1. TOP
  2. 成田空港からLCCで札幌、小樽、日帰り弾丸ツアー!シーカヤックで小樽「青の洞窟」へ行く!

成田空港からLCCで札幌、小樽、日帰り弾丸ツアー!シーカヤックで小樽「青の洞窟」へ行く!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

~シーカヤックで洞窟探検~ 青の洞窟ツアー

 

シーカヤックかんたんメモ

🔵シーカヤックはガイドと一緒で、いつもすぐそばに、ついているので安心。

🔵シーカヤックは3歳以上(身長90cm)から参加で2人乗り、親子、お孫さん連れのシニアもOK。

🔵シーカヤックは、海面に近い目線で海の上を進めるので、臨場感がある。

🔵シーカヤックは2人乗りで、後部座席で舵取りするので、前の座席は比較的に、体力に自信の無い方でもOK。

🔵シーカヤックで、自分で漕いで、「青の洞窟」まで行った感激は最高!出発 地点に戻って来た感激は、クタクタだが、更に最高の気分だ。

 

シーカヤックでちょっとした冒険気分!

シーカヤックは、カヤックに乗って、ガイドと一緒に青の洞窟へ向かうマリンアクティビティ。3歳以上から参加することができます。カヤックは二人乗りなので、体力のないお子様でも、親子一緒に楽しめるところが、お子様連れの旅行者に人気です。海面に近い目線で海の上を進み、自分の力で目的地を目指すシーカヤック。ちょっとした冒険気分を味わえるのが醍醐味です。

img_0661

青の洞窟へアクセス

成田から格安航空が出ているので、成田に近い方は、狙い目だ。当日、成田空港第3ターミナルから、ジェットスターJJP105便8:00発に乗り、新千歳空港に9:40到着。そこから小樽行き10:07発エアポート快速に乗れば、乗り換えなしで小樽まで行ける。小樽11:37着。小樽駅から塩谷海岸までタクシーで20分。バスで30分。午後の「青の洞窟ツアー」は、13:00が多いので、それまで、海鮮料理、小樽ラーメン等のランチを食べて、スタミナ温存に心かけて出発すればいいと思う。小樽駅到着時間により、タクシー使うかどうかは、 調整すればいい。

 

小樽市の”青の洞窟”は、札幌駅から約47km(※車で約1時間20分|青の洞窟(小樽)付近)、小樽駅からは約10km(※車で約35分|青の洞窟(小樽)付近)、積丹半島の根本にあります。小樽駅近くの港から”青の洞窟”へ向かうツアーもあり、鉄道を使えばレンタカーを借りていなくても、ツアーに参加できるのでおすすめです。また、小樽は、札幌から比較的近く、小樽運河をはじめ青の洞窟以外の観光スポットが多いため、道内外の旅行者に人気の高いエリアです。

img_6356

都会の喧騒を忘れ、心の充電ができるシーカヤックでいく「青の洞窟」ツアー

海抜0mシーカヤックならではの景色がそこにある、神秘的にブルーに光り輝く洞窟探検に行こう!身長90㎝以上のお子様から参加できます!

シーカヤックでしか見れない光景がある。シーカヤックでしか感じられない感動がある。

だからシーカヤックに乗るんです!皆さんにも実感して頂きたい!シーカヤックの操作は初めての方でも簡単です!JSCA(日本セーフティーカヌーイング協会)公認のインストラクターが親切丁寧にレクチャーします。

日本セーフティカヌーイング協会の公認校としての高い指導力と技術力で、3歳以上の小さなお子様でも安心してお乗り頂けます!

風の流れに身を任せ~海の香り~海鳥の声を聞きながら、都会の喧騒を忘れ、心の充電をしてみませんか?

img_0589

新千歳空港、札幌からまずは、小樽まで来て、この近くの塩谷海岸から、シーカヤックに乗ります。まずは、小樽運河で記念撮影。

img_0592

右側の倉庫街だったところを改造して、レストラン等に変身している。

img_0599

ランチは小樽運河周辺で食べて、いざ、出陣!

img_0666

青の洞窟ツアーは何社かありますが、各社、下記内容が多いと思われます。

プログラム内容
プログラム名 【期間外プログラム】 ~シーカヤックで洞窟探検~ 青の洞窟ツアー
参加料金
お一人様(小学生以上)料金:6,000円
幼児(小学生未満)お一人様料金 :4,000円
開催期間
2016年5月9日~2016年9月30日
所要時間 約3時間
①9:00~12:00
②13:00~16:00
参加条件 ○3歳以上
※3歳~小学生は保護者同伴でお願いします
※3歳未満のお子様でも身長が90cm以上ございましたら、
ご参加頂けます。事前にご相談下さいませ。
○最少催行人数2名
★シーカヤックは【1人乗り】と【2.5名乗り】がございます。★
※基本的にはガイドは同乗しません。人数が合わない場合同乗する場合があります。
当日必要な物、
ご用意頂く物 ○濡れてもよい服装、タオル、着替え、飲み物(500mlペットボトルが良)
※服装や持ち物は季節や活動内容によって異なります。予約時にご確認下さい
※ウェア、シューズなどは、無料レンタルもあります。ご相談下さい
料金に含まれるもの ○活動中に必用な装備のレンタル
○傷害保険
集合場所 ○小樽塩谷海水浴場 Blue Holic
集合場所住所 北海道小樽市塩谷1丁目28-13

