1. TOP
  2. 水戸黄門ゆかりの名園!まっかな紅葉の小石川後楽園を行く!

水戸黄門ゆかりの名園!まっかな紅葉の小石川後楽園を行く!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

小石川後楽園は東京ドームの隣接で、日帰りの旅でも、半日の旅でも、都会の喧騒を忘れられる空白地である!

小石川後楽園

小石川後楽園は、旧水戸徳川家の江戸上屋敷(当初は中屋敷)の後楽で林泉美に富む廻遊式築山、山水庭園である。 江戸時代初め、徳川御三家の一つであった水戸家の祖徳川頼房は、寛永6(1629)年3代将軍家光から与えられたこの邸地に廻遊式庭園を築造した。2代目藩主光圀も本園の築庭には力を注ぎ、当時、隣国明の遺臣で我が国に亡命していた朱舜水の意見を用い、円月橋、西湖堤など中国の風物を取り入れ、今見るような中国趣味豊な手法を加味した。 因みに後楽園の名は、光圀が舜水に命じて選んだもので、宋の范文正の「岳陽楼記」(がくようろうき)中の「士当先天下之憂而憂、後天下之楽而楽」からとったものである。その後も、たびたびの改修や震火災で、創築時代の壮観さこそ失われたものの逐次手が加えられるなど、幾多の時代の変遷を経て現在に至っている。 本園は、土の香ただよう奥深い山地と、樹林に包まれた静寂な水面の中に各地の各所を写し、自然の美と人工の妙とを兼ね備えた庭園芸術の粋を見せている。また、園内は数々の園亭祠堂があり、梅、桜、藤、花菖蒲など四季折々の花が豊富で都会では貴重な緑として、訪れるものに憩いの場を提供している。 なお本園は、大正12年3月、国の史跡名勝に、また、昭和27年3月、文化財保護法により、特別史跡及び特別名勝に指定された。この二重指定を受けているのは、全国でも小石川後楽園、浜離宮恩賜庭園、金閣寺など、ごく限られている。

img_3894

概要

1629年寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房作庭家徳大寺左兵衛に命じて築いた庭園を、嫡子の光圀が改修、の遺臣朱舜水(朱之瑜)の選名によって「後楽園」と命名して完成させた。出典は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」によっており、岡山市にある後楽園と全く同じである。

7万平方メートル以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメサクラツツジハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる。

また中国の文人たちが好んで歌った西湖廬山も採り入れている。光圀は朱舜水を設計に参加させたといわれており、中国的、儒教的な趣好が濃厚である。

1869年明治2年)の版籍奉還により藩主徳川昭武が邸宅とともに新政府に奉還し、そののち東京砲兵工廠の敷地の一部として陸軍省の所管となった。(この名残で現在でも砲兵工廠の遺構のいくつかを園内で見ることができる)1874年(明治7年)以降、明治天皇行幸および皇族の行啓を受け、外国人観覧者も多く、世界的にも名園として知られるようになった。

1923年大正12年)3月7日、国の史跡および名勝に指定された。指定の際、岡山市の後楽園と区別するため「小石川」を冠した。1952年昭和27年)には文化財保護法に基づく国の特別史跡および特別名勝に指定され、今日では、都立公園として整備され、一般に公開されている(有料)。

なお、1937年に隣接する旧東京砲兵工廠跡地にプロ野球興行を主たる目的として造られた野球場は小石川後楽園にちなんで「後楽園球場」(「東京ドーム」の前身)と名づけられ、さらに同じ敷地内にできた遊園地多目的ホールなどにも同じように「後楽園」の名が冠されている。

(ウイキペディアより一部転載)

img_3895img_3896img_3898img_3899img_3900img_3901

img_3970

小廬山

一面オカメザサでおおわれた、円い築山。その姿、形が中国の景勝地・廬山に似ていることから江戸の儒学者・林羅山が名づけたもので、山頂より庭園を見おろせます。

img_3910

 

img_3911img_3912

 

img_3914img_3915img_3916img_3917img_3919img_3920img_3924

大堰川

この庭園で川の景色を代表する場所。その名は、京都嵐山の下を流れる大堰川にちなんでおり、昔は神田上水から水車で水を汲みあげて流していました。

img_3926img_3931img_3935img_3936img_3937img_3941img_3942img_3944img_3945img_3946img_3948img_3949img_3950img_3951img_3952img_3953img_3955img_3956img_3957img_3958img_3959img_3960img_3961img_3962img_3964img_3965img_3967img_3969img_3972img_3973

得仁堂

この建物は、光圀18歳の時、史記「伯夷列伝」を読み感銘を受け、伯夷、叔斉の木像を安置した堂です。得仁堂の名前は孔子が伯夷・叔斉を評して「求仁得仁」と語ったことによります。

img_3974img_3978img_3982img_3983img_3984img_3985丸屋(まろや)の紅葉

img_3986img_3988img_3989img_3990img_3991img_3992img_3993img_3994img_3995img_3998

大泉水

この庭園の中心的景観。蓬莱島と徳大寺石を配し、琵琶湖を表現した景色を造り出したもので、昔はこの池で舟遊びをしたといわれています

img_3999img_4001img_4002img_4004img_3386img_3387img_3389img_3390img_3391img_3392img_3394img_3395img_3396img_3398img_3399img_3400img_3401img_3402img_3403img_3405img_3406img_3407

内庭

水戸藩の書院の庭としてあった所で、昔は唐門をへだてて、大泉水のある「後園」と分かれていました。江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれた、池を中心にした純日本式の庭園。昔の姿をそのままとどめているといわれます。

アクセス

外部リンク

 

小石川後楽園によりみち!

紅葉真っ盛りに行ったのは初めてである。この公園のモミジは他の公園のモミジに比べて真っ赤である。仲間と行ったら、ここの紅葉は最高だと褒められた。今が紅葉の旬である。行かれることをお勧めする。

 

小石川後楽園は東京ドームの隣接で、日帰りの旅でも、半日の旅でも、都会の喧騒を忘れられる空白地である!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2019佐倉ふるさと広場のコスモスフェスタ‼️台風直撃にも健気に咲いています🌼

  • 千葉県を襲った台風15号のツメ跡で、佐倉城址公園は地獄絵‼️

  • 真夏の新宿御苑、大温室に行ってみました🌺

  • 20周年❗️公的機関としては日本最大規模「伝統の朝顔展」開催中‼️

関連記事

  • 🌺華麗に群舞、情熱の3日間「山形花笠まつり」に参加🍒

  • 歴博「くらしの植物苑」2000年前の縄文時代に咲く大賀ハスが美しい‼️

  • 春爛漫☘満開のクルメツツジとフジの皇居東御苑をヨリミチ🌿

  • 錦秋の皇居東御苑と皇居周辺をヨリミチ🍁

  • 源頼朝、水戸光圀、二宮尊徳に團十郎と関係の深い、成田山新勝寺にヨリミチ❗️

  • 佐倉市生涯学習「佐倉学」第2回「佐倉道を歩く会」に参加しました👟①