1. TOP
  2. 歴博「人魚のミイラ」作り方おしえます!佐倉城址公園🌸満開のオオカンザクラ🌸ベニカンザクラ🌸によりみち!

歴博「人魚のミイラ」作り方おしえます!佐倉城址公園🌸満開のオオカンザクラ🌸ベニカンザクラ🌸によりみち!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

佐倉市にある歴博は、私の自宅から徒歩25分の距離で、隣接の佐倉城址公園とともに、私の散策道でもある。丁度、最終日に第3展示室特集展示で「見世物大博覧会」を観ることが出来た。特に歴博で保有している「人魚のミイラ」の作り方に興味をみち、ブログに掲載することにした。ミイラの展示は終了したが、見世物大博覧会は4月も続くので、ぜひ、隣接の佐倉城址公園ともども、よりみちをおススメします。

 

国立歴史民俗博物館、第3展示室特集展示

IMG_3488

「見世物大博覧会」(第3展示室)

開催概要

開催期間 2017年1月17日(火)~ 3月20日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 ~2月:9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
3月~:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館


※画像クリックでチラシが開きます(PDF)

趣旨

今回の展示は、江戸時代から明治にかけて大いに流行し、大正、昭和を経て現代に至るまで命脈を保ってきた多種多様な見世物の様相を、主に国立歴史民俗博物館と個人が所蔵する絵看板・錦絵・一枚摺やなどの展示を通して紹介するものです。

江戸時代以降、軽業や曲芸などの技芸見世物、一式飾や生人形などの細工見世物、ラクダやゾウなどの動物見世物などの様々な見世物は、都市の盛り場や社寺の祭礼での興行において、多彩な内容や表現を次々と創出し、老若男女を問わず大勢の見物人を魅了してきました。

また、江戸時代には、異国から渡来した動物見世物、異国由来をうたった軽業や曲芸、異国の故事や人物や風俗を題材にした細工見世物が人気を博したり、明治時代には、西洋から伝来したサーカスや電気機器などの科学的な見世物も登場したりして、その時々の人々の異国・異文化イメージの形成に多大な影響を与えました。一方、明治の開国と共に、多くの軽業芸人が日本から海外に進出し、活躍して各地に足跡を残しました。

こうした見世物の内容や表現は、見世物という1つのジャンル内に止まるものではなく、歌舞伎や人形芝居などの芸能、講談や落語などの語り物、読本や滑稽本などの文学といったほかの様々なジャンルと通底し、それらを享受する人々に複合的に作用することで、人々の歴史や文化に関する知識や情報や感覚の共有が形成されていきました。

更に、多種多様な見世物の内容や表現は全国各地に伝わり、祭礼や年中行事において地域の人々自らが行う民俗芸能や造形活動として定着し、民俗文化としての広がりを持つに至りました。
展示では、江戸時代を中心として、明治・大正・昭和を経て現代に至るまで、多種多様な内容や表現によって人々を魅了してきた見世物の実態を紹介します。併せて、そうした見世物の享受を通じて醸成された人々のハレの感覚や価値観、異文化に関する情報の受容とイメージの形成について、従来とは趣を異にする新たな理解を提示します。

なお、既存の展示資料である「のぞきからくり」、「早竹虎吉軽業 模型」、「三尊仏」なども関連資料として紹介します。

【展示代表】

川村 清志(かわむら きよし)(国立歴史民俗博物館 民俗研究系 准教授)

専門は文化人類学と民俗学。口頭伝承の近代的展開、祭礼芸能の実践と習得過程の探求、メディアによる民俗文化の再表象過程、現代日本のサブカルチャーと伝統文化などに関する研究をしている。

1999年に京都大学人間・環境学研究科大学院専攻博士を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

主な展示資料

・『信西入道舞楽之図』
・大坂下り女力持 柳川ともよ
・二代目柳川一蝶斎、浅草奥山におゐて興行仕候
・豹の見世物
・流行美人浅草公園水族館
・人魚のミイラ

計70点 (展示替えあり)

