1. TOP
  2. 渋谷発祥の地、渋谷城砦跡の渋谷・金王(こんのう)八幡宮をよりみちしました。

渋谷発祥の地、渋谷城砦跡の渋谷・金王(こんのう)八幡宮をよりみちしました。

img_8053

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

御祭神

応神天皇(おうじんてんのう)「品陀和気命(ほんだわけのみこと)」

 

由緒

当八幡宮は、第73代堀河天皇の御代、寛治6年正月15日(1092)鎮座いたしました。
桓武天皇の曽孫である高望王の後裔で秩父別当平武基は源頼信による平忠常の乱平定において功を立て、軍用八旒の旗を賜り、その内の日月二旒を秩父の妙見山(武甲山では?)に納め八幡宮と崇め奉りました。
武基の子武綱は、嫡子重家と共に後三年の役の源義家の軍に300騎余を従え1番で参向し、仙北金沢の柵を攻略しました。その大功により名を河崎土佐守基家と賜り武蔵谷盛庄を賜りました。義家は、この勝利は基家の信奉する八幡神の加護なりと、基家が拝持する妙見山の月旗を乞い求め、この地に八幡宮を勧請しました。
重家の代となり禁裏の賊を退治したことにより堀河天皇より渋谷の姓を賜り、当八幡宮を中心に館を構え居城としました。渋谷氏は代々当八幡宮を氏族の鎮守と崇めました。これが渋谷の発祥ともいわれ、現在も境内に渋谷城砦の石が保存されています。
渋谷氏が武蔵谷盛庄七郷(渋谷、代々木、赤坂、飯倉、麻布、一ツ木、今井など)を領していたので、当八幡宮は八幡通り(旧鎌倉街道)、青山通り 宮益坂 道玄坂(旧大山街道)を中心とする、渋谷、青山の總鎮守として崇められています。⇒氏子区域
当八幡宮は、古くは単に八幡宮又は渋谷八幡宮と称しておりましたが、渋谷金王丸の名声により、金王八幡宮と称されるようになりました。

img_8026img_8029

img_8077

社殿及び神門

慶長17年(西暦1612)の建立です。

家光が幼かった頃、三代将軍はその弟忠長が嗣ぐあろうとの風説が行われていました。家光の乳母春日局と教育役であった青山伯耆守忠俊は大変心配して、当神社に祈願を重ねておりました。家光の具始の儀が行われるに及び、神明の加護なりと深く喜び、金百両、材木多数を奉納して、御社殿を造営しました。

その後、幾度かの修理を経て今日に至っております。江戸時代初期の建築様式を現在にとどめる、都内でも代表的な建物の一つです。

渋谷区指定文化財

img_8030

img_8039

 

img_8040

渋谷金王丸常光(しぶやこんのうまるつねみつ)

 

渋谷金王丸常光(しぶやこんのうまるつねみつ)は、渋谷平三家重の子で、永治元年(1141)8月15日に生まれました。

重家には子がなく夫婦で当八幡宮に祈願を続けていると、金剛夜叉明王が妻の胎内に宿る霊夢をみて立派な男子を授かりました。そこで、その子に明王の上下二文字を戴き「金王丸」と名付けました。

金王丸17歳の時、源義朝に従って保元の乱(1156)で大功を立て、その名を轟かせました。続く平治の乱(1159)では義朝は敗れ、東国に下る途中立ち寄った尾張国野間の長田忠宗の謀反により敢えない最期を遂げました。金王丸は、京に上り常磐御前にこのことを報じたのち渋谷で剃髪し、土佐坊昌俊と称して義朝の御霊を弔いました。(平治物語には、金王丸は出家して諸国を行脚し義朝の御霊を弔った、とあります。)

金王丸は、義朝の子である頼朝との交わりも深く、頼朝が挙兵の折は、密かに当八幡宮に参籠して平家追討の祈願をしました。

壇ノ浦の戦いののち頼朝は義経に謀反の疑いをかけ、これを討つよう昌俊(金王丸)に命じました。昌俊は断ることもできず、文治元年(1185)10月、百騎ばかりを率いて京都に上り、同月23日夜義経の館に討ち入りました。昌俊は、はじめから義経を討つ考えはなく、捕らえられて勇将らしい立派な最期を遂げました。