○車でお越しの場合
札幌から5号線を小樽方面に走り、小樽駅を過ぎて、余市方面へ。右手に海の見える交差点(右にスズキの看板あり)を右折し、約500M先左手。

○公共交通機関でお越しの場合
JR小樽駅前のバスターミナルより、北海道中央バス⑰塩谷線「塩谷海岸行き」に乗車(15~20分間隔で運行)、約30分で終点「塩谷海岸」下車後、海を左に見ながら道沿いに進み約1分、左手。

○タクシーでお越しの場合
JR小樽駅から、約20分間(2,500円程です。)

img_0601

遠くに見えるは積丹半島。

img_0603

小樽市塩谷海岸がスタート地点

img_0604

初心者の方も短い講習で、すぐに漕ぎ出すことの出来るのがシーカヤックの魅力。後部座席の人が、操舵しながら漕ぎます。比較的体力の少ない方は前方座席がよいと思います。

img_0605

遠くに見える白い雪をかぶった、積丹半島の積丹岳、余別岳。

img_0615

当日は、波風なく比較的おだやかな海でした。

img_0621

海は、なぎ状態でした。

img_0622

この小さな半島、恐竜、亀に似ている様な。

img_0633

どこまでもおだやかな日は、あまり無いとの事。穏やかな日和でした。

img_0634

岩壁はもろく落下に気をつけなくては。

img_0653

まだ、先は長い。コースの中間地点。出発地点には帰れないし。

img_0660

今回の「青の洞窟」弾丸日帰りツアーは、現在、成田空港 近くに居住していて、格安航空会社を低価格航空運賃で利用する点にある。「青の洞窟」の帰りに小樽市内歴史建造物等の観光も含め、土産物も購入して、小樽駅から快速で乗り換えなしで、最終飛行時刻20:35で成田空港着22:10。自宅には23:00以内には到着できた弾丸日帰りツアーでした。

img_0660

この透きとおったグリーンの海の色は、この辺だけでした。

img_0661

グリーンの海の色に、渦を巻いています。

img_0662

今にも崩れ落ちそう!

img_0697img_0698

青の洞窟に到着!左の洞窟から入り右側の洞窟から出ます。

img_0707

青の洞窟内部、赤みを帯びているのは、鉄分が含まれているからとの説明。

img_0713

 

img_0714

イタリア、カプリ島の、青の洞窟にも負けないコバルトブルー

img_0715

ツアーの参加者はこの瞬間、感激の一瞬でした。

img_0720

この方が、ツアーガイドで付き添ってくれました。

img_0716

これから帰ります。疲労度ピークだけど、帰るしかない!

img_0723

 

img_0724

 

img_0726

 

img_0727

 

img_0728

 

img_0734

 

img_0733

逆光。おだやかな、なぎの海でした。

img_0735img_0736

 

img_0737

 

img_0739

 

img_0740

 

img_0742

 

img_0746

 

img_0748

帰りのシーカヤックは、体力勝負の限界に挑戦でした。疲れたビー!もうこんりんざいシーカヤックには乗らない!と言いながらも、到着しての感激はひと塩でした!!


%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

さ〜!「想い出づくりの旅」にブラリと出かけませんか!感動が待ってますよ!

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • スクールガードボランティアのお礼に、佐倉市立内郷小学校入学式に招待されました🎒

  • ユリカモメ🕊が乱舞する印旛沼観光船🚤のガイド兼助手にチャレンジ🚤

  • 2018・満開と桜吹雪、花筏も観られた新名所、大横川の桜🌸大興奮でした‼️

  • 春爛漫🌸体験博物館「房総のむら」と隣接の、栄町地域交流拠点「ドラムの里」にヨリミチ‼️

関連記事

  • 横須賀ヴェルニー公園の薔薇🌹が汐風に揺れて綺麗です🌹

  • 満開で散りゆく新宿御苑の桜🌸今年のベスト写真集をご覧ください🌸

  • 東京国立近代美術館工芸館、所蔵作品企画展「動物集合」によりみち🐂

  • 日本の歴史公園百選、旧三井財閥別荘跡地の「大磯城山公園」をよりみち🗻

  • 八代将軍徳川吉宗も愛した隅田の桜🌸と牛嶋神社の撫牛🐄に会いに「よりみち」🌸

  • 日比谷公園で世界のビールフェア🍺日比谷公園ガーデニングショー開催中🌻