1. TOP
  2. 八代将軍徳川吉宗も愛した隅田の桜🌸と牛嶋神社の撫牛🐄に会いに「よりみち」🌸

八代将軍徳川吉宗も愛した隅田の桜🌸と牛嶋神社の撫牛🐄に会いに「よりみち」🌸

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

隅田公園の桜を観に行った。10年以上前に、私が墨田区水泳教室で一緒になった同級生とその時のコーチの先生と集うお花見会です。毎年不定期ですが、あっちこっちバス旅行して、水泳はしなくなりましたが、何とかつながっている仲間です。ちょうど天気がよくなり、青空に映えた桜をみて、ビールで乾杯は至福のひと時でした。まだ、満開ではありませんでしたので、ぜひ、よりみちをおススメします。

Contents

隅田公園の桜🌸

この公園は、1923年に発生した関東大震災により、壊滅的な被害を受けた東京の復興事業の一環として、後藤新平の主導により浜町公園(中央区)、錦糸公園(墨田区)と並んで計画・整備された。

隅田公園内には約700本の桜があり、日本さくら名所100選🌸に選定されていて、毎年さくらまつりが開催される。 約1キロに渡る隅田川両岸の桜並木は、八代将軍徳川吉宗  のはからいにより植えられた。江戸時代より花見シーズンには多くの出店が列び賑わう。

台東区では、平成15年度から、区民や市民団体、企業などの協力を得て「隅田公園花の名所づくり事業」を進めている。公園にヒガンバナの植栽に続いて、平成18年度からは区の内外から「アジサイ株主」を募り、アジサイロードの整備を行った。2年間で3回の株主募集により千人以上から寄付を受けた。また山谷堀広場(地図)には仮設劇場が設置され、平成中村座の公演が行われている。

IMG_5413 IMG_5414 IMG_5415 IMG_5416

桜橋のたもとの、桜橋通り突き当り付近の🌸

IMG_5417

「向島」歴史散策案内板

IMG_5418 IMG_5421 IMG_5422 IMG_5423

ソメイヨシノの開花状況5~6分咲

IMG_5424 IMG_5425 IMG_5426 IMG_5427 IMG_5428

向島芸者さんが、お茶の接待をしていました🌸

IMG_5429 IMG_5430 IMG_5431 IMG_5432 IMG_5433 IMG_5434 IMG_5435

「桜橋とポトマック帰りの桜」の解説板

日本の桜に魅せられ、ポトマック川沿いを桜並木にしたいと活動した4人の共通の夢

桜が満開のジェファーソン記念堂。桜が水面に映える。
桜が満開のジェファーソン記念堂。桜が水面に映える。

桜の植樹を思いついたのは、紀行作家で写真家、ナショナル・ジオグラフィック協会初の女性理事でもある、エリザ・シドモアです。彼女は日本に関する記事や著作を残していますが、1884年(明治17年)に日本を訪れたとき、向島の桜の美しさに魅せられました。翌年、ワシントンに帰国したシドモア女史は、埋め立て工事が始まったばかりの殺風景なポトマック川沿いに日本の桜を植えようと、アメリカ陸軍管理者に植樹の計画を訴えましたが、断られてしまいました。それから24年間、シドモア女史は所轄官庁に働きかけ続けると同時に、「1ドル募金」などを通して、ポトマック川沿いに毎年100本の桜を植樹する活動を始めました。

この時期、やはり、日本の桜の美しさに魅了されたのが、植物学者のデイビッド・フェアチャイルド。彼は自宅の庭に桜を植樹しようと、1906年、横浜から125本の桜の木を輸入し、東洋の木がアメリカの地に根づくかを試しました。桜は見事に開花し、桜がワシントンに植えるのに適した木であることを確認した博士夫妻は、ワシントン市内に桜を植えようと決意、シドモア女史の桜並木の計画の後押しもしました。

1909年4月、ウイリアム・タフトが第27代大統領に就任すると、大統領夫人も、ポトマック川周辺の埋め立て地に、優雅な桜を植えたいと考えるようになりました。実はタフト夫人は1903年に家族と日本を訪れ、荒川沿いの桜並木を見て、桜の美しさに心を奪われたといわれています。シドモア女史やフェアチャイルド博士がタフト夫人に桜の植樹を要望したのをきっかけに、夫人も桜の苗木の購入を主導、ポトマック川の公園化の話が急速に進み、桜並木が現実化へと向かいました。

