1. TOP
  2. 箱根日帰りの旅🗻乙女峠を越えて、パワースポット箱根神社によりみち!

箱根日帰りの旅🗻乙女峠を越えて、パワースポット箱根神社によりみち!

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

パワースポット箱根神社によりみちした。乙女峠で富士山の眺望を望むのが楽しみであったが、当日は天気が曇りと富士山もイマイチの姿だったが、乙女峠に来ると、箱根に来たという実感が湧く。乙女峠から芦ノ湖を右に見ながら湖畔の道路をしばらく行くと、パワースポット箱根神社にたどり着く。大杉の御神木の前の鳥居をくぐり、まっすぐの階段を登り切ればパワースポット箱根神社本殿がみえる。

Contents

箱根日帰りの旅

img_6486

箱根、乙女峠ふじみ茶屋

img_6472

乙女峠(おとめとうげ)

静岡県御殿場市神奈川県足柄下郡箱根町の境に位置する箱根外輪山にある、の名称である。

標高1,105m。古来、富士山の眺望に優れた景勝地として知られ、富士見三峠(ふじみみつとうげ)の一つに数えられる(他の二つは、御坂峠薩埵峠)。

img_6485

金時山登山入口 車で乙女峠まで行って、ここに駐車できる一日1500円。

img_6484

御殿場市観光協会HPから一部転載

トップ > ハイキングMAP > ハイキングコースご案内 > 箱根山のハイキングコース
■箱根山のハイキングコースマップ
A4横サイズにて印刷が出来ます。ハイキングのお供にどうぞ。(PDF形式・約161KB)
■乙女峠付近~金時山
乙女峠国道138号線乙女トンネル横のハイキングコース入口から、静かな森林の中を登り乙女峠へ、さらに外輪山の尾根沿いに北へ長尾山、金時山に至るルート。
乙女峠は古くから富士見三峠に数えられる好景勝地。金時山は箱根外輪山の最高峰で、360度の大パノラマが広がります。乙女トンネル横には、幸せを呼ぶ乙女の鐘が設置され、人気のスポットになっています。
帰りに浴槽から富士山が一望できるごてんば市温泉会館でさっぱり汗を流せば、疲れもいえます。
所要時間
約1時間20分
■丸岳~長尾峠~湖尻桃源台
富士見台乙女峠から、箱根外輪山を尾根沿いに南へ丸岳、長尾峠、さらに湖尻峠から芦ノ湖岸の湖尻桃源台までのルート。
箱根スカイライン入口の長尾峠は、御殿場市富士見十景の一つで、大駐車場があり、自家用車でのアクセスに便利です。
特に丸岳山頂、富士見台展望台(丸岳・長尾峠間)、富士見ケ丘公園、箱根芦ノ湖展望公園(長尾峠・湖尻峠間)からの展望はすばらしく、天気が良ければ富士山から駿河湾までが眼下に一望でき、反対側には箱根芦ノ湖から仙石原までの大パノラマが広がります。
所要時間
乙女峠→長尾峠 約1時間
長尾峠→桃源台 約2時間
■交通アクセス
JR御殿場駅から乙女峠までバスで約15分、桃源台までバスで約35分。
長尾峠までは東名御殿場I.C.から車で約20分。
■ハイキングの注意事項
楽しいハイキングコースのために押さえておきたいハイキングのチェックポイントなど。

img_6474img_6476img_6478img_6479

由来と伝承

箱根仙石原に「とめ」という名前の若い女性が住んでいた。「おとめさん」と呼ばれていたこの娘は父の病の治癒を願い、この峠を越えて御殿場の地蔵へ百か日の願掛けに参拝し続け、最後には願いが叶い父の身代わりとなってこの峠で亡くなった。この「おとめさん」の逸話から「乙女峠」と呼ぶようになったという伝承が残る。

