1. TOP
  2. 国道16号「道の駅やちよ」新桜スポット🌸八千代新川千本桜700本の「河津さくら」が見ごろを迎えています🌸

国道16号「道の駅やちよ」新桜スポット🌸八千代新川千本桜700本の「河津さくら」が見ごろを迎えています🌸

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

国道16号の道の駅「やちよ」のそばを、印旛沼から東京湾に注いでいる川がある。上流部分の阿宗橋から大和田排水機場までを新川と言い、大和田排水機場から東京湾を花見川と言いどちらの川も、土手に桜を植栽をして、桜並木をつくって市民の憩いの場所となっている。今回は、新川沿いの、早咲きの河津桜🌸を観に「よりみち」をした。ぜひ、700本の河津桜に、よりみちをおススメいたします。

 

IMG_1616

IMG_1682

新川千本桜植栽事業

新川千本桜植栽事業とは🌸

 新川両岸に約1,200本の桜を植栽し、新川を桜の名所にしようというのが新川千本桜植栽事業で、花を通じたまちづくりを市民と市が協力して進めるものです。

平成12年度は八千代ライオンズクラブからの寄付金により、大和田排水機場~村上橋間の東岸(村上側)およそ800mに染井吉野78本を植栽しました。平成13年度から15年度にかけては市民の皆様に寄付を募りました。応募者の中から抽選により当選された方には、植樹した桜に自分のプレートを掛け、桜の管理をお願いしています。

事業の対象区域は、大和田排水機場から阿宗橋までで、主に染井吉野、陽光、河津桜の3品種で構成しています。新川にかかる橋(宮内橋、富士美橋、八千代橋、平戸橋、神尾橋)のたもとには、十月桜、寒桜、兼六園菊桜、駿河台匂(するがだいにおい)、八重紅枝垂(やえべにしだれ)を植栽しています。詳しくは下段の新川千本桜植栽図を参照してください。

新川千本桜植栽事業の植栽経緯

樹種 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成21年度
そめいよしの
染井吉野
78本 78本
ようこう
陽光
484本 10本 28本 522本
かわづざくら
河津桜
422本 206本 67本 695本
じゅうがつざくら
十月桜
8本 8本
かんざくら
寒桜
4本 4本
けんろくえんきくざくら
兼六園菊桜
4本  4本 8本
するがだいにおい
駿河台匂
8本 8本
やえべにしだれ
八重紅枝垂
4本 2本 6本
78本 500本 444本 208本 99本 1,329本

新川千本桜植栽図🌸

 新川千本桜の植栽されている位置および各樹種の特徴は次のとおりです。

新川千本桜植栽図

凡例 植栽場所 樹種 植栽数 開花時期 各桜の説明
 黄色 大和田排水機場~村上橋 そめいよしの
染井吉野
 78本  3月下旬頃~4月上旬頃  淡紅色。エドヒガンとオオシマザクラとの種間雑種と考えられる栽培品種。江戸後期に江戸染井村から「吉野桜」の名で広まった。花付きがよく生育も早いことから観賞用のサクラとして人気を呼び、明治期になると全国的に広く植栽され名前も‘染井吉野’とされた。今では海外でも数多く植栽されており、日本を象徴する栽培品種となっている。
 桃色 宮内橋近辺~八千代橋 ようこう
陽光
 522本  4月上旬頃  紅紫色。愛媛県の高岡正明により、カンヒザクラに「天城吉野」を交配して作られた栽培品種。「天城吉野」は遺伝研の竹中要がオオシマザクラにエドヒガンを交配して作った固体。‘染井吉野’の開花期に大輪で紅色の花が咲くので人目をよく引く。若芽は緑褐色で花の後から伸びる。テングス病に罹らない。
 赤色 八千代橋~阿宗橋 かわづざくら
河津桜
 695本  2月中旬頃~3月中旬頃  淡紅色~紅紫色。カンヒザクラとオオシマザクラの種間雑種と考えられる栽培品種。静岡県河津町では3月上旬に満開となる。1950年頃に伊豆半島で見つけられた若木が河津町の民家に移植された。その樹に‘寒桜’よりも濃い淡紅色で大きな花が咲くようになり‘河津桜’と呼ばれるようになった。
 黄緑色 宮内橋付近 じゅうがつざくら
十月桜
 8本  10月中旬頃~4月上旬頃  淡紅色。八重咲。マメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられる栽培品種。秋から春にかけて咲くコヒガンの中で八重咲きのものを‘十月桜’として分類する。10月頃から咲き始め翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜。江戸後期から広く栽培されていたと思われる。
 黄土色 富士美橋付近 かんざくら
寒桜
 4本  2月下旬頃~3月上旬頃  淡紅色。カンヒザクラとヤマザクラの種間雑種と考えられる栽培品種。秋から咲き続ける‘冬桜’などを除くと、サクラの栽培品種の中では最も早くから開花する。江戸後期から関東以南の暖地で広く栽培されている。松山市の「薄寒桜」や熱海市の「熱海桜」なども‘寒桜’に分類される。カンヒザクラと異なり花弁は淡紅色で平開する。
 水色 八千代橋付近 けんろくえんきくざくら
兼六園菊桜
 8本  4月下旬頃~5月上旬頃  淡紅色~濃紅色。花弁数は100~300ある。サトザクラの栽培品種。石川県金沢市の兼六園に原木があり、1928年に国の天然記念物に指定されたが1970年に枯死し、現在は後継樹が植えられている。原木は孝明天皇(1831~1866)より下賜されたと伝えられる。花は細い花弁が球のようにつく菊咲きで二段咲きをすることもある。外側の花弁は淡紅色だが中心部は濃紅色となる。若芽は緑褐色で花と同時に伸びる。別名御所桜。
 緑色 平戸橋付近 するがだいにおい
駿河台匂
 8本  4月中旬~4月下旬頃  白色。サトザクラの栽培品種。オオシマザクラは花に香があることが多いが、‘駿河台匂‘は香が特に強い。原木は江戸の駿河台(東京都千代田区)にあったといわれており、江戸後期から栽培されている。若芽の色は紫褐色で、5から8枚の正常な花弁に加えて数枚の旗弁があることが多い。白い花弁は質感が薄く先端に細かい切れ込みが多い。
 橙色 神尾橋付近 やえべにしだれ
八重紅枝垂
 6本  4月上旬頃  紅色~淡紅色。エドヒガンの栽培品種。江戸初期から栽培されており「糸桜八重」と記録されている。明治期に宮城県仙台市長であった遠藤庸治が、数多く植えたことから「遠藤桜」とも呼ばれる。エドヒガンの中で枝が枝垂れて花が紅色の八重咲きの型である。花弁は細長くねじれた形で平開しない。正常なめしべが1~2本長く突き出る。若芽は黄緑色で花のあとから伸びる。ふつう樹高は5m程度であまり高くならず庭園樹として植えられることも多い。