4人めのキーマンは日本人の科学者、高峰譲吉博士です。彼はニューヨークに在住し、「アドレナリン」を発見した人物です。彼はタフト夫人が桜の植樹を推進していることを知り、当時の東京市長・尾崎行雄にも協力を要望、東京市から2000本の桜の苗木を贈ることを約束したのです。

こうして、「ワシントンに桜を」という4人の念願がかない、1909年11月、横浜港から2000本の桜を乗せた船がワシントンへと出航しました。ところが、翌1910年1月にワシントンに到着した桜は病害虫に侵され、防疫検査を通過することができず、泣く泣くすべてが焼却処分となってしまいました…。しかし、高峰博士と尾崎市長は桜を贈ることをあきらめませんでした。次に贈るときは病害虫に侵されることがないよう、綿密な計画が立てられ、荒川の桜に接ぎ木などを施して、健康な桜の苗木を育てたのです。

1912年、12種類の桜の苗木は再び横浜港を出発し、アメリカ西海岸のシアトルに到着、そこから冷蔵貨車で大陸を横断してワシントンへと届けられました。検疫検査の結果ですべての苗木が健康であることが確認され、ようやく植樹できるようになりました。
桜が届いた翌日の3月27日、植樹の式典が行われ、タフト夫人らが植樹を行いました。この木は今でも根づいていて、これが最初の桜の木であることが銘板に示されています。アメリカ政府はこのお礼としてハナミズキの木を日本へと贈り、日比谷公園などに植えられました。

翌1913年から1920年にかけて寄贈された桜のうち、約1800本のソメイヨシノがタイダルベイスン周辺に植えられ、残りの11種類と残りのソメイヨシノは東ポトマック公園に植えられました。

「全米桜祭り」のルーツは、桜の木が伐採されるのを反対する集会

住宅街にも桜が植えられている。
住宅街にも桜が植えられている。
ワシントンで毎年開催される「全米桜祭り」ですが、最初の桜祭りは1935年、市民団体などの主催で行われ、それから毎年開催されるようになりました。
1938年、ジェファーソン記念館を建てる用地を確保するため桜を伐採するとの計画が持ち上がりました。しかし、女性グループらが反対、人間の鎖で計画予定地を封鎖し、桜が伐採されるのを阻止しました。そしてこの問題は、タイダルベイスンの南の岸に、より多くの桜を植えることを条件に妥協され、さらに多くの桜が植えられるとともに、1940年代ころから桜祭りの催しものが始まりました。

さらに多くの桜を寄贈。桜の手入れ、植え替え、植樹…、ワシントンで大切にされる桜

National City Christian Church。街の中にも桜が。
National City Christian Church。街の中にも桜が。
1965年、日本はさらに3800本のソメイヨシノを寄贈、この桜はアメリカで育てられ、その多くがワシントン記念塔の周辺に植えられました。
1986年から1988年の3年間には、1912年に寄贈された最初の桜の回復のために、アメリカの国立公園局に寄付された101,000ドルを費やして、676本の桜の木が植えられました。
また、1996年、クリントン大統領の訪日を記念して、100本の桜がポトマック川沿いに植樹されました。
こうして、ポトマック公園周辺には8000本以上の桜が植えられ、今ではワシントンは桜の名所となっています。桜の花見は日本だけの風習だと思いがちですが、ワシントンでは100年以上も前から日本の桜が植えられ、今でも市民に大切にされています。最近は日本ブームで、世界各国から日本を訪れる観光客が増えただけでなく、政府の観光呼び込みの効果もあってか、日本で桜の花見をする外国人の数が増えました。でも、日本以外でも何年も前からお花見文化があり、しかも、桜を100年以上も大事に育てていてくれていたとは、ちょっと感動ものですね。