江戸時代になると仙石原には関所が設けられ、通行の際はここでしばしば足止めされた。このことから「御留峠」(おとめとうげ)と呼ばれるようになり、これが「乙女峠」へと変化していった。

img_6481

乙女の鐘

img_6471

img_6487

乙女峠ふじみ茶屋の金太郎像 さわりすぎでお尻が光っている。

 

箱根神社境内案内図

箱根神社(九頭龍神社・箱根元宮)のパワースポット

はこねじんじゃ(くずりゅうじんじゃ・はこねもとつみや)
Hakone Jinja Shrine ( Kuzuryu Jinja Shrine )

箱根神社の概要(神奈川県箱根町)

箱根神社
●財界にも信奉者の多い、関東総鎮守

「箱根を背にするものは天下を制す」と言われる関東屈指の神社。
関東で仕事をされる方は、必ずご参拝しましょう。
元宮のある駒ヶ岳は、古代から山岳信仰の霊場でした。
757年に万巻上人(まんがんしょうにん)が霊夢を得て、箱根神社を創建したとされます。

箱根神社のご利益

●着実に事業や物事を進める力をもたらす、関東屈指のパワースポット

富士山の南側(富士宮・三島・熱海など)が陽の働きに対して、箱根は陰の働き
着実に事業や物事を進める力をもたらす、強力パワースポットです。
九頭龍神社 本宮、駒ヶ岳山頂の奥宮・箱根元宮も合わせて参拝すると、出世運・金運・願望実現・縁結び・恋愛運・健康運など、バランスよく全体運をアップできます。
大きな志にパワーの働く神社なので、社会・地域貢献など、自分を取り巻く「大きな枠組み」の開運を祈願するとよいですよ。

●ご祭神

<箱根神社> : 皇祖の家族神
瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと・夫神、天孫降臨した天照大御神の孫、皇室の祖神)
木花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと・妻神、富士山・桜を象徴する水の女神)
彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと・子神。海幸山幸神話の山幸彦。初代・神武天皇の祖父神)

箱根神社
箱根神社

<九頭龍神社(摂社)
九頭龍大神 (くずりゅうのおおかみ、物事を現実化させる高級龍神

箱根神社
箱根神社

天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ):最初に出現した宇宙の根源の神
高御産巣日神 (たかみむすびのかみ<箱根元宮(奥宮、はこねもとつみや)> : 造化三神):創造・生産を司るムスビの神
神産巣日神 (かみむすびのかみ):創造・生産を司るムスビの神
※高御産巣日神と神産巣日神が対で、男女のムスビを司る神

箱根神社
箱根神社

img_6489

img_6490img_6491

img_6493

御神木の大杉

img_6495

箱根神社入口の鳥居

img_6498

参道

img_6500

参道階段途中左手に曽我神社がある。

img_6502

 蘇我兄弟を祀っている曽我神社

img_6503

曾我兄弟の仇討ち 曽我神社の由来

曾我兄弟の仇討ち(そがきょうだいのあだうち)は、建久4年5月28日1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に、曾我祐成曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討った事件。赤穂浪士の討ち入り伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの一つである。武士社会において仇討ちの模範とされていた。

img_6504  img_6506 img_6508 img_6509 img_6510 img_6511 img_6512 img_6513 img_6514 img_6515 img_6516 img_6517  img_6519 img_6520 img_6521 img_6522 img_6523 img_6524 img_6525 img_6526 img_6527 img_6528 img_6529 img_6530

 

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 佐倉学入門講座、平成29年度「佐倉道を歩く」に初めて参加しました👟

  • 横浜・三渓園の黄金にかがやく紅葉(黄色)を堪能しました!

  • 徳川将軍も愛した浜離宮恩賜庭園!黄色のジュータン菜の花畑と梅🌺のコラボをよりみち❗️

  • 東京スカイツリーも、河津桜🌸も一緒に観れるベストスポット、旧中川によりみち❗️

  • 成田空港から関西空港まで、LCCで日帰りの旅、空撮!

  • 鋸山の頂上から浦賀水道、三浦半島、伊豆大島を望み、日本寺の磨崖仏によりみち!