1. TOP
  2. アンズ、ハクモクレン、クロモジ、レンギョ、キブシ、ボケ等多くの種類が一斉に咲く、くらしの植物苑🌸

アンズ、ハクモクレン、クロモジ、レンギョ、キブシ、ボケ等多くの種類が一斉に咲く、くらしの植物苑🌸

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

国立歴史民俗博物館付属として、「くらしの植物苑」が佐倉城址公園大手門跡近くにある。いつも閑散としていて、行くと独占できるので、私が一番ゆったり出来る場所の一つでもある。このブログも昨年の9月スタートして、本件で100件目を数えるが、偶然にも「くらしの植物苑」のブログとなった。今回で3回目であるが、四季それぞれに違った表情なので、それも面白いと思った。これからも、通い続けたい場所である。ぜひ、「よりみち」をおススメします。

くらしの植物苑(佐倉市内、国立歴史民俗博物館付属)

IMG_4062

ボケの基本情報

学名:Chaenomeles speciosa
和名:ボケ(木瓜)

科名 / 属名:バラ科 / ボケ属

ボケとは

特徴

ボケは、庭木や盆栽、生け垣、切り花として観賞され、200を超える品種が栽培されています。また、観賞だけではなく、香りのよい果実を使って果実酒やジャムをつくることができます。
ボケ属は、日本原産のクサボケ(Chaenomeles japonica)、中国のマボケ(C. cathayensis)とボケの3種からなる落葉低木類です。
ボケの渡来時期は、平安初期以前であるとされます。元禄年間(1688~1704年)の園芸書には、淀ボケや八重ボケなどの多少の品種が記録されている程度で、明治時代にもほとんど園芸品種は発達しませんでした。その後、大正時代に、新潟県新潟市と埼玉県川口市を中心としたボケのブームが起こり、‘東洋錦’や‘日月星(じつげつせい)’が作出されました。さらに昭和40年ごろから、数多くの品種が発表されるようになり、ボケの第二次ブームが起こりました。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 中国
草丈/樹高 2~3m 開花期 3月中旬~5月上旬
花色 白,赤,ピンク,オレンジ 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,生け垣向き,盆栽向き

IMG_4063 IMG_4064

くらしの植物苑にボケの垣根があります。

IMG_4065 IMG_4066 IMG_4067 IMG_4068 IMG_4069

IMG_4060

IMG_4061

IMG_4070

ハチジョウキブシ・八丈木五倍子

科属:キブシ科キブシ属

分布は関東南部や東海地方、八丈島などの伊豆諸島で、海岸近くの山野に自生。
日本全国に分布するキブシ(木五倍子)の地域変種とされます。母種よりも全体に大型であるという。
花穂もキブシよりも大型で長さは20cm超となります。ただ左右で比較しない限り大きさが違うのを実感できません。
雌雄異株で、雄花のほうが花序が長くなる。雌木には黄緑色の楕円形の実がつくが、雄木は実がなりません。
春に、新葉に先立ち淡い黄色い釣鐘形の小さな花が沢山、枝からぶら下がったように咲き、藤のように花が垂れ下がっているので、木藤(キフジ)とも呼ばれます。
果実に含まれるタンニンが有機染料の黒色の原料である付子の代わりになる木で「きぶし」と命名された。
科属:キブシ科キブシ属
学名:Stachyurus praecox var. matsuzakii
漢字表記:八丈木五倍子
花期:3~4月
花色:淡黄色
園芸分類:落葉低木
花びら:4枚
花の大きさ:直径7~8mm
別名:――
樹高:3~5m
:球形の液果で赤く熟す
葉のつき方:互生
原産地:日本など
自然分布:本州(関東南部・東海地方)・伊豆諸島
花言葉:出会い

IMG_4071 IMG_4072

初めて聞いた植物ハチジョウキブシなので、調べてみた。

IMG_4073 IMG_4074 IMG_4075 IMG_4076 IMG_4077 IMG_4078 IMG_4080 IMG_4081 IMG_4082 IMG_4083 IMG_4084

青空に映える、ハクモクレン

IMG_4085 IMG_4086 IMG_4087 IMG_4088 IMG_4089 IMG_4090 IMG_4091

ミツマタ

IMG_4092   IMG_4095 IMG_4096 IMG_4097 IMG_4098 IMG_4099

クロモジ

クロモジのデータ
学名:Lindera umbellata
科名:クスノキ科
分類:落葉低木
原産地:日本原産
大きさ:背丈2.0~3.0m(5m) 横幅1.2~2.5m(6m) 葉4~10cm(互生)
主な見所:樹形(周年) 紅葉(晩秋)

