1. TOP
  2. 千葉氏の守護神、妙見菩薩の千葉神社を行く!

千葉氏の守護神、妙見菩薩の千葉神社を行く!

%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

 

image

日帰り旅行

千葉寺の略縁起

千葉氏の守護神である妙見菩薩を本尊とする寺院(千葉妙見宮)として建立され、千葉氏の祖平忠常の子覚算大僧正によって伽藍が整備されたと伝えられる。以降千葉宗家のみならず千葉氏一族の信仰が篤く、千葉氏宗家の元服は代々この寺で行われた。また、千葉常胤の案内で同寺を参拝した事で知られる源頼朝からも手厚く保護されていた。

千葉妙見宮には本来、妙見菩薩とともに養和元年(1181年)に千葉常胤によって鶴岡八幡宮から勧請された八幡神が祀られていた。当初は八幡神が弓箭神とし、妙見菩薩は鎮守・産土神・農耕神的な役割を担っていたが、千葉氏の一族が多数連座した宝治合戦で一族が動揺した時期(13世紀中期)に一族の団結を維持するために従来の八幡神に代えて、千葉氏を含めた房総平氏において独自の篤い信仰を受けていた妙見菩薩に弓箭神の要素を加えて、千葉氏が妙見菩薩を庇護された存在であることを強調する“妙見説話”が形成された。その集大成が『源平闘諍録』であり、後世に千葉妙見宮(千葉神社)を描いた縁起絵巻にも反映されている(現在も末社の1つに八幡神社があるのはその名残である)。

1591年(天正19年)徳川家康が関東に入部し、この寺を参詣して寺領安堵ならびに太刀一振を寄進したとされ、同時に朱印地200石と十万石の格式が与えられた。

江戸時代には北斗山金剛授寺尊光院と称する真言宗の寺院であったが、明治初年の神仏分離によって神社となり、本尊も祭神に改められた。ただし、妙見菩薩と天之御中主大神は長年神仏習合によって同一とみなされてきた経緯があり、今日でも同社が日本有数の「妙見信仰」の中心とされてきている事には変わりがない。

千葉神社かんたんメモ

🔵千葉神社は千葉氏の守護神、妙見菩薩を本尊とする千葉妙見宮として  建立。

🔵源頼朝も千葉常胤の案内で、同寺を参拝され、手厚く保護された。

🔵徳川家康も、この寺を参拝して、寺領安堵ならびに太刀一振を寄進した。

🔵明治初年の神仏分離令によって神社となり、本尊も祭神に改められた。

🔵妙見菩薩と天之御中主大神は長年神仏習合によって同一とみなされてきた経緯あり

🔵今日でも同社が日本有数の「妙見信仰」の中心である。

千葉神社を写真で紹介します。

image

重層社殿

平成2年(1990年:開創990年)の『平成の大造営』により新たに竣工した御社殿は、上下に二つの拝殿を有する我が国初の重層社殿です。

昭和20年(1945年)7月7日の七夕空襲によって千葉の街は戦火に見舞われ、千葉神社も現存する手水舎を残して灰燼に帰しました。氏子・崇敬者の方々の御浄財によって昭和29年(1954年)に木造の本殿は再建されましたが、都市計画整備による区画整理も伴って境内地が縮小されたこともあり、以前の威容を回復するまでには至りませんでした。
しかしながら、千葉大妙見の広大無辺なる御霊徳を求めて広く全国より来社される祈願者ならびに参拝者の方々が年々増加の一途をたどったことから、境内地の大規模整備に着手することになりました。

この『平成の大造営』により、更なる万人救済・厄除開運・八方除の場として、なお一層の妙見様の御神徳の宣揚に力が注げるようになりました。

これに伴い昭和29年(1954年)再建の旧本殿は、境内西側に移築して天神様の祈祷殿とし、増加する受験合格祈願の方々のための御祈願を執り行うこととなりました。

 

image

分霊社・尊星殿(神社建築では類例のない楼門と社殿の複合建築物)

平成12年の千葉神社開創1000年奉祝事業として平成10年に竣工したのが、 楼門型の分霊社「尊星殿」です。これは神社建築では類例のない楼門と社殿の複合建築物です。
元来千葉神社に有った「山門」は昭和20年の七夕空襲で焼失していたため、実に半世紀ぶりに叶った門の再建でもあります。

なお、この尊星殿は中央「福徳殿」・東「日天楼」・西「月天楼」・上階「開運殿」の四つに分かれ、星王である「千葉大妙見」が掌握する日・月・星の御力などがそれぞれ個別にいただけるようになっています。

image

 

image

福徳殿から本殿をみる

image

福徳殿

御祭神「北辰妙見尊皇王」の御分霊を奉斎し、陰陽道や九星気学・風水学と関わり深い妙見様の御神徳により、各方位・五行・十二支・人間の身体各部等の役割を、八角形に配された八つの各星宮が個々に担い守護しています。


image

 

image

 

image

 

image

 

image

妙見池

境内に湧く「延寿の井」の御神水を水源とする池。

image

 

image

 

image

 

image

摂社 千葉天神

平安末期・寿永元年(1182年)9月25日、千葉神社境内に勧請された学問の神様・菅原道真公を御祭神とする御社です。千葉県内最大の天神様であり、御本社・千葉神社の御祭神・妙見尊の御神力も同時にいただけるとされることから、 その神紋・月星に由来しての“ツキ(月)を呼び、勝(星)を拾う”という縁起の良さが広く知れ渡るところとなり、 年々参拝者・祈祷者が増加しています。