※期間中、展示替えを行います。
展示替え資料一覧

 

1) 江戸の花 力曲持 太夫浜碇定吉(えどのはな ちからきょくもち たゆうはまいかりさだきち) ロンドン公演
明治元(1868)年

浜碇定吉一座は、日本初のパスポートの受給を受けて、1866(慶応2)年に米国人興行師、リズリーに率いられて外国巡業に出ました。

2) 人魚のミイラ

幕末から明治時代にかけて、日本から欧米にたくさんの人魚のミイラが製造・輸出されていました。このミイラは当時のものを参考にしながら再現して製作したものです。

3) 大坂下り女力持(おおさかくだりおんなちからもち)柳川(やながわ)ともよ
安永5(1776)年

柳川ともよは器量よしに似合わぬ大力で、女性という話題性で空前の大当たりを取りました。実際は大阪下りではなく、新潟出身の江戸の岡場所の出であったといいます。

4) 当盛見立人形之内 粂(くめ)の仙人
安政3(1856)年

江戸・浅草奥山における松本喜三郎の生人形。粂の仙人が布洗女の白い脛(すね)に惑って神通力を失い墜落する場面です。

5) 二代目柳川一蝶斎(にだいめやながわいっちょうさい) 浅草奥山におゐて興行仕候
弘化4(1847)年

弘化4年、二代目柳川一蝶斉の江戸・浅草での手妻(奇術)の興行。からくり仕掛けの道具や人形を仕組んだ大掛かりな舞台。演目は「龍宮浦島」。

6) 百種接分菊(ひゃくしゅつぎわけぎく)
弘化2(1845)年

江戸・駒入伝中の植木屋今右衛門が、一本の幹に百種類の菊を接ぎ木して咲かせた見物を供しました。本来は3枚連続の錦絵で右側の一枚がかけています。

7) 豹(ひょう)の見世物  万延元(1860)年

横浜に船載され、江戸・両国で見世物となったヒョウ。当時はトラとして扱われたので、トラに因んだ加藤清正らの姿が劇画として描かれています。

8) 流行美人浅草公園水族館     明治33(1900)年

東京浅草公園水族館は1889(明治22)年に浅草六区に開館しました。当初は大人気でしたが、明治末には経営不振となり、それを補うために館内で手踊りなどの余興が始まりました。

※すべて国立歴史民俗博物館蔵

(歴博HPから一部転載)

人魚のミイラの作り方

IMG_3485

「人魚のミイラ」製作工程

IMG_3483

人魚のミイラ

IMG_3366

サザンカ(カンツバキ)

IMG_3368 IMG_3369 IMG_3370 IMG_3371 IMG_3372 IMG_3373

サザンカの基本情報

学名:Camellia sasanqua
和名:サザンカ(山茶花)

科名 / 属名:ツバキ科 / ツバキ属(カメリア属)

サザンカとは

特徴

サザンカはツバキ科ツバキ属の一種で、日本の固有種です。基本的な性質はツバキCamellia japonica)と似ていますが、以下の点で区別されます。新梢と葉柄、葉の裏表の中央脈、子房に短い毛があり、花弁は基部で合着しないので花が終わると1枚ずつばらばらと散ります。ツバキは早春から春にかけて咲くのに対し、サザンカの野生種は10月から12月に白い花が開花し、晩秋の花として親しまれてきました。ツバキより耐寒性が弱く、四国、九州、沖縄と、本州では山口県に分布が見られます。園芸品種も多く、サザンカ(C. sasanqua)から作出された園芸品種群のほか、現在サザンカの園芸品種とされているカンツバキ(サザンカ‘獅子頭’=C. sasanqua ‘Shishigashira’)を中心に作出された品種群、ツバキとサザンカの交雑種のハルサザンカ(C. × vernalis)から作出された品種群も合わせて、3つの園芸品種群として扱われています。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 中高木 原産地 本州の山口県、四国、九州、沖縄
草丈/樹高 2~6m 開花期 10月~12月(サザンカ系園芸品種群)、11月~3月(カンツバキ系園芸品種群)、12月~4月(ハルサザンカ系園芸品種群)
花色 白,ピンク,赤,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ,生け垣向き