金王丸の名は平治物語、近松戯曲などに、また土佐坊昌俊としては源平盛衰記、吾妻鏡、平家物語などにみえ、その武勇のほどが偲ばれます。

そして金王丸の名声により、当八幡宮を金王八幡宮と称するようになりました。

当八幡宮に伝わる「毒蛇長太刀」は金王丸が所持していたもので、長田の館の奮戦で「鉾先に向かいその刃風に触れる者生きて帰る者なし、鰐口は遁れるとも毒蛇の口は遁れ難し」と言ったことにより名付けられました。

当八幡宮の境内にある金王丸御影堂には、金王丸が17歳で出陣の折、自分の姿を彫刻し母に形見として残した木像が納められています。(写真)

渋谷氏の後裔は全国各地に連綿と続いておりますが、明治の元勲東郷平八郎元帥も渋谷氏子孫の一人です。

金王丸の木像は、3月最終土曜日に斎行される金王丸祭で御影堂の開帳があり、特別公開されます。

(金王八幡宮HPから一部抜粋)

 

img_8050

img_8052img_8053

img_8055img_8056img_8060

神輿

台座 四尺 高さ 八尺

鎌倉時代の作で名は不詳。都内最古の神輿である。江戸時代初期に当八幡宮の氏子、青山百人組の御家人が鎌倉の八幡宮の大祭に参詣した折、鎌倉より担ぎ来て当八幡宮に納めたもの。途中で日が落ち、追手の者は神輿を見失ったと伝えられ、この場所を「暗闇坂」(別名 目黒 目切坂)という。(資料館の案内板から転載

img_8063

絵馬

大江山鬼退治之図

img_8032

img_8047

金王丸御影堂

御祭神 渋谷金王丸常光

(しぶやこんのうまるつねみつ)

祭礼日 3月最終土曜日  金王桜まつり

由  縁 金王丸は、渋谷重家夫妻が当八幡宮に

授児祈願を続け、八幡神の霊夢(啓示)により、永治元年(1141)8月15日誕生しました。

金王丸17歳の時、源義朝に従い保元の乱に出陣。平治の乱ののち出家し、土佐坊昌俊と称し義朝の御霊を弔いました。

また、頼朝とも親交が深く鎌倉幕府開幕にも尽力。義経追討の命を受け、文治元年(1185)10月23日夜、心ならずも義経の館に討ち入り勇ましい最期を遂げました。

頼朝は、金王丸の忠節を偲び、鎌倉の館よりこの地に桜樹を移植し「金王桜」と名付けました。

この御影堂には、保元の乱出陣の折、自分の姿を彫刻し母に残した木像が納められ、更に金王丸が所持した「毒蛇長太刀」も保存されております。

 

img_8079img_8080

金王八幡宮社殿の虎の彫刻

img_8081

社殿の彫刻、漠と獅子

img_8082

金王八幡宮社殿の漠の彫刻

img_8088

金王桜

江戸の郊外三銘木のひとつに数えられ、江戸時代後期に刊行された江戸名所図会に描かれた桜で、源頼朝ゆかりと伝わる銘木。

渋谷区指定天然記念物

img_8083img_8084img_8085img_8086img_8087

金王桜

長州緋桜という種類で、雄しべが花弁化したものも交じり、一枝に一重と八重が入り混じって咲く珍しい桜です。

当神社の「社傳記」によれば、文治5年(1189)7月7日 源頼朝が藤原泰衡退治の下向の時、渋谷高重の館に立ち寄り当神社に太刀を奉納しました。その際金王丸御影堂へ参り、父義朝に仕えた渋谷金王丸の忠節を偲び、金王丸の名を後世に残すべしと厳命し、鎌倉亀ヶ谷の館にあった憂忘桜をこの地に移植させ、金王桜と名付けたとされています。

また、江戸時代盛んに作られた地誌にも紹介されており、江戸三名桜の一つに数えられました。

金王桜は、現在に至るまで代々実生より育て植え継がれ、守り伝えられています。

傍らには、松尾芭蕉の句碑も建立されています。

 しばらくは 花のうえなる 月夜かな

 