(八千代市HPから一部転載)

IMG_1617 IMG_1618

春の見どころの案内図🌸

IMG_1619 IMG_1620 IMG_1621 IMG_1622

印旛放水路

印旛放水路(いんばほうすいろ)は、千葉県にある印旛沼の排水を目的として開削された放水路である。西印旛沼からの流出点(八千代市阿宗橋)を上流端とし千葉市美浜区東京湾に注ぐ(およそ19キロメートル)。上流にあたるのが利根川であるため、利根川水系に属する一級河川に指定されている。

IMG_1623 IMG_1624 IMG_1625 IMG_1626 IMG_1627

印旛放水路

概要

江戸時代利根川東遷事業の影響により利根川とつながる事となった印旛沼は、利根川の水位上昇によりたびたび洪水が発生するようになり、周辺の農業等への被害が深刻なものとなっていた。この印旛沼の水位上昇を東京湾に放流するため、中間地点に揚水施設「大和田排水機場」を設置し、一度汲み上げて分水界を越えた先の東京湾へ排水するという特殊な放水路である。

途中の大和田排水機場を境にして印旛沼側の掘割工事により開削された疏水路部分である「新川」と、東京湾側の自然河川である「花見川」とを合わせて「印旛放水路」と呼ぶ。

河川管理上は、花見川より低地である新川が印旛放水路の上流にあたる。これは大和田排水機場の排水が新川から花見川へしかされないためである。

新川

八千代市保品の阿宗橋付近から大和田排水機場にかけてを「新川」あるいは「印旛疏水路」と呼ぶ。西印旛沼と同水位であり、大和田排水機場から花見川へは一定水位を超えないと原則として排水を行わない。いくつかの中小河川の流入はあるが新川自体にほとんど流れがないので、川と言うより西印旛沼の延長部分である。通常は印旛沼方面へ流れているが、外水や内水の影響で印旛沼が増水した時には大和田排水機場より多量に排水されるため、流れが逆方向となり印旛沼から花見川へと流れを変える。放水路が完成する前は集中豪雨などで川が増水すると流れが変わり、それにちなんだ「逆水橋(さかさみずばし)」という橋が八千代市にある。

大和田排水機場

八千代市村上に設置されたポンプ場で、1966年(昭和41年)に完成した。毎秒最大 120立方メートルの揚水能力を持つ。

設計段階において、印旛沼の水を自然流下させる放水路とした場合、勾配不足(1 / 10,000 程度)で東京湾満潮時に排水できなくなる心配があったこと、および、開削土木工事に際し、花見川上中流部分のケド[3]層の掘削が難工事となること、の2点が予測された。このため、あえて深い掘削はせずに、勾配を放水に充分な 1 / 3,000~1 / 4,000 とし、発生する水位差を補うために、ポンプによってここで一旦 4.6 メートルの揚水を行うこととした。

印旛沼水位調整(洪水回避)のために放流が必要となるのは1年に数回程度以下だが、これとは別に、上記新川および印旛沼そのものの流れが少ないことによる水質悪化防止対策として、「印旛沼流動化放流」と称し1年で数十回程度の放流を行う。