サザンカとツバキの見分け方

ツバキ(狭義のツバキ。ヤブツバキ)とサザンカはよく似ているが、次のことに着目すると見分けることができる(原種は見分けやすいが、園芸品種は多様性に富むので見分けにくい場合がある)。

  • ツバキは花弁が個々に散るのではなく萼と雌しべだけを木に残して丸ごと落ちるが(花弁がばらばらに散る園芸品種もある)、サザンカは花びらが個々に散る。
  • ツバキは雄しべの花糸が下半分くらいくっついているが、サザンカは花糸がくっつかない。
  • ツバキは、花は完全には平開しない(カップ状のことも多い)。サザンカは、ほとんど完全に平開する。
  • ツバキの子房には毛がないが(ワビスケには子房に毛があるものもある)、サザンカ(カンツバキ・ハルサザンカを含む)の子房には毛がある
  • ツバキは葉柄に毛が生えない(ユキツバキの葉柄には毛がある)。サザンカは葉柄に毛が生える。

IMG_3374 IMG_3375 IMG_3376 IMG_3377 IMG_3378      IMG_3384

ユキヤナギ

IMG_3385    IMG_3389 IMG_3390  IMG_3392 IMG_3393 IMG_3394

オオカンザクラとカンヒザクラのコラボ

IMG_3395 IMG_3396 IMG_3397 IMG_3398 IMG_3399 IMG_3400 IMG_3401 IMG_3402

ベニヤマサクラ

IMG_3403 IMG_3404 IMG_3405 IMG_3406 IMG_3407 IMG_3408 IMG_3409 IMG_3410 IMG_3411 IMG_3412 IMG_3413 IMG_3414 IMG_3415 IMG_3416

コブシ

IMG_3417 IMG_3418 IMG_3419 IMG_3420

オオカンザクラ

IMG_3421 IMG_3424 IMG_3425  IMG_3427 IMG_3428 IMG_3429 IMG_3430 IMG_3431 IMG_3432 IMG_3433 IMG_3434 IMG_3435  IMG_3437 IMG_3438 IMG_3439 IMG_3440 IMG_3441 IMG_3442 IMG_3443 IMG_3444

オオカンザクラ

IMG_3445 IMG_3446 IMG_3447 IMG_3448 IMG_3449 IMG_3450 IMG_3451 IMG_3452 IMG_3453 IMG_3454 IMG_3455 IMG_3457 IMG_3458 IMG_3459 IMG_3460 IMG_3461 IMG_3462 IMG_3463

オオカンザクラ

IMG_3464 IMG_3465 IMG_3466 IMG_3467

ハクモクレン

IMG_3468 IMG_3469 IMG_3470 IMG_3471 IMG_3472 IMG_3473 IMG_3474 IMG_3475 IMG_3476

IMG_3477

ユキヤナギ

IMG_3478 IMG_3479 IMG_3480

コブシ

国立歴史民俗博物館周辺地図

国立歴史民俗博物館

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町 117

A4サイズの案内図がプリントできます(PDF)

国立歴史民俗博物館までの交通手段

電車をご利用の方

東京方面から

JR東日本利用の場合
東京駅から総武本線佐倉駅(約60分)下車、バス約15分
(北口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車)
京成電鉄利用の場合
京成上野駅から京成佐倉駅(約55分)下車、
徒歩約15分 (詳しくは案内図→駅からの徒歩路)
またはバス約5分 (南口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車)
京浜急行・地下鉄都営浅草線の相互乗り入れを利用の場合
新橋より地下鉄都営浅草線直通