IMG_5436 IMG_5437

「相撲甚句」の名調子に聞きほれました。

IMG_5439

青空に屋形船🌸日本の風情はいいですね。

IMG_5440

東京スカイツリーもまじかに見えました。

IMG_5441 IMG_5442

桜橋から上流をのぞむ🌸

IMG_5443 IMG_5444

桜橋から青空で気持ちいい風が吹いてきます🌸

IMG_5445 IMG_5447

桜橋から下流をのぞむ。隅田公園の川岸は花見客でいっぱい🌸

IMG_5448

桜橋から東京スカイツリーをのぞむ。

IMG_5449 IMG_5450

「ゆりかもめ」も上空からお花見🌸

IMG_5451

屋形船のカキイレドキ

IMG_5452 IMG_5453

桜橋にて

IMG_5454 IMG_5455

IMG_5456

IMG_5459

ピンク色の提灯が映えています🌸

IMG_5460

お花見を楽しむ、人たち🌸

IMG_5461 IMG_5462 IMG_5463 IMG_5464 IMG_5465 IMG_5466 IMG_5467 IMG_5468

焼き鳥の煙が目に沁みました🌸

IMG_5469 IMG_5470

おでんが美味しそう🌸

IMG_5471 IMG_5472 IMG_5473 IMG_5474 IMG_5475 IMG_5476 IMG_5477 IMG_5478 IMG_5479 IMG_5480

IMG_5482 IMG_5483

菜の花と桜のコンビがいい🌸

IMG_5484 IMG_5485

熟練の手さばき「やきそば」

地元の町内会が主宰しています。

IMG_5486 IMG_5487 IMG_5488 IMG_5491

桜と菜の花は相性抜群🌸

IMG_5492

牛嶋神社に移動しました。

IMG_5493

牛嶋神社境内から東京スカイツリーをのぞむ🌸

IMG_5494

まもなく結婚されるカップルなんですかね?

IMG_5495 IMG_5496 IMG_5497 IMG_5498 IMG_5499 IMG_5501 IMG_5502

牛嶋神社境内は、お花見客でいっぱいでした🌸

IMG_5503

牛嶋神社

昭和7年に現在の位置に移されました。
東京大空襲も免れ東都随一といわれる総桧権現造りの社殿は昔のままの姿をみせています。
墨田区登録文化財の「撫で牛」(なでうし)が祀られており牛の同じところをなでると病気が治ると信じられています。
体だけではなく心もなおるという心身回癒の祈願物で、子供が生まれたときに涎かけを奉納して子供にかけると健康に成長するという言い伝えもあります。
墨田区登録文化財も多数あり ますが全国でも珍しい三輪鳥居・狛犬と並んで奉納されている神社では珍しい神牛(狛牛)や狛犬越しに見るスカイツリーも見所のひとつです。
可愛い牛のお守りも売られています。
情報提供元:いこーよ

IMG_5504 IMG_5505 IMG_5506 IMG_5507 IMG_5508 IMG_5509 IMG_5510

撫牛🐄自分の体の悪い部分をなで、牛のおなじところを撫でると、なおるといわれている🐄

IMG_5511

撫牛🐄の説明板

IMG_5512 IMG_5513

牛島神社の説明板

IMG_5514 IMG_5515

レンタル衣装で、これから東京スカイツリーへ行かれるようです。

IMG_5520

垣間見る、東京スカイツリー🌸

 

牛嶋神社、アクセス

本所の総鎮守社として知られ,以前は墨田公園の北寄にあった。境内には「なで牛」があり,心身快癒の祈願物として信仰されている。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒131-0033  東京都墨田区向島1-4-5 MAP
03-3622-0973
交通アクセス (1)都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅から徒歩で15分

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2019佐倉ふるさと広場のコスモスフェスタ‼️台風直撃にも健気に咲いています🌼

  • 千葉県を襲った台風15号のツメ跡で、佐倉城址公園は地獄絵‼️

  • 真夏の新宿御苑、大温室に行ってみました🌺

  • 20周年❗️公的機関としては日本最大規模「伝統の朝顔展」開催中‼️

関連記事

  • 我が国初の国営盆栽苑がある国営昭和記念公園にヨリミチ🌿

  • 千葉・佐倉の江戸時代からの山車🏮が大集結「佐倉山車まつり」にヨリミチ‼️

  • パワースポット!東日本一の大杉がある麻賀多神社へ行く!

  • 渋谷発祥の地、渋谷城砦跡の渋谷・金王(こんのう)八幡宮をよりみちしました。

  • 厳冬❄️に真っ赤🔴な植物探しに、歴博付属「くらしの植物苑」に行きました‼️

  • 山形新幹線「つばさ」で、庄内(山形県寒河江市)の本山慈恩寺「みちのくの仏像」に会いに行きました!