3月最終土曜日に斎行される金王丸祭当日境内では、金王桜の宴が催されます。

img_8089

金王八幡宮神楽殿

img_8090

渋谷城 砦の石

この辺り一帯の高台は、平安時代末期から渋谷氏一族の居館の跡で、東に鎌倉街道(現八幡通り)、西に渋谷川が流れ、北東には黒鍬谷を有し、さらに数箇所に湧水があるという好条件を備えていました。しかし、その館いわゆる渋谷城は、大永4年(1524年)、北条氏綱と上杉朝興の高輪原の戦(現品川区高輪付近)のとき渋谷氏が交戦中だった北条軍の別動隊により襲われ焼き払われてしまった。(案内板より転載)

 

img_8091img_8093img_8094

御嶽神社

御祭神

大己貴命(おおなむちのみこと)御祭神 櫛眞知命(くしまちのみこと)

少名毘古那命(すくなひこなのみこと)

日本武尊(やまとたけるのみこと)

祭礼日 11月一ノ酉

由 緒  御嶽神社は、「開運」「商売繁昌」の神とし

て、特に客商売を営む人々の信仰を広くあつめており、本社は武州御嶽神社です。

大鳥大神と称える日本武尊は、古来より武道守護の神として武士の信仰をあつめておりました。ここに祀られたのも、この地が武門の誉れ高き渋谷氏の居城であったからと考えられます。

また、社前の狛犬一対と西参道の鳥居はかつて実践女子学園の校内にあった

「香雪神社」のものを移設したものです。(案内板より転載)

 

月次祭及び日供祭参列のご案内

当神社では、年間行事の他、毎月1日及び15日は「月次祭」を、その他の毎日「日供祭」を、それぞれ朝9時から9時半まで斎行しております。どなたでもご参列いただけます。これらは、神様のお守りお導きなど様々な御神徳に感謝し、氏子崇敬者をはじめ、世のすべての人々が幸せに過ごせるよう祈念する祭です。

月次祭は、神饌(お供え物)の数が増やされ、特に厳粛に斎行されます。皆様も一緒に参拝いたしましょう。

ご参列の方は、午前8時50分までに社務所までご参集ください。

 

 

 

img_8035

 

 

明治38年戦役記念碑(揮毫は乃木希典陸軍大将)

日露戦争の記念碑で凱旋軍人により明治39年8月建立。忠魂碑でなく記念碑であること、又、傍らに15、20、25、30年の碑がたっていることが大変珍しく、凱旋軍人等の周年の集いがあったことが窺える。

金王八幡宮 公式ホームページ

渋谷、金王八幡宮を訪ねての感想

JR渋谷駅から徒歩10分程度で、こんもりした小高い丘の一角に、金王八幡宮があった。渋谷の繁華街のすぐそばにある。会社の取引先の会社がこの近くあり、幾度となく通り過ぎたが、何となく気になり、今回、「よりみち」した。社殿のは、日光東照宮の派手やかな色彩の彫刻であった。歴史的、文化的にも見ごたえがあり、今度、じっくり見てみたい神社であると思った。

金王八幡宮行き方の地図(グーグル)


%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

img_8053

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • IMG_1261

    上越新幹線「Maxとき」🚄で行った、新潟総鎮守・白山神社に日帰りのたび!!

  • IMG_1114

    🍅初めての料理教室!佐倉市・しづ市民大学「おやじの食事学」講座に挑戦🍎

  • IMG_0848

    鎌倉幕府8代執権、北条時宗が開基の、鎌倉五山第二位の円覚寺によりみち!!

  • IMG_1017

    赤紫の友禅菊とベニバナが見頃の、歴博付属「くらしの植物苑」によりみち!!✿

関連記事

  • IMG_2301

    我が国最初の洋風公園⛲日比谷公園も春爛漫🌹歴史も満載!

  • IMG_0361

    国立公文書館、企画展「漂流ものがたり」によりみち!ジョン・万次郎漂流記も展示!

  • IMG_8383

    🌷関東最大級70種類60万本の、佐倉チューリップフェスタ開催中🌷2017/4/23(日)まで

  • IMG_4138

    佐倉 草ぶえの丘バラ園🌹/ローズフェステバル2017開催中(5/19~6/4 )よりみちしました🌹

  • IMG_0265

    千葉都市モノレール千葉公園駅前・千葉公園☘の「大賀ハスまつり」開催中・6/17(土)~25(日)まで🍀

  • IMG_8303

    江戸下町、木場⛵️運河の街「深川ギャザリア」グリーンゾーンを気持ちよく散策しました!!