成田方面から

JR東日本利用の場合
成田駅から成田線佐倉駅(約16分)下車、バス約15分
(北口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車)
京成電鉄利用の場合
京成成田駅から京成佐倉駅(約10分)下車(成田空港駅からは約20分)
徒歩約15分(詳しくは案内図→駅からの徒歩路)
またはバス約5分 (南口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車)

バスをご利用の方

お問い合わせ 043-481-0808 ちばグリーンバス

駅から博物館行

京成佐倉駅発
南口1番乗場から、ちばグリーンバス
田町車庫行、京成臼井駅、志津駅行、四街道駅行のいずれかに乗車
「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車バス時刻表(ちばグリーンバスホームページより・PDFファイル)
ちばグリーンバスのホームページはこちら
JR佐倉駅発
北口1番乗場から、ちばグリーンバス
田町車庫行に乗車
「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
バス時刻表(ちばグリーンバスホームページより・PDFファイル)

博物館から駅行

停留所「国立歴史民俗博物館」(博物館正面玄関出てすぐ)発
○京成佐倉駅→JR佐倉駅、第三工業団地行のいずれかに乗車
○JR佐倉駅 →JR佐倉駅、第三工業団地行のいずれかに乗車バス時刻表(ちばグリーンバスホームページより・PDFファイル)
停留所「国立博物館入口」(坂を下り国道296号を渡って左手)発
○京成佐倉駅 →第三工業団地、和田、馬渡坂上、西御門、JR佐倉駅、白銀ニュータウン、京成酒々井駅行のいずれかに乗車
○JR佐倉駅 →第三工業団地、和田、馬渡坂上、西御門、JR佐倉駅行のいずれかに乗車バス時刻表(PDFファイル)

その他のバス

東京駅-歴博の高速バス 【お問い合わせ 043-481-0808 ちばグリーンバス】
○東京駅(3番停留所)発 9:55(国立歴史民俗博物館行、11:31着予定)
○国立歴史民俗博物館発 15:00(東雲車庫行、東京駅着16:41予定)
※詳細は、ちばグリーンバスのホームページをご覧ください
※DIC川村記念美術館休館日は運行時間が異なりますのでご注意ください
ちばグリーンバスの「マイタウンダイレクト高速バス」(外部サイト)
川村記念美術館との連絡バス
○歴博発 13:15(川村記念美術館行)
○川村記念美術館発 12:50(歴博行)

車をご利用の方

東京方面から
首都高速→(京葉道路・首都高湾岸線)→東関東自動車道・四街道IC→案内板に従ってICから約8km
成田方面から
東関東自動車道・佐倉IC→案内板に従ってICから約8km
*大駐車場を完備しています(無料)

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 千葉県佐倉市の隠れスポット「佐倉城址公園ビオトープ」にヨリミチ⛲️

  • 佐倉ふるさと広場「風車のひまわりガーデン2018」開催中🌻

  • 都心のど真ん中で、ヤマユリ、オニユリが観られる穴場スポットの皇居東御苑🏯

  • 🍑7月の皇居東御苑の果樹古品種園(日本の在来種)を訪ねて🍏

関連記事

  • 江戸下町、木場⛵️運河の街「深川ギャザリア」グリーンゾーンを気持ちよく散策しました!!

  • 2017年、冬至の日に、歴博付属「くらしの植物苑」をヨリミチ🎄

  • 佐倉城址公園🏯ビオトープ沿いに紫陽花が綺麗に咲いています‼️✾

  • ビッグ再開発と大名屋敷の不思議な縁!東京ミッドタウン、六本木ヒルズ🏢

  • 昔、子供の通った通学路を歩いてみた!道ばたの畑に、ねぎ、ダイコン、白菜!もうスイセンも咲いていた!

  • 都心のど真ん中で、ヤマユリ、オニユリが観られる穴場スポットの皇居東御苑🏯