花見川

大和田排水機場より東京湾側を花見川と呼ぶ。分水界をまたぐ開削が難工事となった千葉市横戸町付近も現在は緑深い渓谷様を呈している。天戸と長作にはそれぞれ制水門が設けられ、大潮台風上陸等による海面上昇に起因する海水逆流を防いでいる。花見川の下流部は「検見川」とも呼ばれている。

IMG_1628 IMG_1629 IMG_1630 IMG_1631 IMG_1632 IMG_1633 IMG_1634 IMG_1635  IMG_1638 IMG_1639 IMG_1640 IMG_1641 IMG_1642 IMG_1643 IMG_1644 IMG_1646 IMG_1647 IMG_1648 IMG_1649 IMG_1650 IMG_1651 IMG_1652 IMG_1653 IMG_1654 IMG_1655 IMG_1656 IMG_1657 IMG_1658 IMG_1659 IMG_1661 IMG_1662 IMG_1663 IMG_1664 IMG_1665 IMG_1666 IMG_1667 IMG_1668 IMG_1669

橋の向こう側は、八千代農業交流センターで、イチゴ狩りが出来る

IMG_1670 IMG_1671 IMG_1672 IMG_1673

八千代ふるさとステーション(道の駅やちよ)印刷用ページ

八千代ふるさとステーション

新川を眺め、自然の恵みを感じる場所。
市内産の食材を使ったレストランで、ちょっと一休み

八千代ふるさとステーション2

八千代の農業の代表的な生産品目は、米・野菜・牛乳・梨です。  八千代ふるさとステーションは、地元でとれた新鮮な野菜などの農産物を紹介。また、消費者と農業生産者のふれあいの場として、八千代市の農業や農村をアピールし、農業の活性化を図るための施設です。

場所は、米本団地脇の国道16号沿い、車で気軽にお越しください。”白いドラゴン”と地元農家の明るい笑顔の”お母さん”が迎えてくれますよ。

当施設は、指定管理者である「八千代K・I・T運営会」が管理運営しています。
テナントの情報、テナントの開館時間等は、

 をご覧ください。

主な施設

農産物特産物展示販売場

市内産の新鮮な農産物や特産物、ふるさと産品の展示直売をしています。
詳しい情報は、農産物直売所クラフトホームページをご覧ください。

アイスクリームファクトリー

八千代ふるさとステーション3

市内産の牛乳から作ったアイスクリーム、ソフトクリームの展示直売をしています。

レストラン

地元等で生産された食材をたっぷり使ったレストランです。

道の駅インフォメーションサービス

道の駅情報、道路情報、気象情報などを提供するパソコン端末を設置。どうぞお気軽にご利用ください。

八千代ふるさとステーション4

 八千代ふるさとステーションは、千葉県で3番目の道の駅「やちよ」でもあります。
休息のためのパーキングエリア、また八千代の農業・農村・市民交流などの全国への情報発信基地になっています。
緑豊かな田園風景を眺めながら、お弁当や休憩にちょっと立ち寄ってください。

八千代ふるさとステーション地図

●所在地 :
八千代市米本4905-1(国道16号八千代橋そば)

●電話 : 047-488-6711
(電話のかけ間違いにご注意ください)

●FAX : 047-488-6712

●開館時間 :
午前9時~午後7時

●休館日 :
第2月曜日(その日が休日の場合は翌日)・年末年始

●駐車場 :
大型車 10台
普通車 100台(内身障者用2台)

●公衆電話 : 1台

●トイレ : 24時間使用できます。
身障者用あり

IMG_1675 IMG_1676 IMG_1677 IMG_1678 IMG_1679

道の駅にて、地元の新鮮野菜等販売中

IMG_1680 IMG_1681  IMG_1683

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 👟佐倉市岩名運動公園クロスカントリーコースに挑戦しています🏃‍♂️

  • 原子力航空母艦ロナルド・レーガン停泊中の横須賀港にヨリミチ🚣‍♀️

  • 佐倉市民ハイキングで伝統的民俗文化、大蛇の魔除け🐍佐倉市「井野の辻切り」を堪能🐍

  • 🌸河津桜が咲きはじめ、梅林坂の紅白梅も綺麗に咲いている皇居東御苑をヨリミチ‼️

関連記事

  • 日本にもカッパドキアに似た❓新宿御苑の「ラクウショウ」を見によりみち❁

  • 北鎌倉、明月院ブルーのアジサイが咲き出した「あじさい寺」によりみちしました❀

  • 旧佐倉藩十一万石の総鎮守、麻賀多神社に行く!

  • 徳川将軍も愛した浜離宮恩賜庭園!黄色のジュータン菜の花畑と梅🌺のコラボをよりみち❗️

  • 世界最古の岩石(39億6200万前)をつくば市の「地質標本館」で見ました!

  • 日比谷公園で世界のビールフェア🍺日比谷公園ガーデニングショー開催中🌻