1. TOP
  2. 成田空港から大分までLCC(格安航空会社)で日帰りの旅!築城の名手、毛利高政が築いた佐伯城を訪ねる!

成田空港から大分までLCC(格安航空会社)で日帰りの旅!築城の名手、毛利高政が築いた佐伯城を訪ねる!

築城の名手、毛利高政が築いた山城、佐伯城を行く、日帰りのたび!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

城下町さいき散策マップ


img_1830

佐伯城(さいきじょう)

●所在地 大分県佐伯市城山
●登城日 2008年12月3日
●築城年 慶長7年(1602)
●築城者 毛利高政
●形態 平山城
●標高 137m
●別名 鶴屋城、鶴ヶ城、鶴城、鶴谷城
●遺構 天守台、櫓門(現存)、石垣、郭等

◆解説
佐伯市という呼称は「さえき」ではなく、「さいき」という。大分県の南端部にある市で、南隣は宮崎県延岡市と接する。戦国期の国名でいえば、豊後と日向の境目となる位置になる。佐伯城は江戸期に築城された城郭で、戦国期のものではない。戦国期でこの地域にあったのは、佐伯城のある佐伯市街から北西約4キロにある、栂牟礼山城(223.6m)である。

現地の説明板より

史跡 豊後 佐伯城

城山山頂の城址は、海抜140m、遠く南豊の山々をめぐらし、番匠川は曲がりくねって佐伯湾にそそぎ、はるかに豊後水道を隔てて、四国の島山が霞んで見える。眼下には県南の政治・経済・産業・文教の中心都市、人口5万の佐伯市街がひろがり、展望絶景、歩いて15分で登れる景勝の地である。
慶長6年(1601)4月、日田より入封の初代・毛利高政は、この地を相して佐伯荘2万石の本拠地と定め、先ず山頂に築城の工を起こし、城下町の建設に取り掛かった。

三層の天守閣を持つ本丸を中心に、二の丸・西の丸を西南に伸ばし、北の丸を東北に広げ、あたかも舞鶴の翼を張った姿に自ずと鶴屋城と名づけられ、また鶴城と呼ばれた。
城は4年後の慶長11年に完成したが、ほどなく失火により本丸・二の丸を失い、その復興をあえて行わず、寛永14年(1657)、山麓に三の丸を開き、大いに殿館を営んで以来200数十年、佐伯藩政はもっぱらここで執られた。それは、山城の不便さを避けてのことである。そして明治初年の版籍奉還・廃藩置県によって廃城となった。今は城郭の遺構としては僅かに三の丸櫓門を残すだけであるが、なお城跡を示す石垣はほとんど完全に残り、城址公園として市民に親しまれている。

◆略歴

慶長6年(1601) 毛利高政、日田より佐伯荘に入封する。
慶長7年(1602) 近江の人・市田祐定に命じて築城を始める。
慶長11年(1606) 築城完工、鶴屋城と呼ぶ。
元和元年(1615) 高政、大坂夏の陣に参加。

元和3年(1617) 鶴屋城二の丸より出火、本丸天守閣焼失する。
寛永14年(1637) 山麓に三の丸を造り藩政を執る。
宝永4年(1707) 地震津波のため、486戸倒壊する。
享保4年(1729) 鶴屋城修復する。ただし天守閣設けず。
安永6年(1777) 8代藩主・高標、藩校「四教堂」をつくる。
天明元年(1781) 高標、城中に佐伯文庫(蔵書8万巻)をつくる。
文化9年(1812) 直川ほか7カ村の農民が一揆をおこす。
明治2年(1869) 12代藩主・高謙、版籍を奉還する。
明治4年(1871) 廃藩置県、7月佐伯県のち大分県となる。


説明板にある初代・毛利高政は、今月投稿の「角牟礼城・その2」(3月6日)で示したように、文禄3年(1594)から豊臣秀吉の命によって、日田・玖珠郡に入部し、6年間にわたって、角牟礼城を築城(改修)している(ただ、高政の本城は、日田の日隅城を居城としている)。その後、慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦では、最初は西軍方に与していたが、途中から東軍に寝返った。この最中、東軍方に転じた黒田如水によって角牟礼城も開城されている。毛利高政は東軍方になったものの、元西軍(豊臣方)であったことから、家康からの処分は改易される状況でもあったが、藤堂高虎の仲介で免れた。その結果、慶長6年2万石で佐伯に転封された。他の外様大名同様、石高も少ない上に、他国の城普請の手伝いを度々命じられ、初期から佐伯藩の財政は厳しいものがあったようだ。なお、毛利姓とはなっているが、元は森姓で、天正10年(1582)本能寺の変で、信長が横死した際、秀吉は備前高松城で、急ぎ毛利方と和睦、このときの条件の一つが人質として、森高政と実兄重政を毛利輝元に差し出したことから始まる。その後、輝元から両名は気に入られ、姓を森から毛利へと改姓した。