クロモジの特徴

花や実は目立たない樹木ですが、新芽や紅葉の美しさ、楚々とした樹形、枝を折るととても良い香りがする、といった特徴から自然風や和風の植栽によくみられます
花は春に目立たない黄緑色の花を咲かせます。葉はつやがなく、新芽が鮮緑色で夏には濃い緑になります。枝は緑色で、太い幹は茶褐色になります。自然樹形は株立ち状の楕円形です
枝を折ったときの芳香は日本の樹木でもトップクラスのよい香りで、和菓子の高級楊枝の材料に用いられています

IMG_4100 IMG_4101 IMG_4102

コリヤナギ

畑の隅などに植えられる落葉広葉低木で雌雄異株、樹高2㍍~3㌢になる。 根元より多数の枝を株立ち上げ、樹皮は灰緑色で滑らかでだが縦筋が入る。葉は互生または対生して長さ5㌢~10㌢の線状披針形、葉先は尖り葉縁には浅い鋸歯がある(全縁のものも見られる)。枝先に葉の展開と同時に長さ2㌢~3㌢の尾状の花穂を出し、苞葉は卵状楕円形の黒褐色。花穂は灰色の綿毛に包まれるが、開花すると雄シベの葯は橙紅色~黄色に開く。朝鮮半島に自生し、昔は行李や弁当箱など生活用品を編むために植栽されていた。名前は行李(コウリ)を編むための柳でコリヤナギとなる。

IMG_4103

IMG_4104 IMG_4105

アンズ

特徴

アーモンドやウメ、スモモの近縁種であり、容易に交雑する。ただし、ウメの果実は完熟しても果肉に甘みを生じず、種と果肉が離れないのに対し、アンズは熟すと甘みが生じ、種と果肉が離れる(離核性)。またアーモンドの果肉は、薄いため食用にしない。耐寒性があり比較的涼しい地域で栽培されている。春(3月下旬から4月頃)に、桜よりもやや早く淡紅の花を咲かせ、初夏にウメによく似た実を付ける。美しいため花見の対象となることもある。自家受粉では品質の良い結実をしないために、他品種の混植が必要であり、時には人工授粉も行われる事がある。収穫期は6月下旬から7月中旬で、一つの品種は10日程度で収穫が終了する。果実は生食のほか、ジャムや乾果物などにして利用される。ヨーロッパ、中央アジアで発展したアプリコットは甘い品種が多く、東アジアで発展したアンズは酸味が強い品種が多い傾向がある

種子は青酸配糖体や脂肪油、ステロイドなどを含んでおり、杏仁(きょうにん)と呼ばれる咳止めや、風邪の予防の生薬(日本薬局方に収録)として用いられている他、杏仁豆腐(今では「あんにん」と読まれる事が多くなった)の独特の味を出すために使用される。未成熟な種子や果実には、青酸配糖体の一種アミグダリンが含まれる。

日本には古代に中国から伝えられ、万葉集には「杏人」の原文表記があり、またカラモモともカラヒトともモモサネとも読まれていて定かではない。仮名書きのカラモモ古今集に見える。

IMG_4106 IMG_4107 IMG_4108 IMG_4109 IMG_4110 IMG_4112 IMG_4113 IMG_4114

レンギョウの基本情報

学名:Forsythia
和名:レンギョウ(連翹)  その他の名前:レンギョウウツギ、イタチハゼ(古名)

科名 / 属名:モクセイ科 / レンギョウ属

レンギョウとは

特徴

一般にレンギョウ属の植物を総称してレンギョウと呼んでいます。しかし、レンギョウ(Forsythia suspensa)という標準和名をもった種があります。この種は中国原産で、早くから欧州へ紹介され広く普及している園芸的に重要な種です。
レンギョウ属は中国大陸、朝鮮半島および日本に自生していますが、日本ではシナレンギョウ、チョウセンレンギョウ、アイノコレンギョウなどが広く植えられています。日本原産のヤマトレンギョウやショウドシマレンギョウは、花数が少なくあまり植えられていません。レンギョウ属は北海道南部から九州まで広く栽培されています。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 中国
草丈/樹高 1.5~3m 開花期 3月中旬~4月中旬
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性,生け垣向き,盆栽向き

種類(原種、園芸品種)

