1. TOP
  2. 春の足音!黄黄黄🌼!!福寿草の群生に感激!国営昭和記念公園をよりみち❗️

春の足音!黄黄黄🌼!!福寿草の群生に感激!国営昭和記念公園をよりみち❗️

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

国営昭和記念公園は、私の好きな公園の一つで、冬以外のシーズンは訪ねている。今回、公園に春を求めに行ってみた。今、何と言っても、フクジュソウが群生になって咲いている事だ。どこの公園、植物園でもフクジュソウはひっそり咲いている感じだが、国営昭和記念公園は、その群生面積、数量とも抜きん出ている。もうしばらくすると、黄色のジュータンにみえるようになると思う。

冬の国営昭和記念公園

IMG_9429

IMG_9430 IMG_9431

春の気配🌻

IMG_9433  IMG_9435    IMG_9439  IMG_9441

施設紹介

施設紹介

ピンをクリックすると各施設の詳しい情報をご覧いただけます。

園内マップ

(45)水鳥の池 (44)バードサンクチュアリー (43)花木園 (42)花木園売店 (41)わんぱくゆうぐ (40)原っぱ南売店 (39)原っぱ中央売店 (38)みんなの原っぱ (37)桜の園 (36)花の丘 (35)砂川口駐車場 (34)砂川口売店 (33)砂川口サイクルセンター (32)こもれびの里 (31)盆栽苑 (30)日本庭園 (29)トンボの湿地 (28)森の家 (27)こどもの森売店 (26)こどもの森 (25)渓流広場レストラン (24)うんどう広場 (23)スポーツエリア (22)フットサルコート (21)渓流広場 (20)バーベキューガーデン (19)レイクサイドレストラン (18)水あそび広場 (17)レインボープール (16)ボートハウス (15)西立川口駐車場 (14)西立川口売店 (13)西立川口サイクルセンター (12)ふれあい広場 (11)ふれあい広場レストラン (10)カナール (9)立川口駐車場 (8)ぎんなん茶屋 (7)立川口売店 (6)立川口サイクルセンター (5)ドッグラン (4)ゆめひろば (3)昭和天皇記念館 (2)花みどり文化センター (1)総合案内所 (33)砂川口サイクルセンター (13)西立川口サイクルセンター (6)立川口サイクルセンター (42)花木園売店 (40)原っぱ南売店 (39)原っぱ中央売店 (34)砂川口売店 (27)こどもの森売店 (14)西立川口売店 (7)立川口売店 (25)渓流広場レストラン (19)レイクサイドレストラン (11)ふれあい広場レストラン (8)ぎんなん茶屋 (2)カフェ(花みどり文化センター内) (1)カフェ(総合案内所内) (35)砂川口駐車場 (15)西立川口駐車場 (9)立川口駐車場 (45)水鳥の池 (44)バードサンクチュアリー (43)花木園 (41)わんぱくゆうぐ (38)みんなの原っぱ (37)桜の園 (36)花の丘 (32)こもれびの里 (31)盆栽苑 (30)日本庭園 (29)トンボの湿地 (28)森の家 (26)こどもの森 (24)うんどう広場 (23)スポーツエリア (22)フットサルコート (21)渓流広場 (20)バーベキューガーデン (18)水あそび広場 (17)レインボープール (16)ボートハウス (12)ふれあい広場 (10)カナール (5)ドッグラン (4)ゆめひろば (3)昭和天皇記念館 (2)花みどり文化センター (1)総合案内所
  • 所要時間はこちら
  • 園内マップはこちら

IMG_9442 IMG_9443

枯れ枝も、確実に芽吹いている。

IMG_9444 IMG_9445 IMG_9446 IMG_9447 IMG_9449

恐竜の足(クスノキ)

IMG_9451 IMG_9452  二ホンズイセン(ヒガンバナ科スイセン族)