佐伯城跡散策コース案内図(現地案内板より)
00佐伯城案内図

佐伯城(山上)鳥瞰図 ~現地案内板より~
00佐伯城鳥瞰図

東麓から佐伯城跡を見上げる


山麓から見上げる佐伯城跡は、木々の間から僅かに石垣が見え、なかなかの光景です。正面に見える門は佐伯城唯一の現存建築物の櫓門で、その後ろが三の丸跡で文化会館が建っています。
尚、中央の道路は馬場跡、右側の趣きのある門が建つ佐伯小学校はかつての侍屋敷、左側は駐車場ですが藩庁跡です。


01佐伯城全景

 

img_1762

登り口

佐伯城へ向かう道は、地元出身の国木田独歩にちなんだ「独歩碑の道」「登城の道」「翌明の道」「若宮の道」という名称の付いた4つの道がある。後ろは三の丸の城壁。
img_1763
河童が出迎えてくれます。河童の手から少し離すと水が出ます。
img_1767img_1768

登城口付近

img_1769

佐伯城の説明板

img_1771

本丸外曲輪の冠水門跡

独歩碑の道を登って来ると、本丸外曲輪への入口である「冠水門跡」へ出ます

img_1773

国木田独歩の碑

img_1774

この石垣に沿って右に向かうと本丸。野面積の石垣の雰囲気が良かった。

img_1775

本丸外曲輪からの眺望

本丸外曲輪から見下ろす光景は絶景で、映画「釣りバカ日誌」の「佐伯市街地と佐伯湾を望むシーン」のロケ地となったようです。

img_1776img_1777

本丸から二の丸に向かう、霧にけぶった白い本丸外壁下の道。

img_1778

本丸から霧にけぶる、佐伯市街地、佐伯湾をみる。
入り組んだリアス式海岸の景色や、豊後水道の青い海が絶妙のバランスとなって、見る者を飽きさせない。
国木田独歩は登山好きだったこともあり、この佐伯城の山頂には何度も登っている。写真には治めていないが、本丸付近には独歩の記念碑も立っている。この日は、天気は良くなかったが、帰って霧の中の、佐伯城を堪能した。

img_1780

佐伯城山頂部の郭

当城は平山城と定義されているが、標高はさほどないものの、険峻さ・地どりを考えると、近世城郭でありながら、十分に山城の雰囲気を持った城郭である。

img_1782

国木田独歩の碑

img_1783

本丸跡

佐伯城の見どころは、何といっても石垣群であり、また、ここから俯瞰する佐伯の町並みや豊後水道の景色である。
現在残っている石垣から、慶長年間に築城された当時を想像するだけで、城郭の勇壮さが偲ばれる。
本丸跡の中央部には、祠が祀ってある。

img_1784

本丸石垣

現地の案内板(鳥瞰図)には、外曲輪から本丸に登る石段は描かれておらず、本丸へは二の丸から廊下橋を通って入って行くようになっています。本丸天守台の上に神社が祀られているので、廃城後に設けられたものではないでしょうか。

img_1785

本丸から二の丸へ向かう。紅葉が綺麗。

img_1787

本丸へ向かう階段の紅葉の風情がいい。

img_1788

霧が紅葉と白い城壁を浮き出させている。本丸から二の丸への道

img_1789

冠水門礎石

門跡には礎石も残っています。また、眼下は佐伯市街地と佐伯湾。

img_1790

西の丸から二の丸と本丸を

西の丸から佐伯市街と佐伯湾を見下ろす
本丸外曲輪跡から佐伯市街と佐伯湾を見下ろす光景も素晴らしいですが、この西の丸からも、紅葉と相俟って素晴らしい眺望です。
西の丸からの眺望

img_1791

本丸から霧の佐伯市街地方面をみる

img_1792

本丸から二の丸へ向かう道。

img_1793

本丸から二の丸への道

img_1794

本丸跡の石垣

img_1795

本丸と天守台

天守台石垣は、本丸の西部分に残っていますが、思っていたよりも低い壇でした。

img_1796img_1797

本丸の祠

『毛利』と書いてありました。天主は毛利高政。戦国時代から江戸時代前期にかけての武将(大名)。豊後佐伯藩の初代藩主。

元々は『森高政』という名前だったが、関ヶ原の戦いの西軍の総大将である毛利輝元に気に入られ 『毛利性を名乗りなさい』ということで 毛利高政に改名したそうです。

ビックネームである毛利氏に気に入られる程なのだから、それなりに優れた人物だったのでしょう。

img_1798

本丸から二の丸方面をみる

img_1799

本丸と二の丸間の橋

本丸に沿って二の丸方面へ進むと、本丸と二の丸間を繋ぐ橋の下へ出ます。鳥瞰図によると、当時は屋根の付いた「廊下橋」だったようです。堀切ではありませんが、石垣は堀切的な役目をしています。

