、鎌倉時代に幕府のある鎌倉と各地を結んだ道路網で、鎌倉幕府の御家人が有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた道であり、鎌倉時代の関東近郊の主要道の意として用いられている。1192年、源頼朝が鎌倉に幕府を開くと、支配力強化のために鎌倉と東国の各地域を結ぶ道路整備に力を注ぎ、次々と道路網が建設されたため、鎌倉街道は無数にあった。その中でも、鎌倉街道の幹線道は全国の国府を通り、街道沿いに守護所も置かれたが、その数はごく限られていた。主要な幹線道は、鎌倉から武蔵上野の国府を通り、碓氷峠を越えて信濃へ行く道、東海道筋をたどる京鎌倉往還、鎌倉から甲斐とを結ぶ道、下野の国府を通って白河関を越える道、常陸の国府を通って勿来関を越えて奥州へ行く道などがあった。

一方で、鎌倉街道の呼び名が一般的に用いられるようになったのは江戸時代以降で、鎌倉時代に書かれた鎌倉政庁自らの記録である『吾妻鏡』をはじめ、当時の諸文献に「鎌倉街道」の呼び名は見られず、江戸時代の書物である『新編武蔵風土記』や『江戸名所図会』(江戸名所圖會)などに鎌倉街道が散見されている。

IMG_0399 IMG_0400 IMG_0401 IMG_0402 IMG_0403

IMG_0404 IMG_0405 IMG_0406 IMG_0407 IMG_0408 IMG_0409 IMG_0410 IMG_0411

ルピナス

ルピナスは、チョウに似た小花が咲き上がる様子がフジを逆さまにしたようで、「ノボリフジ(昇り藤)」とも呼ばれます。品種によっては花穂が60~70cmほどになるものもあります。古くは、食料、肥料として利用され、日本には明治時代に導入されましたが、現在では観賞用として楽しまれています。多年草タイプのラッセルルピナスは、寒冷地では宿根して毎年雄大な花を咲かせますが、耐暑性が弱く、温暖な地域では一年草として扱われます。

IMG_0412 IMG_0413 IMG_0414 IMG_0415 IMG_0416 IMG_0418 IMG_0419 IMG_0420 IMG_0421 IMG_0422  IMG_0424

国営武蔵丘陵森林公園の詳細情報

〒355-0802 埼玉県比企郡滑川町山田1920
森林公園(埼玉県)駅出口2出口から徒歩約38分(道案内)路線
つきのわ駅北口出口から徒歩約53分(道案内)路線
電話番号0493-57-2111
営業時間 平日:9:30-17:00
定休日 無休
HPhttp://www.shinrinkoen.jp/(外部サイト)
特徴 駐車場あり
カテゴリ 花見
開設期間 通年
料金備考 大人 ¥410/子供 ¥80
確認日時 2017-04-22
お休み 毎年12月31日~1月1日、1月の第3・4月曜
その他説明/備考 駐車場あり
授乳室あり
雨でもOK
ベビーカーOK
食事持込OK
レストランあり
売店あり
オムツ交換台あり
予算 大人 410円/65歳以上 210円/中学生 80円/小学生 80円

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 原子力航空母艦ロナルド・レーガン停泊中の横須賀港にヨリミチ🚣‍♀️

  • 佐倉市民ハイキングで伝統的民俗文化、大蛇の魔除け🐍佐倉市「井野の辻切り」を堪能🐍

  • 🌸河津桜が咲きはじめ、梅林坂の紅白梅も綺麗に咲いている皇居東御苑をヨリミチ‼️

  • アニメ刀剣乱舞の「同田貫正国」がある佐倉市内の「塚本美術館」にヨリミチ‼️

関連記事

  • 無料送迎バスを利用して冬❄️の「DIC川村記念美術館」の散策路を歩く👟

  • 歴博付属、くらしの植物苑🍁平安時代からの「伝統の古典菊」展、開催中🌼

  • 冬❄️自宅の庭に、飛廻っているミツバチ🐝を観察しました🍯

  • 地元の穴場❗️佐倉城址公園🏯の紅梅白梅と河津桜、カンヒザクラの競演を観によりみち🌸

  • 白鳳時代、和銅2年(703年)に開基の、印旛沼「龍伝説」の龍角寺を行く!

  • 「大人の休日クラブ」で山形新幹線「つばさ」🚅に乗り、上杉の城下町、冬の米沢を日帰りの旅!