  • アイノコレンギョウ

    Forsythia × intermedia
    ドイツで作出された交雑種で、欧米に広く普及している。代表的な品種に‘スペクタビリス’(F.‘Spectabilis’)、‘リンウッド’(F.‘Lynwood’)がある。いずれも鮮やかな黄色系の花色をもつ。

育て方・栽培方法

レンギョウの栽培カレンダー IMG_4116 IMG_4117 IMG_4118 IMG_4119

早咲きのカンヒザクラが頑張って咲いています。

IMG_4124 IMG_4125 IMG_4126

トサミズキ

IMG_4127 IMG_4128 IMG_4129

ユキヤナギ

IMG_4130 IMG_4131

IMG_4132 IMG_4133 IMG_4134

コブシも咲いて来ました。

IMG_4135 IMG_4136 IMG_4137     IMG_4142

フキ、和え物、天ぷらに最適

IMG_4143 IMG_4144

植物苑のご案内

苑内には、食物として利用するビワ、ウド、クルミなどの植物(食べる)、糸を紡いだり、紙を漉(す)いたりするために利用するシナノキやフジ、ワタなどの植物(織る・漉く)、糸や布を染めるために利用するクチナシ、クワ、ベニバナなどの植物(染める)、薬として利用するナンテン、イチョウ、ドクダミなどの植物(治す)、そして道具を作るために利用するシラカシ、ケヤキ、ヘチマなどの植物(道具を作る)と、塗装や接着・燃料などに利用するマツ、ウルシ、エゴマなどの植物(塗る・燃やす)が6つの地区に分けて植栽されています。 また、冠木門(かぶきもん)・休憩所・植栽方法は、江戸時代の武家屋敷の庭先から山野にいたる景観をイメージしたものです。

苑内案内図

詳細はこちら

周辺地図

※佐倉城址公園内は車での通り抜けが出来ません。ご了承ください。 交通案内のページへ

施設情報

開苑時間 9:30~16:30 [入苑は16:00まで]
休苑日 毎週月曜日 [ただし、祝日の場合は翌日が休苑]
臨時休館 [6月10日〜6月11日]※施設工事のため
年末年始 [12月27日~1月4日]※2017年4月3日(月)・5月1日(月)・8月14日(月)は開苑いたします※悪天候の際は安全のため臨時に休苑させていただくことがあります
入苑料
  • 個人(高校生以上):100円
  • 団体(20名以上):50円

※入苑料には消費税が含まれております。
※小・中学生は入苑無料
※土曜日は高校生は入苑無料
※障がい者手帳等保持者は介助者と共に入苑無料
※2017年3月12日(日)は、くらしの植物苑来苑者感謝デーとして無料で入苑できます。
※2017年4月29日(土・祝)は歴博みどりの日のため入苑料無料です。
※2017年9月14日(木)は開苑記念日、11月3日(金祝)は文化の日として無料で入苑できます。

特別企画

くらしの植物苑特別企画「伝統の桜草」を開催予定です。
開催期間:2017年4月11 日(火)~2017年5月7日(日)

「伝統の桜草」の詳細はこちら

今週のみごろ

「くらしの植物苑」内の、季節の植物を週ごとに紹介しています。

今週のみごろ

観察会

毎月講師を交えて、「観察会」を実施しています。

くらしの植物苑「観察会」

観察会開催情報

開催日 毎月定期開催(観察会開催予定表
時間 13:30~15:30 (8月は10:00~12:00)
料金 参加無料(ただし入苑料100円が必要、高校生以下は無料)
集合 苑内の東屋の前(申し込み不要)

直近の観察会開催予定

日付 テーマ 講師
2017年3月25日(土) 第216回「草木染めの歴史と科学」 小瀬戸 恵美
2017年4月29日(土) 第217回「ゲノムから見たサクラソウ園芸品種の歴史」 大澤 良

くらしの植物苑だより

「くらしの植物苑だより」のPDFファイルをダウンロードできます。

くらしの植物苑だより

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 都立木場公園近く江戸時代からの運河、大横川沿い満開の河津桜🌸を観によりみち!

  • 日本にもカッパドキアに似た❓新宿御苑の「ラクウショウ」を見によりみち❁

  • 新宿御苑「大温室」で絶滅危惧植物やヒスイカズラ、マンゴー、パパイヤをみに「よりみち」!

  • 日比谷公園で世界のビールフェア🍺日比谷公園ガーデニングショー開催中🌻

  • 箱根仙石原でオリエント急行の豪華サロンカーに乗ろうby箱根ラリック美術館

  • 春爛漫☘満開のクルメツツジとフジの皇居東御苑をヨリミチ🌿