IMG_9454 IMG_9455

 二ホンズイセンの群生

IMG_9457 IMG_9458

クリスマスローズ ブラックパール

IMG_9460

クリスマスローズ フローレンスピーチ

IMG_9461  IMG_9464

公園内案内板

IMG_9465

クリスマスローズ キンポウゲ科 サクラピンク

IMG_9467
IMG_9470 IMG_9471

花木園梅マップ

IMG_9472

野鳥観察会

  • 野鳥観察会の案内(国営昭和記念公園HPから)

IMG_9473 IMG_9474

ニホンズイセンの群生

IMG_9475 IMG_9476 IMG_9477

ウメ(バラ科サクラ属)紅梅系紅梅性 大盃(おおさかずき)

IMG_9480 IMG_9481 IMG_9482

サンシュユ(ミズキ科)

IMG_9484  IMG_9486

ウメ 野梅系・野梅性 思いのまま

IMG_9488

ウメ 野梅系 野梅性 みちしるべ

IMG_9489 IMG_9490 IMG_9491 IMG_9492 IMG_9494

フクジュソウの群生

IMG_9495 IMG_9496 IMG_9497 IMG_9498 IMG_9499 IMG_9500 IMG_9501 IMG_9502 IMG_9503 IMG_9504 IMG_9505 IMG_9507

シナマンサク

IMG_9509 IMG_9510 IMG_9511

ウメ 野梅系 野梅性 やえやばい IMG_9513 IMG_9514 IMG_9515 IMG_9516 IMG_9517 IMG_9518 IMG_9520 IMG_9521 IMG_9522

紅白の梅林

IMG_9523 IMG_9524 IMG_9525

枝垂れウメ

IMG_9526IMG_9527 IMG_9528 IMG_9529

 

IMG_9530 IMG_9531 IMG_9532

フクジュソウについて

フクジュソウは、早春に黄色い花を咲かせる多年生草本です。フクジュソウは、日本では北海道から九州に広く分布しています。多くの人は、フクジュソウといえば1種類だと思いがちかもしれませんが、実は日本にはフクジュソウ(Adonis ramosa)、キタミフクジュソウ(Adonis amurensis)、ミチノクフクジュソウ(Adonis multiflora)、シコクフクジュソウ(Adonis shikokuensis)の4種が分布しています。

フクジュソウは、季節的に光環境が大きく変化する落葉樹林下に適応した生活史をもっており、林床の明るい雪解け直後から初夏に林冠が葉に閉ざされるまでの短期間に1年間の生活を終えてしまいます。春を告げる花の代表であるため、「元日草(がんじつそう)」や「朔日草(ついたちそう)」と呼ばれることもあります。「福寿」という縁起の良い名前から、正月の飾りとして、江戸時代から栽培もされていました。

フクジュソウは、花、茎と葉を含めた地上部全体が、太陽の動きに合わせて回転する性質(向日性, heliotropism)をもっています。また、夜間や曇りの日には花弁が閉じており、太陽が顔をだし気温が上昇してくると花弁を開きはじめます。このように花の向きを変えてパラボラアンテナのような花弁で太陽光を真正面から浴び、熱を集めることによって、花の内部の温度を外気温より6℃近くも高めることを可能にしています。温かい花の内部では、花粉の発芽や花粉管の伸長、種子の成長が促進され、結実成功率が高まることが知られています。

また、フクジュソウの開花する早春の寒い時期には、花粉の運び屋である昆虫(ハエやアブなどの仲間)の活動能力は低下しています。昆虫にとっては、フクジュソウの花は、餌場だけではなく体温を高めたり、交配相手を探したりする重要な生活の場となっています。つまりフクジュソウは、熱を報酬として与えることにより訪花昆虫を誘引することによっても、結実成功率を高めているといえます。

このようにフクジュソウは、効率的な熱収集システムを獲得することによって、限られた早春の光の豊富な時期を有効に利用しています。

IMG_9533 IMG_9534 IMG_9535 IMG_9536 IMG_9537 IMG_9538 IMG_9539  IMG_9541 IMG_9542 IMG_9543

ミツマタ(ジンチョウゲ科)

IMG_9545

手前はフクジュソウの群生、遠くに梅林

IMG_9547 IMG_9548    IMG_9552  IMG_9554 IMG_9555 IMG_9556 IMG_9557 IMG_9558 IMG_9559 IMG_9560 IMG_9561 IMG_9562 IMG_9563 IMG_9564 IMG_9565 IMG_9566 IMG_9567

この川の両岸には、チューリップ🌷の球根が植わっている。

IMG_9568 IMG_9569 IMG_9570 IMG_9571

春の訪れに備えて準備中

IMG_9572 IMG_9573 IMG_9574 IMG_9575 IMG_9576 IMG_9577

この木なんの木?