平成2年の『平成の大造営』において新社殿を造営する際、昭和29年再建の旧本殿は西側に移築して天神様の祈祷殿とし、 増加する受験合格祈願の方々のための御祈願を専一に執り行うこととなりました。

公立・私立を問わず小学校・中学校・高等学校・大学・各種専門学校の入学試験の季節に伴って、 10月~2月ごろになると千葉天神内に昇殿しての受験合格祈願をお受けになるお子様が年々増加しています。また職務上の安全を祈念される働き盛りの世代や就職を願う方々、また、ボケ封じを願う老年世代も多数おまいりされます。

image

image

依頼ごとがぎっしりの千葉天神

image

末社

境外末社として院内町・和田医院裏にある香取神社が、また境内には池の周りに14社の末社があります。いずれもその勧請された年代は古く、中には中興開山の時の絵巻図に記されているものもあります。

 

image

姥神さま(子守、子育)

image

えびす様(安全豊漁、商売繁昌)

image

金ぴら様(縁結び、交通安全)

image

稲荷さま(五穀豊穣、商売繁昌)

image

星神さま(厄除け、開運)

 

 

image

福授けの亀岩(この岩を撫でることにより福運が授かるとされている)

 

image

 

 

 

image

御力石(ボケ封じ、心身息災)

image

 

 

image

美寿之宮(みずのみや)

千葉神社の御祭神・北辰妙見尊星王様のお名前にある「辰」は、「天体宇宙」を意味し、また道教における「龍神」を意味しています。

また陰陽五行説によれば、妙見様の居られる北方は木火土金水のうち「水」が配された方角にあたり、妙見様と「水」とは古くから御縁の深い関係にあると伝えられています。万物の恵の基であり、人間の生活に必要不可欠な「水」。
その水に関わる多くの龍神様・水神様を統治掌握する神様である水御祖大神(みずのみおやのおおかみ)様がお祀りされているのが「美寿之宮」です。美寿之宮に参拝し、霊泉・延寿の井の水を一口頂く事で、各人に様々な寿(よろこび)が頂けるものと存じます。右手にある「霊験赫灼」の碑は千葉県知事・多久安信の書です。

延寿の井(えんじゅのい)

千葉神社妙見池の水源を成している「妙見延寿の井」は、古来より一願成就の霊泉として知られ、神水祐気(九星気学の秘伝)による吉方に当たる方々が関東各地から「お水取り」に御来社されています。

 

image

手水舎

昭和20年7月7日の七夕空襲によって千葉の街は戦火に見舞われ、千葉神社も建物は現存する手水舎を残して灰燼に帰しました。

この手水舎の上屋は明治期の建立ですが、用いられている手水石には「宝暦五乙亥歳建立」とあるので、江戸時代中期1755年に建立された以前の手水舎のものを用いています。

屋根瓦には、三光紋・九曜紋の意匠がみられます。平成24年に、古来の意匠をそのまま写し取って新しい瓦を焼き直し、屋根の葺き替えを行いました。

 

image

まもなく七五三(七才、女児、帯解)(五才、男児、袴着)(三才、男女児、髪置)

image

 

image

千葉神社の神様「妙見様」の二つの御力

image

 

image

 

唐獅子

昭和天皇即位の御大礼の記念として昭和4年に建立された左右一対の獅子児鍛錬像。
獅子が我が子を千尋の谷に突き落として鍛錬したと伝わる故実を題材とした写実味豊かな逸品です。
その他にも開創1000年を記念して建立された分霊社・尊星殿の左右に配されている狛犬や、境内各所に奉納された大小の狛犬があります。

 

image

 

 

image

通町公園の全景

image

 

image

「手をつなぐ母と子の像」(愛の平和像) 39年4月建立 元千葉市長(元参議院議員)の加納金助氏の遺族の寄付により建立。

image

千葉市散歩道・中心街の碑と旧跡巡りコースの案内板

 

image

通町公園モニュメント 「sorgente 」  使用されている大理石はイタリア産

image

分霊社・尊星殿の前には、「かりん」の実がなっていた。

image

たわわになる「かりん」

image

空はすっかり秋の空


%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%83%ad%e3%82%b4-01

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-13

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

よりみち | 日帰り旅行やハイキング・散策のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Tokkyna

千葉県佐倉市在住
東京都江戸川区小岩出身

趣味:古地図による散策(特に裏道が大好き)
    LCCによる全国歴史探訪(特に城壁のそりが大好き)

この人が書いた記事

  • 季節の伝統植物🍈「ウリとヒョウタン」展、歴博付属「くらしの植物苑」で開催中🍉

  • 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」展、東京国立博物館で開催中‼️

  • 「挿絵で読む平家物語」ただ今、竹橋の国立公文書館で開催中📖

  • 五穀豊穣の穀類がわかりやすく植えられている歴博付属「くらしの植物苑」🌾

関連記事

  • 2018桜開花状況🌸日本百名城🏯の「佐倉城址公園」早咲きの桜🌸が咲き始めました🌸

  • 雨上がり☂️佐倉・DIC川村記念美術館散策みちの植物たち🍀が生き生きしてました🌹

  • コキアとコスモス咲く、東京ドイツ村に行ってきました!

  • コンドルが設計、小川治兵衛作庭、和洋折衷の旧古河庭園🌻「春のバラフェスティバル」によりみち🌹

  • 日本の歴史公園百選、旧三井財閥別荘跡地の「大磯城山公園」をよりみち🗻

  • 成田空港からLCCで関空へ✈根来寺の国宝と満開の桜🌸を観る日帰りのたび🌸