img_1800img_1801

水の手門跡

案内板に「若宮の道」とあったが、搦手道へ通じるのでしょうか。

img_1803img_1804img_1805

水の手門跡
案内板に「若宮の道」とあったが、搦手道へ通じるのでしょうか。

img_1806img_1807

本丸から北の丸方面をみる

img_1808

本丸から北の丸方面へ

img_1809img_1810

ここからふもとへ、「登城の道」が最短距離。

img_1811

二の丸への虎口と廊下橋

廊下橋の下をくぐって東側へ出ると、二の丸への虎口があります。石段の上と写真左側には、往時は門が建っていました。

img_1812img_1813

独歩の文学碑

img_1815

img_1814

北の丸から本丸石垣を

東側(外曲輪)から見る本丸は小規模に見えましたが、北の丸から見るとかなり大規模な石垣で、東西に長いのが分かります。

img_1816

二の丸から本丸方面をみる

img_1818

二の丸から本丸方面をみる

img_1819img_1820

本丸から北の丸をみる

img_1821img_1822img_1823img_1824img_1825img_1826img_1827img_1828img_1831

三の丸櫓門(大分県有形文化財)

櫓などの建物の仕様は、下見板張りの壁に突き上げ式の窓、本瓦葺き屋根であったと考えられているが、詳細は不明である。

山上の建物については明治初期に全て撤去されているため、三の丸正門櫓門やいくつかの移築現存建築遺構に意匠が残る。

また、大手門跡付近にあった役所の三府役所跡に佐伯市歴史博物館が2015年5月1日に開館し、野外展示物として敷地内に保存された三府御門(江戸後期)と毛利家御居間(明治期)を見ることができる。この櫓門も1637年(寛永14年)に創建されています。

堂々とした櫓門を抜けた三の丸には文化会館が建てられていました

img_1832img_1833img_1834

三の丸の白い城壁

img_1836img_1837

矢野龍渓生家跡(藩主より賜った先祖の地を佐伯小学校に寄付する)

img_1838img_1840

城下町散策道の紅葉

img_1843

城下町、薬医門

img_1844

城下町、汲心亭

img_1845img_1846

安井(城下町、3つの井戸の1つ)

img_1848img_1849

城下町散策路の紅葉

 

img_1850

観光交流館(観光案内所)珈琲100円でした。

img_1851

国木田独歩館

img_1853

城下町の神楽面工房

img_1854

佐伯市の下水マンホールの蓋は独歩のうた

img_1855img_1856

毛利家の菩提寺、養賢寺

img_1857img_1858img_1859img_1860img_1867img_1869

 佐伯市立佐伯小学校正門

念願の豊後 佐伯城に来て。

念願の豊後の国、佐伯城に来た。前から、この城の城壁を見たいと思っていたからだ。当日は、生憎の天気となったが、それが、佐伯城を神秘的、幻想的な雰囲気へと醸し出していた。城壁の写真を沢山アップしたが、それだけ思入れがあることである。九州の城めぐりは、成田空港からLCCを利用すれば、日帰りの旅として十分行けるので、今後も続けて行きたいと思っている。


%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 2018佐倉コスモスフェスタ開催中❗️オランダ風車を背景に50万本を超えるコスモスが満開です🌼

  • 増上寺に眠る6人の徳川将軍家墓所を尋ねました‼️

  • 伊能忠敬30年過ごした❗️「佐原の町並みと小野川沿い」をブラリ散策👟

  • 江戸城(皇居東御苑)の「城壁、反りの美」や「石垣の積み方」を探求しました🏯

関連記事

  • 日本で最初の洋式灯台、観音埼灯台から浦賀水道に行き交う船をみました🚢

  • 成田空港からLCC(格安航空会社)で関西空港へ日帰りの旅。大河ドラマ、真田幸村の九度山へ行く!!

  • 江戸時代から続く変化朝顔「伝統の朝顔」歴博附属くらしの植物苑にて開催中🌾

  • 晩秋の、港区白金の東京都庭園美術館と隣接の国立科学博物館附属自然教育園によりみち!

  • 大人の休日倶楽部パスを利用して、東北新幹線「はやぶさ」で新青森へ日帰りのたび!

  • 大粒苺🍓アイベリーを食べに千葉・東庄町(とうのしょうまち)にいちご狩りに行きました🍓