IMG_9578 IMG_9579 IMG_9580    IMG_9584 IMG_9585 IMG_9586 IMG_9587 IMG_9588

スノードロップ

IMG_9589  IMG_9591 IMG_9592 IMG_9593 IMG_9594

公園内に手ぶらでバーベキューを出来る施設もある。

IMG_9595 IMG_9596

(国営昭和記念公園HPから転載)

クリスマスローズ



オリエンタリス


ニゲル

戻ります

クリスマスローズのデータ

花色:赤紫紫薄黄白緑複色
学名:Helleborus
科名:キンポウゲ科
分類:常緑多年草
原産地:東ヨーロッパ・西アジア
大きさ:20~30cm 25~40cm(※オリエンタリス系)
15~25cm 15~30cm(※ニゲル系)
主な見所:花(2~4月)(※オリエンタリス系)
花(1~3月)(※ニゲル系)

クリスマスローズの特徴

クリスマスローズと呼ばれるものはいくつかありますが、一般的に販売されているのは早春から春咲きで花色豊富なオリエンタリス系(レンテンローズ)を改良・交配品種です。冬から早春咲きで白花のニゲル系もよく見かけます。オリエンタル系に比べると全体的に小型です。ほかにも原種系や原種とニゲルとの交雑種が出回りますがそれほどポピュラーではありません
うつむき加減の花を冬のまだ寒いころから咲かせます。よく目立つ部分は苞なので花期が長いのも特徴のひとつです。寒い中でも常緑を保つ濃緑の葉は手のひらを広げたように裂けており、株元から四方に広げます。葉の高さと同じくらい花茎を伸ばしますが、原種系の中には草丈が50cm以上の高さになる種もあります。清楚な印象と丈夫さからシュードガーデンの定番の花になりました

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰を好みます。日向でも育ちますが夏は遮光します
  • 水分量: 乾燥を嫌います
  • 耐寒性: 寒い時期に花が咲きますが、南関東以南では保護の必要はありません

クリスマスローズの育て方

とても丈夫な花で初心者でも育てやすいです。半日陰を好みますが、日向からやや暗い場所まで適応します。ただ、あまりに暗い場所だとだらしくなく葉柄が伸びてしまいます。肥沃で水はけのよい適湿からやや湿潤の土を好み、乾燥は苦手です。葉が大きく、横に広がりやすいので株間は考慮します

  • 管理:花が上がってくる1月頃に古くなった葉を整理します。花後にも傷んだ古い葉があれば切り取っておきましょう。苞は長く持ちますが、緑色に変化しだしたら株元から切り取ります
    株が込みだしたら3月頃に株分けします(まだ残っている花芽は切ってしまいます)
    肥料は秋と春に控えめに与えます
  • 病害虫:葉が黒くなる病気が発生することがあります。他の葉に移るので早めに切り取ります

 

アクセス


%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 隅田川沿い堤の中で、穴場的スポット!中央区「新川公園」満開の桜によりみち🌸

  • 今年は、戊辰戦争(1868)から150年❗️歴博「錦絵で語る」特別展示開催中❣️

  • 鎌倉幕府8代執権、北条時宗が開基の、鎌倉五山第二位の円覚寺によりみち!!

  • 🏄湘南発祥の地・大磯「吉田茂元首相邸」をよりみち🐚

  • 成田・義民佐倉惣五郎を祀る宗吾霊堂を行く!

  • 降りしきる雨の中☔️皇居東御苑の果樹古品種園にヨリミチしました🍎